054-266-3663Contact Us

Tips

技術情報TECHNICAL INFORMATION

動画マーケティング

ユーザー生成コンテンツ動画を効果的に使用するための10の方法

Updated : 2024.1.30

21分で読めます

ユーザー生成コンテンツ(UGC)は、顧客やファンによって作成され、オンラインで共有される写真、ビデオ、レビュー、紹介文などのあらゆる形式のメディアです。

ユーザーが作成した動画は、視聴者を惹きつけ、ブランドの認知度、信頼性、エンゲージメント、社会的証明を高め、顧客サービスを実証するのに役立つため、動画マーケティングを強化する強力な方法となります。また、ブランドの認知度とターゲット層に似たライフスタイルや理想に注目を集めることができます。

この記事では、動画マーケティングにおけるユーザー生成コンテンツ動画を効率的に使用する方法を紹介いたします。

ユーザー生成コンテンツ動画

動画マーケティングにおけるユーザー生成コンテンツ動画の効果的な使用方法

ユーザー生成コンテンツ動画とは?

ユーザー作成コンテンツ動画(UGC動画/User-Generated Content Videos)とは、ユーザー自身が撮影・制作した動画コンテンツのことを指します。UGC動画は、個人の視点や経験、興味に基づいて作成されたもので、一般的にはソーシャルメディアやオンラインプラットフォーム上で共有されます。

ユーザー作成の動画コンテンツは、ブランドや製品、サービスに対する独自の視点を提供することでブランドイメージを強化し、視聴者を惹きつけ、顧客サービスを実証するのに役立つ可能性があるため、従来の広告よりも効果的です。

ユーザー生成コンテンツ動画のメリット

様々な動画コンテンツが求められる中、ユーザー作成コンテンツ動画がソーシャルメディアプラットフォームを独占しています。UGC動画を導入した場合、 良いレビューによって視聴者がブランドに対して信頼感を持つ傾向があり、消費者が製品やサービスを信頼する唯一の理由になるため、多くの場合、エンゲージメントの増加につながることがあります。

ユーザー作成コンテンツ動画がどのプラットフォームで使用されるか、キャンペーンの目的、対象ユーザー、コンテンツの品質など、条件によって効果は変わりますが、視聴者が通常の広告よりもユーザー作成コンテンツを信頼し、共感する傾向があるため、ユーザー作成コンテンツ動画キャンペーンはマーケティングと広告において非常に効果的といえます。

  1. 信頼性と信頼性

    ユーザーが作成した動画コンテンツは、ブランドや製品に対する信頼性と真実性を高め、体現しているためとても強力です。消費者は他のユーザーや一般の人々が体験したことに関心を持ち、ブランドが生成したコンテンツよりも、UGC動画からの推奨事項やレビューを信頼します。

    潜在的なユーザーが、実際のユーザーが製品やサービスを楽しんで恩恵を受けている様子を見ることで信頼が構築され、新たな顧客になる可能性が高くなります。

  2. ソーシャルメディアへのリーチ拡大

    ユーザー作成コンテンツ動画は視聴者の興味を引き、エンゲージメントを促進し、共有される可能性が高いため、ソーシャルメディア上でのリーチを大きく拡大させるのに効果的です。

    ROIを向上させたい場合、ユーザー作成コンテンツ動画キャンペーンに時間を投資することで、フォロワー、いいね!、コメント、シェアの数が増えます。その後、ブランドの認知度を高め、リーチを広げると共に、WEBトラフィックやページビューも増加します。

  3. エンゲージメントの向上

    エンゲージメントはマーケティングにおける重要な指標です。ユーザーが作成した動画コンテンツは自然に視聴者を魅了し、従来の広告よりも長時間視聴者の関心を引きつけやすく、いいね!、コメント、シェアなどのエンゲージメントを高めます。他のユーザーとの対話やコミュニティの構築を促進し、ブランドと視聴者とのつながりを深めます。

    ユーザー作成のレビュー、チュートリアル、体験談などの機能を使用すると、潜在的なユーザーは製品が自分の生活にどのように適合しているかを確認でき、アプリへのさらなる関与を促すことができます。

  4. ブランド認知度の向上

    ユーザー作成コンテンツ動画は、よりオーセンティックで信頼性があります。広告などの公式なコンテンツよりも、ユーザーのリアルな経験や感想を反映しており、視聴者にとってより信頼できる情報源となります。

    ユーザーが製品やブランドに関連する動画を作成し、それをソーシャルメディアやオンラインプラットフォームで共有することにより、ブランドの認知度が広がります。UGC動画は、新たな顧客やフォロワーを獲得する手段として機能します。

  5. コスト効率の向上

    ユーザーが動画コンテンツを提供することで、ブランドは動画制作のコストを節約できます。ユーザー作成コンテンツ動画は、プロフェッショナルな動画制作に比べて費用と時間が掛からず、低コストで費用対効果の高い多くのコンテンツが得られます。

    マーケティング戦略に UGC動画を導入することで、マーケティング予算を削減しながら、魅力的なコンテンツの恩恵を受けることができます。

  6. コンテンツの多様性とクリエイティビティ

    ユーザーが生成する動画コンテンツは、ブランドの製品やサービスに対する多様な視点やクリエイティブなアイデアを提供し、ブランドと視聴者との間により強いつながりを生み出す可能性があります。

    その結果、従来の企業制作のコンテンツよりも新鮮で独創的なコンテンツが得られることがあり、様々な形式やスタイルの動画コンテンツが生まれ、視聴者の多様な興味を引くことができます。

  7. コンバージョン率の向上

    ユーザーが製品やサービスに関する肯定的な体験を共有することで、ソーシャルプルーフが提供されます。他のユーザーが実際に良い体験をしているという情報は、新規顧客にとって製品やサービスの価値を証明する要素となり、購買に結びつく可能性があります。

    ただし、すべてのユーザー作成コンテンツ動画が同じようにコンバージョン率を向上させるわけではなく、それはコンテンツの品質、プラットフォーム、ターゲットオーディエンスなどの様々な要素に依存します。UGC動画を活用する場合には、適切な戦略を立て、ブランドのメッセージや目標に合ったテーマの選択が重要です。

ユーザー生成コンテンツ動画に最適なプラットフォーム

ユーザー生成コンテンツは、ソーシャルメディアプラットフォームで自然に共有されています。企業は、このようなプラットフォームを使用してターゲットユーザーと簡単につながり、クリエイターやインフルエンサーと協力してコンバージョンにつながる優れたUGCを実現できます。 これらのプラットフォームはすべて異なりますが、多くの共通点があります。つまり、わずかな調整を行うだけで動画コンテンツを再利用し、様々なチャネルで使用できます。全体として、ブランドの認知度を高め、広く多様な視聴者にリーチするには、できるだけ多くのチャネルを活用することが重要です。

  1. TikTok

    TikTokは、視聴者やクリエイターが作成したオーガニックUGC動画をスポンサー広告としてブランドが使用できるようにする強力なTikTok機能で動画コンテンツの作成を促進することで、視聴者とブランドのエンゲージメントに新しいアプローチをもたらしています。

    視聴者はTikTok上で交流できるブランドに対してより親近感を抱く傾向があるため、すぐにこのプラットフォームを利用して魅力的な UGC動画を調達し、配信することをお勧めします。

  2. Instagram Reels

    Instagram Reels(インスタグラムリール)は、教育とエンターテイメントを目的とした最大60秒の短いビデオです。Instagram Reelsを使用すると、コンテンツがより早く拡散し、UGC動画をリールとして投稿することで、人々が他のどの形式のコンテンツよりも UGCと対話するため、より多くの注目を集める可能性が高くなります。

    コンテンツを使用する前に常に動画作成者に許可を求め、動画をリールとして共有または再投稿する場合は適切なクレジットを表示することが重要です。これは視聴者との信頼を構築するのに役立ち、またブランドのエンゲージメントを高めるのにも役立ちます。

    Instagramには、ブランドのハッシュタグや、ブランドが視聴者のタグ付けされたストーリーを再共有する機能など、UGCに優しい機能があります。

  3. YouTube ショート

    YouTubeは世界中で非常に人気があり、広告収益やパートナーシッププログラムを通じて収益を得ることができます。動画の発見性も高く、コンテンツを検索して視聴するユーザーが多く、幅広い視聴者層に向けたコンテンツや、長尺の動画、継続的なシリーズなどが適しています。

    YouTube ショートは、長編動画コンテンツプラットフォームであるYouTubeによって導入され、ブランドが視聴者の心に残る優れたコンテンツを共有するための多くの可能性があります。

  4. Facebookビデオ

    Facebookは幅広いユーザー層にリーチできるプラットフォームであり、グループやページを通じてコミュニティを築くことができ、長尺の動画や特定のコミュニティに焦点を当てたい場合に適しています。

    Facebookでは、動画コンテンツが UGCソーシングの貴重な媒体として機能します。ブランドは、ユーザーがブランドに関連する経験、推薦文、またはクリエイティブなコンテンツを共有できるように動画の投稿を奨励することで、視聴者を引き付けることができます。

ユーザー生成コンテンツ動画に最適なテーマ

ソーシャルメディアプラットフォームとユーザーフレンドリーな動画作成ツールの台頭により、UGC動画の人気が高まっています。ユーザー生成コンテンツ動画は、視聴者自身がクリエイターとなるため、ユーザーの創造性や個性を引き出すものであり視聴者が自身の個性や趣味に基づいてコンテンツを生み出すのに適しています。

UGC動画の魅力は、多様性と創造性にあり、その可能性は無限です。様々なテーマを試してみて、視聴者とのコミュニケーションを深めることが重要です。

  1. ビフォーアフター

    ビフォーアフター動画は、製品やサービスがもたらす真の変革を目の当たりにすることを目的としており、減量、家の改修、スキンケアの効果など製品の使用状況などの変化を紹介するため、具体的な結果を示して視聴者を魅了します。 視聴者は視覚的なストーリーテリングに引き込まれ、感情的なつながりを生み出し、示された変化に対する信頼を育みます。ブランドは、ユーザーが本物の体験を共有することを奨励し、信頼性と製品の認知度を高めることで利益を得ます。

  2. 製品レビュー

    製品レビュー動画は、製品やサービスに関する顧客の直接の体験についての貴重な洞察を提供します。ほとんどの消費者は、購入を決定する前に本物の評価を求めるため、購入したい製品の長所、短所、注目すべき機能を知りたいと思い、製品レビューを読みます。これらのレビューはブランドの評判と売上に大きく貢献します。詳細で公平なレビューを作成するようユーザーに奨励することで、信頼が醸成され、視聴者を魅了し、ブランドロイヤルティを高めます。

  3. 開封動画

    開封動画では、開梱するスリルを提供し、製品のパッケージ、プレゼンテーション、第一印象を直接見ることができます。視聴者は、作成者と一緒に新しい購入品を発見する興奮を体験します。これらのビデオは期待を高め、好奇心を生み出し、本物の反応をもたらします。 フィルタリングされていないユーザーエクスペリエンスを紹介するため影響力があり、潜在的な購入者の認識や購入の意思決定に影響を与えます。ブランドは、台本なしの純粋な反応をユーザーに共有するよう促すことで、開封動画の魅力を活用することができます。これにより、ブランドの認知度が高まり、消費者間のコミュニティ意識が醸成されます。

  4. チュートリアル

    チュートリアル動画では、製品の使用方法やスキルの習得に関する段階的なガイダンスが提供されます。これらの動画は、メイクアップチュートリアル、DIYプロジェクト、料理のレシピ、ソフトウェアのチュートリアル、技術的なヒントなど、視聴者に教育とインスピレーションを与えます。ユーザーは明確な指示と実用的なデモンストレーションを高く評価しており、チュートリアルは学習と問題解決に価値があります。 ブランドは、製品の実用性と多用途性を紹介し、ユーザーが様々なアプリケーションを探索することを奨励することで、ユーザー作成のチュートリアルから恩恵を受けます。魅力的なチュートリアルによりブランドの知名度が向上し、ブランドを教育権威として位置づけ、より幅広い視聴者を惹きつけます。

  5. お客様の声

    お客様の声は、製品やサービスの利点を紹介する優れた方法です。これらの動画には、実際の顧客が登場し、商品の実際の直接体験を示します。これにより、特定の主題、製品、またはサービスに関する個人的なストーリー、ユーザーの経験をブランドと共有するだけでなく、潜在的な顧客があなたのブランドを信頼するようになり、信頼性が高まります。ユーザーがより多くの紹介動画を作成するよう促すために、販売者は割引や無料製品などのインセンティブを提供することが可能です。

  6. チャレンジ動画

    チャレンジ動画は特定の課題やアクティビティに参加することを奨励するため、ユーザーが自ら動画を作成し、共有する動機が高まります。これにより、コミュニティの参加が促進されます。チャレンジがユーザーやコミュニティに受け入れられれば、その動画は広くシェアされ、バイラル効果を生む可能性があります。他のユーザーが挑戦に参加したり、動画をリミックスしたりすることで、広がりが生まれます。

  7. Vlog(ビデオブログ)

    Vlog(ブログのような形式で日常や体験を撮影した動画)は、ユーザー生成コンテンツ動画の中で非常に人気があり、特定の条件においては非常に有益なテーマとなります。事実上あらゆる主題について語ることができ、多くの場合、非公式で個人的な口調が特徴です。特定のイベントやフェスティバルへの参加を記録したVlogは、視聴者にその雰囲気や楽しさを伝えるのに適しています。このような動画は共感を生むことができます。

ユーザー生成コンテンツ動画を効果的に使用するための10の方法

ユーザー作成コンテンツ動画はリアルで参加型の要素を持ち、視聴者とのコミュニケーションを強化する手段として活用されます。UGCをマーケティングに活かす為には、その効果を最大化する方法を理解する必要があります。どうすればGC動画を「より効果的に」することができるでしょうか? 以下は、ユーザー生成コンテンツ動画を効率的に使用する方法です。

  1. ハッシュタグの活用

    ハッシュタグは、ソーシャルチャネル上でユーザー作成のコンテンツや独自のコンテンツを整理するのに役立ちます。視聴者に自分のコンテンツにそのハッシュタグを使用するよう促しましょう。

    必要なのは、特定のプラットフォームで関連するハッシュタグを検索することだけです。UGCを含むブランドに関連するすべてのコンテンツが見つかるはずです。ただし、UGC動画マーケティングキャンペーンにハッシュタグを使用するだけでは不十分です。必ず自社のブランドの個性を反映したものを使用しましょう。

  2. コンテストやチャレンジの開催

    ユーザーに特定のテーマで動画を作成するコンテストやチャレンジを提案し、優れたコンテンツに対して賞品や特典を提供することで、ユーザーエンゲージメントを高められます。優勝したUGC動画に賞金やその他の報酬を与えるソーシャルメディアコンテストを開催することで、優勝したコンテンツクリエイターに割引を提供することもできます。

  3. インフルエンサーマーケティングを活用

    より多くの消費者にコンテンツを作成してもらいたい場合は、インフルエンサーが視聴者の心に与える影響を活用することが最善の策となります。インフルエンサーはソーシャルメディアチャネルで膨大なフォロワーを抱えており、UGCキャンペーンを軌道に乗せるのに役立ちます。キャンペーンでターゲットとしているユーザーをフォロワーとするインフルエンサーを必ず選択します。インフルエンサーに希望するコンテンツの種類について具体的な指示を提供することもできます。インフルエンサーが特定の方法でコンテンツを投稿しているのを見たユーザーも、同じことを行う可能性があります。

  4. 常に許可を取る

    タグやハッシュタグによってコンテンツの使用が完全に許可されるとは限りません。コンテンツを共有するには同意が必須です。ユーザーのコンテンツを再公開または使用する前に問合せして、必ず許可を取りましょう。視聴者は、ユーザーが作成したコンテンツキャンペーンに関連付けられているとは必ずしも知らずに、ブランドのハッシュタグを使用する可能性があります。無許可でそのコンテンツを再共有することは善意を台無しにする行為です。

  5. オリジナルの作成者をクレジット

    ユーザーが作成したコンテンツをソーシャルメディアチャネルで共有するときは、元の作成者のクレジットを明確に示します。投稿内で直接タグ付けしたり、ビジュアル、言葉で示すなど称賛すべきところには常に称賛を与えましょう。

    UGC動画をソーシャルメディアプラットフォーム間で共有する場合は、作成者が様々なチャネルでどのようにクレジットされることを希望しているかを確認します。適切なクレジットを提供することは、コンテンツ作成者の作品を評価するための重要な方法であり、コンテンツ作成者がブランドの使用や投稿に興味を持ち続けることに役立ち、更に、ファンやフォロワーがコンテンツが本当に社外の誰かによって作成されたものであることを簡単に確認できるというメリットもあります。

  6. プラットフォームへの最適化

    ソーシャルメディアプラットフォームは頻繁に進化しており、そのポリシーも同様です。UGCの実践がプラットフォームのガイドラインに沿っていることを確認するために、常に最新の情報を把握する必要があります。

    プラットフォーム上のコンテンツに関しては、サイズが非常に重要です。各プラットフォームの様々なフォーマット、広告サイズ、デザイン仕様を理解して、それに応じてUGC動画を調整します。UGC動画の長さは、プラットフォームによっても異なります。

  7. 目標を設定

    UGC動画キャンペーンの明確で測定可能な目標を設定します。これらの目標はキャンペーン戦略や推奨するコンテンツの種類の指針となり、結果を測定するのに役立ちます。ブランド認知度の向上、参加度の高いコミュニティの構築、既存のフォロワー間のエンゲージメントの向上、WEBサイトへのトラフィック増加など、自社のブランド認知度を高めることを目標とします。

    ソーシャルメディア戦略を検討し、UGCが既存のマーケティング目標とどのように一致するかを探し、その情報に基づいて、どのような種類のコンテンツを取り上げる可能性が最も高いかをユーザーに具体的に伝える簡単なステートメントを作成します。

  8. ストーリーの多様性を尊重

    ユーザー生成コンテンツが多様性を尊重している場合、視聴者はブランドをより信頼しやすくなります。多様なストーリーはコミュニティを豊かにし、異なるバックグラウンドや視点を持つユーザー同士が共感しやすくなります。これはコミュニティの活性化や忠誠心の向上に寄与します。ターゲットオーディエンスが多様な場合、異なるストーリーは異なるセグメントにアピールし、ブランドのターゲット層を広げることができます。

  9. UGC動画をブランドストーリーに組み込む

    UGC動画を取り入れて、ブランドのストーリーに統合することで、視聴者はブランドにより感情的に結びつきやすくなり、ターゲットユーザーの共感を呼ぶ可能性が高く、視聴者がキャンペーンに参加する可能性が高まります。UGCを他のコンテンツキャンペーンと一貫性を保つことで、WEBサイト訪問者やソーシャルメディアのフォロワーは一貫したブランド体験を得ることができます。

  10. コンテンツの再利用

    ユーザーが作成した高品質な動画コンテンツを最大限に活用し、他のマーケティングチャネルで再利用します。これは、特にブランドに投稿するコンテンツが不足している場合に最適な戦略です。UGC動画をWEBサイトや製品ページに再投稿したり、メールキャンペーンに組み込むこともできます。ユーザー生成コンテンツを取り入れて、ブランドのストーリーに統合することで、視聴者はブランドにより感情的に結びつきやすくなります。

この記事のまとめ

ユーザーが作成した動画コンテンツは、ビジュアルコンテンツマーケティング戦略を強化するのに役立ちます。エンゲージメントを高めるだけではなく、社会的証明としても機能し、ブランドの信頼構築に役立ちます。更に、ユーザーが作成した動画キャンペーンは費用対効果が高く、大きな費用を掛けずにマーケティング目的のコンテンツを生成でき、収益性の高いつながりを構築できます。従来型ではない広告キャンペーンにユーザー生成コンテンツ動画がブランドのマーケティング戦略に効果的に組み込まれることで、コミュニティの構築に寄与します。

業界が変化し続ける中、UGC動画は今後も存続することは明らかです。ブランドにとって、ユーザー作成コンテンツはエンゲージメントとコンバージョンを高めるために必要なコンテンツです。UGC動画をマーケティングに導入し、最大限に活用しましょう。

動画マーケティングについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:企業のための動画マーケティング8つの主要トレンド【2024】

下記の記事も読まれています

優先すべき4つのWEBサイトメンテナンスとは?

メンテナンス

優先すべき4つのWEBサイトメンテナンスとは?

知っておくべきヘッドレスCMSのメリット

WEBサイト制作

知っておくべきヘッドレスCMSのメリット

検索順位を上げる方法 外部リンクの獲得

SEO・MEO・Google Map SEO

検索順位を上げる方法-外部リンクの獲得とは?

KLEEにご相談ください。

KLEE WEB DESIGN TEAMまでお気軽にお問合せください。

フォームでのお問合せ

WEBサイト制作、WEBシステム開発、保守、
運用まですべてをお手伝いいたします。

お電話でのお問合せ

054-266-3663
日本全国どこでも対応いたします。

思い立ったら今すぐお問合せを!

お問合せはこちら
PAGE TOP