054-266-3663Contact Us

Tips

技術情報TECHNICAL INFORMATION

SEO・MEO・Google Map SEO

注目すべきSEOトレンド160の要素 【2024】

Updated : 2024.1.4

45分で読めます

2024年のSEO(検索エンジン最適化)を進めていますか? 競争が益々激化する今日の環境において競合他社をしのぐためには、一歩先を行くことがとても重要です。2023年のSEO対策で上手くいったことが 2024年には最善の戦略であるとは限りません。SEOのトレンドは常に進化しており、新しいアルゴリズムの更新や検索エンジンの変更に対応するために最新情報を多く集め、柔軟に対応することが重要です。

では、どうすれば 常に競争力を獲得できるでしょうか? SERPを支配し、より多くの収益を得るために役立つSEOにはどのようなトレンドがあるのでしょうか?

Googleはアルゴリズムとクエリの処理方法を継続的に更新しているため、競争力を維持するにはSEO戦略を最新の状態に保つ必要があります。更に検索環境に影響を与える主要なトレンドを特定することで、最大の結果を得るためにSEO戦略を再調整していきましょう。有利なSEO戦略を行うために知っておく必要がある2024年のSEOトレンド160の要素を紹介いたします。

注目すべきSEOトレンド160の要素【2024】

Googleのランキングに影響を与える要素の数

Googleはランキングに影響を与える要素の数を公式に公表していないため、正確な数は不明ですが、Googleの検索アルゴリズムは、非常に複雑で200以上の異なる要素が考慮されています。これらの要素は、コンテンツの品質、ユーザーエクスペリエンス、サイトの信頼性、検索クエリに対する適合度など様々な側面に関連しています。

Googleは年間で数千回もの更新を行い、その都度アルゴリズムに新しい要素が追加されたり、既存の要素が変更されることがあります。昨年のアップデートでは、コアウェブバイタルスコア(Core Web Vitals)や検索エンジンのAIの使用が重視されています。

そのため、Googleのランキングに影響を与える要素の正確な数は公に開示されておらず、Google自体が厳重な秘密にしており、SEO専門家やWEB管理者は、テストや調査を通じて、検索結果に影響を与える主要な要素を特定し、最適なSEO戦略を構築するよう努めています。

ランキングに影響を与えるSEOの要素

注目すべきSEOトレンド・上位5つの要素

  • ユーザーが求める質の高いコンテンツ

    質の高いコンテンツは、最も重要なSEO要素といえます。Googleは、高品質で有益且つ関連性の高いコンテンツをユーザーに表示したいと考えています。

  • ユーザーエクスペリエンス (UX)

    ユーザーがWEBサイトで得られる使いやすさ、感動、印象などの体験がユーザーエクスペリエンスです。Googleは、優れたユーザーエクスペリエンスを提供するWEBサイトをユーザーに表示したいと考えています。

  • 質の高いバックリンク

    バックリンクは、他のWEBサイトからあなたのWEBサイトへ貼られたリンクで、被リンクや外部リンクなどとも呼ばれます。信用が高いWEBサイトから貼られる高品質のバックリンクが多いほど効果が高くなります。

  • テクニカル SEO

    WEBサイトの速度、モバイルフレンドリーなど、クローラー対策、インデックス対策によってWEBサイトの内部構造を整え、修復・最適化する、優先して行うべき要素です。

  • キーワードの最適化

    WEBサイトのコンテンツ全体で関連性の高いキーワードを使用するプロセスは、検索エンジンがWEBサイトの内容を理解するのに役立ちます。

    キーワードの最適化については、こちらの記事で詳しく解説しています。

    関連記事:検索順位を上げる方法-キーワードの選定と最適化とは?

上記に続いて、以下の要素も重要です。

  • スキーママークアップ

    WEBページ上の要素をマークアップすることで、Googleや他の検索エンジンがWEBページの内容をより適切にページ上のデータを正しく認識させることができます。

  • ソーシャルシグナル

    ソーシャルシグナルは、WEBコンテンツが受け取る「いいね!」、「シェア」、その他のソーシャルインタラクションでユーザーの反応を表す指数です。WEBサイトを共有可能にし、様々なメディアとの交流を促進できるようにします。

  • ブランドシグナル

    ブランドシグナルは、検索エンジンが特定のブランドやWEBサイトの信頼性を判断し、検索結果のランキングに影響を与える要素です。

影響を与えるドメインの要素

SEOに影響を与えるドメインに関連する要素は、検索エンジンがWEBサイトの信頼性や権威性を判断する上で重要な役割を果たします。

  1. ドメインの年齢

    WEBサイトのドメインが長く運用されている場合、その信頼性が高まる場合があり、古いドメインは信頼性が高く、安定感があると見なされると言われていますが、Googleのジョン ミューラー氏(John Mueller)は、「ドメインの年齢は何の役にも立たない」と述べています。

  2. ドメインの履歴

    ドメインが以前に悪質な行動やスパム行為に関連していた場合、検索エンジンからペナルティを受ける可能性があります。場合によっては、ペナルティを受けたドメインが新しい所有者にペナルティを引き継ぐこともあります。

  3. キーワードを含むドメイン名

    キーワードを含むドメイン名が、関連するキーワードの検索結果に影響を与える可能性があります。ただし、これはあくまで一つの要素であり、他の要素と組み合わせて総合的な評価が行われます。

  4. トップレベルドメイン(TLD)

    一般的なトップレベルドメイン(.com、.orgなど)は、一般的な信頼性を持っており、国別コードトップレベルドメイン(.jp)も、検索結果に影響を与える可能性があります。

  5. サブドメイン内のキーワード

    サブドメインの使い方も重要です。キーワードを含むサブドメインがランキングに影響を与える可能性があります。

影響を与えるWEBサイトの要素

SEOに影響を与えるWEBサイトに関連する要素は多岐にわたります。その中でもサイトに関連する主要な要素が以下になります。

  1. WEBサイトの信頼性

    トラストランク(TrustRank)という、良いサイトと悪い(スパム)サイトを区別し、検索エンジンが検索でページをランク付けするために作成されたアルゴリズムによって、複数の要因からWEBサイトの信頼性と信用性を測定されます。

  2. コンテンツの品質と適切なキーワード

    ユーザーに独自の洞察や価値のある高品質なコンテンツ提供し、適切なキーワードを使って情報を提供することが重要です。 何も新しいものや有益なものをもたらさないサイト、内容が希薄なサイトにならないよう注意しましょう。

  3. E-E-A-T

    E-E-A-Tとは、「Experience(経験)」「Expertise(専門性)」「Authoritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の略で、Googleの検索品質評価ガイドラインです。

    E-E-A-T
    株式会社KLEEによるこの図は、Googleの検索品質評価ガイドラインのE-E-A-Tを示しています。
  4. モバイル最適化

    全検索の半分以上がモバイルデバイスから行われるため、WEBサイトがモバイルユーザー向けに最適化されている必要があります。

  5. パンくずリスト

    パンくずリスト(breadcrumb navigation)は、ユーザー及び検索エンジンがWEBサイト上のどこにいるかを知るのに役立つ、ユーザーフレンドリーなサイトアーキテクチャのスタイルです。

  6. サイトアーキテクチャ

    上手く纏められたサイトアーキテクチャ(サイロ構造など)は、検索エンジンがコンテンツをテーマ別に整理するのに役立つと同時に、WEBサイトのすべてのページにアクセスしてインデックスを作成するのにも役立ちます。

  7. サイトマップ

    XML形式のサイトマップは、検索エンジンがページのインデックスをより簡単かつ徹底的に作成し、可視性を向上させるのに役立ちます。HTMLサイトマップは、SEOには「役に立たない」とGoogleが述べています。 sitemap.xmlファイルによってページに与えられる優先順位は、ランキングに影響を与える可能性があります。

  8. 内部リンク構造

    WEBサイト内の内部リンク構造が整理され、関連するコンテンツ同士が適切にリンクされていることが重要です。

  9. WEBサイトの更新

    Googleは、アルゴリズムに「公開頻度」を使用していることを否定していますが、WEBサイトの更新や新しいコンテンツの追加は、価値と独自性を提供するサイトとして高品質なコンテンツの提供に繋がります。

  10. WEBサイトの稼働時間

    メンテナンスやサーバー障害、攻撃によるダウンタイムが多くなると、ランキングに悪影響を及ぼす可能性があります。1週間以上、サイトにアクセス出来なくなった場合は検索結果から削除されてしまう危険性があります。

  11. サーバーの場所

    サーバーの場所は、地域固有の検索の場合は特に重要ですので、日本国内のサーバーを利用することが無難といえます。

  12. セキュリティとプライバシー

    セキュリティ対策やSSL証明書の利用など、WEBサイトのセキュリティも重要な要素と思われます。

  13. YouTube動画

    Googleの検索結果にYouTube動画が表示されることがあります。適切なキーワードや内容を持つ動画は、関連する検索クエリにおいて上位に表示される可能性があります。

  14. Google AnalyticsとGoogle Search Consoleの使用

    Google Search ConsoleとGoogle Analyticsは、WEBサイトのパフォーマンスを追跡し、改善するための貴重な情報を提供します。

  15. Core Web Vitals

    Core Web Vitals(コアウェブバイタル)とは、Googleが提示しているユーザーエクスペリエンスを測定する、LCP、FID、CLSの3つの指標です。

    コアウェブバイタル
    株式会社KLEEによるこの図は、コアウェブバイタルのイメージを示しています。

影響を与えるWEBページの要素

  1. タイトルタグ内のキーワード

    以前ほど重要ではなくなっているようですが、タイトルタグのキーワードは、ページのSEOにおいて重要です。キーワードで始まるタイトルタグは、タグの最後にキーワードが表示されるタイトルタグよりもパフォーマンスが向上する傾向があります。

  2. H1タグのキーワード

    H1タグは「2番目のタイトルタグ」です。タイトルタグと同様に、H1タグにキーワードを配置することは重要です。

  3. H2、H3 タグ内のキーワード

    H2またはH3にキーワードが配置されることも、関連性の弱い要素である可能性があります。

  4. コンテンツ冒頭のキーワード

    コンテンツ冒頭の 200 文字以内にキーワードが含まれることは、Googleランキングと相関関係があるとされています。

  5. TF-IDF

    TF-IDF(Term Frequency – Inverse Document Frequency)とは、文書に含まれる単語の重要度を算出する手法で、文書の中の単語の出現回数から、文書の特徴を判別します。

  6. コンテンツの量

    より多くの単語を含むコンテンツは、より広い範囲をカバーできるため、短くて表面的な記事と比べ、アルゴリズムに好まれる可能性があり、コンテンツの量が多いほど上位表示されやすい傾向にあります。

  7. 目次

    リンクされた目次を使用すると、Googleがページのコンテンツをより深く理解できるようになります。また、SERPに表示された情報内にサイトリンクが作成される場合もあります。

  8. LSIキーワード

    LSIキーワードは、 Google が複数の潜在的な意味を持つ単語を識別するのに役立ちます。関連性要素としても機能する可能性があります。

  9. 重複コンテンツ

    同じサイト上の同一のコンテンツやわずかに変更されただけのコンテンツは、サイトの検索エンジンの可視性に悪影響を与える可能性があり、重複するコンテンツの内容によっては、ランキングの低下やペナルティを受ける危険性があります。

  10. rel=canonicalタグ

    重複したコンテンツを対処する方法として、rel=canonicalタグを適切に使用することで、重複コンテンツに対してペナルティを防ぐことができます。

  11. 類似コンテンツ

    WEBサイト内に似た内容のコンテンツが複数ある場合、重複コンテンツと同様に、サイトの評価が下がる危険性があります。

  12. 役立つ補足コンテンツ

    役立つ補足コンテンツは、WEBページの質を高めるだけでなく、ランキングを押し上げる要因にもなります。例えば、レシピや混雑状況案内、金利計算ツールなどがあります。

  13. 複製コンテンツ

    コンテンツがオリジナルでは無く、他のWEBサイトからコピーされたり抜粋されたコンテンツを使用した場合、インデックスされない危険性があります。

  14. コンテンツの最新性

    最新情報が求められる検索の場合、新しく公開または更新されたコンテンツが優先されます。最近の出来事や注目のトピックスなど、情報の時間的要素の重要性が強調される場合、Google SERPでは特定のページについてページの最終更新日を表示していると思われます。

  15. コンテンツの再編集と更新

    コンテンツの再編集と更新もコンテンツの最新性の要素として機能します。新しいセクションを追加したり、更新、削除する再編集は、文章の手直しやタイプミスを修正する更新よりも重要です。

  16. 人による編集

    Googleは、人の手による編集が検索結果に影響を与えることを可能にするシステムの特許を取得しています。ランキング要因かどうかは確認されていません。

  17. ページ読み込み速度

    Googleは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、読み込み速度を重視しています。ページの読み込み速度が速いウェブサイトは、検索結果でのランキング向上の可能性が高くなります。

  18. マルチメディア

    画像や動画などのマルチメディアコンテンツの活用は、コンテンツ品質を高める要素として機能する場合があります。

  19. 画像の最適化

    画像のファイル名、alt属性、タイトル、説明、キャプションなど画像を検索用に最適化し、適切にインデックスを作成できるようにすることが重要です。

  20. アウトバウンドリンク(OBL)

    アウトバウンドリンクは、自分のサイトから外部のサイトへ向けたリンクです。権威ある質の高いサイトへリンクすることは、信頼性の要因を高める可能性があります。

  21. アウトバウンドリンクのコンテンツ

    アウトバウンドリンク先のコンテンツの内容を関連性を把握するための要素として使用する可能性があります。

  22. アウトバウンドリンクの数

    アウトバウンドリンクにdofollowのリンクが多すぎる場合、リンクの効果がリンク先ページに引き渡され、ランキングに悪影響を及ぼす危険性があります。

  23. 内部リンクの数

    内部リンクの数は、ページの重要性を示す要因となります。サイト上の他のページと比較し、内部リンクが多いほど重要なページと見なされます。

  24. 内部リンクの品質

    ドメイン上の上位表示されている権威あるページから、弱いページへの内部リンクは強い効果があり、ページランクを渡すことができます。

  25. リンク切れ

    Google検索品質評価ガイドラインでは、WEBサイトの品質を評価するために壊れたリンクが使用されています。ページ上にリンク切れが多い場合、何らかの悪影響を及ぼすことがあります。

  26. URLの長さ

    URLが長すぎると、ページの検索エンジンの可視性が損なわれたり、検索結果でのクリック率が低くなることがあります。

  27. URLの階層

    トップディレクトリに近いURLは、サイト階層の奥深くにあるページと比べて、わずかに権限が向上する可能性があります。

  28. URL内のキーワード

    URL中のキーワードに関してGoogleの担当者が「非常に小さなランキング要素」と述べています。

  29. URLの文字列

    URL文字列内のカテゴリは Google によって読み取られ、何に関するページかについての情報を提供する場合があります。

  30. 参考文献と出典

    Googleの品質ガイドラインでは、査読者は特定のページを参照する際に情報源に注意する必要があると述べています。参考文献や出典を引用することは、ランキングに直接影響が無くても、情報の品質を高める要因になります。

  31. 箇条書きと番号付きリスト

    リスト構造で書かれた箇条書きと番号付きリストは、Googleに重要なキーワードを伝えることに役立ちます。箇条書きと番号付きリストは、ユーザーにとってもわかりやすい構成でコンテンツをより理解しやすくします。

  32. PageRank

    アルゴリズムとしてのページランクは、完全には相関していませんが、多くの権限を持つページは、リンク権限の少ないページよりも上位に表示される傾向があります。

  33. カテゴリ

    無関係なカテゴリに分類されているページと比較して、密接に関連したカテゴリの一部であるページは関連性が高まる可能性があります。

  34. 上位表示されている他のキーワードの数

    ページが他のいくつかのキーワードでランク付けされている場合、他のページの質を高める要因となる可能性があります。

  35. WEBページの年齢

    Googleは新しいコンテンツを好む傾向にありますが、これは古いコンテンツをアップデートすることも含まれており、定期的に更新される古いページのパフォーマンスが新しいページよりも優れている可能性があります。

  36. 有益なコンテンツ

    有益なコンテンツと高品質なコンテンツには違いがあり、Googleは「高品質」と「有益」を区別することがあります。

影響を与えるバックリンクの要素

  1. リンク元のドメインの年齢

    古いドメインからのバックリンクは、新しいドメインからのバックリンクよりも高く評価される可能性があります。

  2. ルートドメインの数

    ルートドメインの数はGoogleのアルゴリズムにおける最も重要なランキング要素の1つです。重複なしのリンク数は、とても大きな評価要因で、様々なサイトからリンクを獲得するほうが検索順位が向上します。

  3. リンクページの数

    同じドメインからのリンクを含む総被リンク数は、重複なしのリンク数と同様に要因の一つです。ドメインに被リンクを獲得すると、他のページのランキングにも好影響を与えます。

  4. リンクページの権限

    PageRankが高いサイトからのリンクは、評価が高くなる可能性が上がります。

  5. リンクドメインの権限

    参照ドメインの権限は、リンクの値において独立した役割を果たす場合があります。

  6. 教育機関・政府機関からのリンク

    Googleは、多くの教育機関リンクを「無視」していると述べていますが、これらの機関は良質な被リンクを得ていることが多いため、評価に影響するかもしれません。

  7. バックリンクアンカーテキスト

    アンカーテキストは、以前ほど強力な要因ではなくなりましたが、キーワードが豊富なアンカーテキストは、少量ながらも評価される可能性が高いです。

  8. 競合他社からのリンク

    同じSERPでランク付けされている他のページからのリンクは、その特定のキーワードに対するページのランク付けにとってより有利に働く可能性があります。

  9. フォーラムからのリンク

    フォーラムからのリンクは、スパムを考慮して通常のリンクよりも低評価または大幅に下げる可能性があります。

  10. ハブページからのリンク

    特定のトピックに関するトップリソースやYahoo!カテゴリのようなハブページからリンクを取得すると、特別な効果を期待することができます。

  11. スプログからのリンク

    Googleは、スプログ(スパムブログ)からのリンクよりも「本物のサイト」からのリンクをより重視していると思われます。

  12. オーソリティーサイトからのリンク

    特定の分野において知識や実力を認められている権威のあるサイトからのリンクは、他のリンクよりも多くの効果をもたらす可能性があります。

  13. ガイドライン違反をしているサイトからのリンク

    Googleのガイドラインを違反をしているサイトからのリンクは、サイトに損害を与える危険性があります。

  14. ゲスト投稿からのリンク

    ゲスト投稿の乱用は、サイトに損害を与える危険性があります。

  15. 広告からのリンク

    広告からのリンクはnofollowするか、rel=spopond属性を使用する必要があります。

  16. nofollowリンク

    特定の割合のnofollowリンクがあることは、自然なリンクプロファイルと不自然なリンクプロファイルを示している可能性もあるため、nofollowが付いたリンクでもアルゴリズムの判断次第では評価対象になる可能性があります。

  17. スポンサーリンク

    rel=sponsoredとしてタグ付けされたリンクは、通常の「フォロー済み」リンクまたは rel=nofollow リンクとは異なる方法で扱われます。スポンサーリンクと表記されいているリンクは、通常のリンクよりも低く評価される可能性が高いです。

  18. ユーザー生成コンテンツリンク

    コメントなどのユーザー生成コンテンツrel=ugc属性は、有益なコンテンツとなり得ますが、コンテンツのスパムが原因でペナルティを受ける危険性もあります。Googleのジョン・ミューラー氏(John Mueller)は、「フォーラムでもコメントでもサイトで公開している全てのコンテンツが評価の対象になる」と 述べており、ユーザー生成コンテンツは、ランキングに対してプラスにもマイナスにも働く可能性があるということになります。

  19. ナチュラルリンク プロファイル

    バックリンクがナチュラルリンクで構成されていることは、とても大きな要因です。ナチュラルリンクプロファイルを持つサイトは、ブラックハット戦略を使用したサイトよりも上位にランクされます。

  20. 相互リンク

    過度なリンク交換は、悪影響を与える危険性があります。 Googleのリンクスパムページには、避けるべきリンクスパムとして「過剰なリンク交換」がリストされています。

  21. リンクの多様性

    様々なソースからのリンクが集まるのが自然ですが、単一のソース、フォーラムのプロフィールやブログコメントなどからのリンクの割合が多い場合は、Googleのガイドライン違反にあたる不自然なリンクとしてみなされる危険性があります。

  22. 文章中のリンク

    文章中に埋め込まれたリンクは、空のページのリンクやページの他の場所にあるリンクよりも効果的であると考えられます。

  23. コンテンツ内のリンクの位置

    コンテンツ(文章中)の先頭にあるリンクは、コンテンツの最後に配置されているリンクよりも重要視されると考えられています。

  24. ページ内のリンクの位置

    ページの文章中に埋め込まれたリンクは、フッターやサイドバーのリンクよりも高く評価される可能性が高いです。

  25. ccTLDからのリンク

    国別コードトップレベルドメイン(.jp)からのリンクは、その国の検索結果にプラスの影響を与える可能性があります。

  26. 画像リンク(alt属性)

    画像のalt属性は、アンカーテキストとして機能します。

  27. 301リダイレクト

    301リダイレクトは、転送元のページランクが転送先ページに完全に引き継がれるのではなく、直接リンクに比べて効果が少し失われる可能性があります。

  28. 外部サイトからのアンカーテキスト

    被リンクのアンカーテキストは、以前ほど強力な要因ではないようです。但し、過剰なアンカーテキストの最適化がペナルティを受ける危険性があります。

  29. 内部リンクのアンカーテキスト

    内部リンクのアンカーテキストは、外部サイトからのアンカーテキストよりもはるかに小さい可能性があります。

  30. リンクのタイトル属性

    リンク上にマウスを移動したときに表示されるテキスト(リンクタイトル)も、微弱ながら要因の一つとして使用される場合もあります。

  31. リンク周辺のキーワード

    リンク周辺に表示される傾向のある単語や共起語は、Googleにそのページが何についてのものかを伝えるのに役立ちます。

  32. バックリンクの年齢

    バックリンクの年齢は古いほうが評価が高く、新しいほうが評価が低い傾向にあります。

  33. リンクドメインの関連性

    同様の特定のニーズを持つ規模の小さい市場のサイトからのリンクは、全く無関係なサイトからのリンクよりもはるかに効果があります。

  34. リンク元ページの関連性

    WEBページに関連するページからのリンクは、高く評価されます。

  35. リンク元サイトの信頼度

    リンクしているサイト元の信頼性によって、どの程度の「信頼ランク」が渡されるかが決まります。

  36. ページ上のアウトバウンドリンクの数

    PageRankには限度があり、数百の外部リンクを含むページ上のリンクは、少数の外部リンクを含むページよりも低い PageRankを渡します。

  37. タイトル内のキーワード

    Googleは、タイトルにキーワードを含んだページからのリンクを好むようです。

  38. マイクロフォーマット

    マイクロフォーマットを施しているページは、マイクロフォーマットを施していないページよりも上位にランクされる可能性があります。

  39. リンク元の文字数

    文字数の多い記事ほど上位表示されやすいことから、文字数の多い記事からのリンクは評価を得られる可能性が高いようです。

  40. リンク元コンテンツの品質

    高品質なコンテンツからのリンクはプラスの影響を受けますが、低品質なコンテンツからのリンクはマイナスの影響を与える危険性があります。

影響を与えるユーザーインタラクションの要素

  1. RankBrain(ランクブレイン)

    RankBrainは、Googleが検索結果を並べ替えるために使用する機械学習(AI)アルゴリズムです。キーワードに応じて、RankBrainはバックリンク、コンテンツの鮮度、コンテンツの長さ、ドメイン権限などの重要性を増減し、ユーザーが新しい検索結果をどのように操作するかを調べます。

  2. オーガニック検索におけるキーワードのクリックスルー率

    CTRがより多くクリックされたページは、その特定のキーワードのSERPが向上する可能性があります。

  3. オーガニック検索におけるサイト全体のクリックスルー率

    サイト全体のコンテンツのCTRが高い場合、さらにプラスになる可能性があります。

  4. 直帰率

    Googleは、直帰率をランキング要因として使用していないと明言していますが、直帰率が高いページは恐らくそのキーワードに対して良い結果ではありません。

  5. 滞在時間

    Googleは、ページに滞在する時間に非常に細心の注意を払っています。Google検索ユーザーがあなたのページに費やした時間を測定します。

  6. ダイレクトトラフィック

    ダイレクトトラフィックが非常に少ないサイトに比べて、ダイレクトトラフィックが多いサイトの方が高品質のサイトである可能性があります。

  7. リピートトラフィック

    リピート訪問者がいるサイトは Google ランキングが向上する可能性があります。

  8. ポゴスティッキング

    ポゴスティッキングは、検索結果に求める情報がなく、検索ユーザーが検索結果内のページ間の行き来を繰り返している状態です。ポゴスティッキングのユーザーの結果は、大幅にランキングが低下する危険性があります。

    ポゴスティッキング
    株式会社KLEEによるこの図は、ポゴスティッキングのイメージを示しています。
  9. Chrome ブックマーク

    GoogleはChromeのデータを収集していると思われます。GoogleChromeでブックマークされたページは強化される可能性があります。

  10. コメントの数

    コメント数はランキング要因ではありませんが、コメントが沢山あるページは、ユーザーインタラクションと品質において間接的な影響がプラスになる可能性があります。

影響を与えるブランドの要素

  1. ブランド名のアンカーテキスト

    ブランドのアンカーテキストはシンプルですが、商用キーワードよりもブランドキーワードを含むアンカーテキストが重要といわれています。

  2. ブランド検索

    Googleは、検索キーワードに対して同一ドメインの複数のページを表示することがあります。

  3. ブランド + キーワード検索

    ユーザーがブランドと一緒に特定のキーワードを検索した場合 (例: 「KLEE ホームページ制作」または「KLEE SEO」)、ユーザーがそのキーワードの非ブランド版を検索したときに、Googleがランキングを向上させる可能性があります。

  4. Facebook

    強いブランドをもつサイトは、「いいね!」を沢山もったFacebookページを所有している傾向にあります。

  5. X(旧ツイッター)

    フォロワーが多い Xプロフィールは、人気のあるブランドであることを示します。

  6. Linkedin

    日本での利用率は低いのですが、強いブランドをもつサイトは、LinkedInにページをもっている傾向にあります。

  7. ソーシャルオーソリティー

    偽物の「いいね!」やフォロワーの獲得数やソーシャルメディアアカウントが偽物の場合、ブランド要因を高めることはできません。

  8. リンクされていないブランドの話題

    ハイパーリンクされていないブランドの話題でも、Googleはブランド要因としてみている可能性があります。

  9. 実店舗の場所

    企業にはオフィス(所在地)があります。Googleはサイトが大手ブランドかどうかを判断するために位置データを収集している可能性があります。

影響を与えるWEBスパムの要素

スパムの要素はペナルティを受け、インデックスが削除され表示されなくなる危険性があります。Google ウェブ検索のスパムに関するポリシーを確認してください。

  1. パンダアップデート

    コンテンツの品質を評価するアルゴリズムで、低品質のコンテンツを含むサイト (特にコンテンツファーム) をターゲットとしています。

  2. フレッドアップデート

    広告を過度に貼りすぎたサイトやコンテンツの質が限りなく薄いサイトなど、ユーザー支援よりも収益を優先する価値の低いコンテンツサイトをターゲットにしています。

  3. スパムサイトへのリンク

    ガイドラインに違反している、または特定の言語(PPC:ポルノ、ピル、カジノ) が含まれている悪質なスパム的なサイトが含まれるため、これらのサイトへのリンクは、検索結果のかなり下の方に表示されるか、まったく表示されなくなる危険性があります。

  4. 不正なリダイレクト

    不正なリダイレクトを行うサイトはペナルティを受けるだけでなく、インデックスが削除される危険性があります。

  5. 誘導ページ(Doorway Page)

    ユーザーを別のページにリダイレクトするページが誘導ページです。Googleでは、誘導ページ(Doorway Page)をガイドライン違反としています。

  6. ポップアップ

    ポップアップなどのインタースティシャル(ホストアプリのインターフェイス全体に表示されるフルスクリーン広告)要素は低品質のサイトの兆候であり、サイトの評価を下げるだけでなく、正しくインデックスできないことがあります。

  7. アフィリエイトリンクの非表示

    アフィリエイトリンクの非表示は、 やりすぎるとペナルティが発生する危険性があります。

  8. アフィリエイトサイト

    独自コンテンツや付加価値を持たないアフィリエイトプログラムで収益を上げるサイトは特別な監視下に置かれており、ランキングが低くなります。

  9. キーワードの乱用

    Googleはキーワードの乱用に対してペナルティを課しています。これには、キーワードスタッフィング、ヘッダータグスタッフィング、過剰なキーワード装飾が含まれます。

  10. 意味不明なコンテンツ

    Googleの特許では、Googleは意味不明なコンテンツを識別する技術を使い、インデックスからスピンまたは自動生成されたコンテンツをフィルタリングすることが可能です。

  11. 自動生成コンテンツ

    プログラムによって自動的に生成されたコンテンツは、インデックスを削除されてしまうでしょう。

  12. ページレイアウトアルゴリズム

    ページレイアウトアルゴリズムは、スクロールせずに見える部分に広告で埋め尽くされているようなサイトの評価を下げ、ペナルティを与えます。

  13. ページランクスカルプティング

    信頼できないサイトや有料リンク、保証できないサイトへリンクするとき以外に、nofollowを多用するとスパムとして見なされる危険性があります。

  14. サーバーIPアドレス

    サーバーIPアドレスがブラックリストに入っている場合、そのサーバー上のすべてのサイトに影響が及ぶ可能性があります。

  15. 同じIPアドレスからのリンク

    同じIPアドレスからの不自然な量のリンクを取得した場合、リンクがネットワーク化していると判断され、大きく順位を下げることになります。

  16. メタキーワード属性スパム

    メタタグへのキーワードの詰め込みは、スパムと判断され、サイトにペナルティが課される危険性があります。

  17. ペンギンアップデート

    Googleペンギンは不正なリンクをフィルタリングすることに重点を置いたアルゴリズムで、他のサイトのコンテンツをかき集めて加工しただけの質が低いサイトやユーザーにとって意味のないリンク集サイトなど悪質な方法でページの検索順位を操作するサイトをターゲットとしています。

  18. ハッキングされたサイト

    サイトがハッキングされた場合、ユーザーへの影響を防ぐためGoogleのブラックリストに登録され、検索順位から削除されます。サイトの安全状況を確認したい方は、GoogleセーフブラウジングでURLを入力して確認して下さい。ハッキングされてしまった場合は、Googleハッキングされたサイトの復旧事例を確認してください。

  19. 不自然なリンク

    不自然なリンクの流入は、偽リンクの兆候であり、他のサイトから自社コンテンツの被リンクを獲得する行き過ぎたリンクビルディングは、ペナルティの対象になります。ガイドラインに違反するリンク集めは大きな代償を伴います。

  20. 不自然なリンクの警告

    Googleから「不自然なリンクが検出されたことを Google Search Console に通知」という警告を受けた場合、100%では無いようですが、不自然なリンクが無効になるかペナルティを受けることになります。

  21. ブログコメントやフォーラムからのリンク

    Googleのガイドラインに背いて検索エンジン上位表示を目指すブラックハットSEOで使用されるソースからのリンクが多数ある場合やコメントにURLなどを含ませる作為的なリンクがある場合は、不自然なリンクとみなされる可能性があります。

  22. サイトと無関係のリンク

    無関係なサイトからのリンクの割合が高い場合、そのリンクが評価に値するのかチェックされ、手動アクションが課せられる危険性が高くなります。

  23. 低品質なコンテンツからのリンク

    低品質なディレクトリからのリンクは、ペナルティを受け、検索順位の低下につながる恐れがあります。

  24. 手動アクション

    サイト上のページが Googleのスパムポリシーに準拠していないと判断した場合、サイトに対して手動の措置を講じます。この場合、ページまたはサイトの検索順位が低下したり、検索結果から除外されます。手動アクションの場合は、Googleサーチコンソールでペナルティを確認し、ガイドラインに違反している箇所を修正後、再審査をリクエストして手動ペナルティを解除してもらう必要があります。

  25. リンクの販売

    リンクを販売するとGoogleからペナルティを受けます。リンクを購入した人も同様にペナルティを受け、検索結果に全く表示されなくなる危険性があります。

  26. Googleサンドボックス

    一般的にサンドボックスとは、新しいプログラムを保護された領域で安全性をチェックし、他のプログラムに影響を及ぼさないようにする仕組みです。新しいサイトがGoogleからの信頼を得るための一定期間、Googleサンドボックスに置かれ、上位表示することが制限されていましたが、現在は、新しいサイトという理由で上位表示ができないことはないようです。

  27. Googleダンス

    Googleダンスは、クロールしたインデックスデータとデータセンターのデータの違いによって検索順位が上下動することの名称です。Googleダンスは一時的にランキングに影響する可能性がありましたが、現在はほとんど無いようです。

  28. リンク否認ツール

    サイトへのリンクを否認するとは、悪影響を与える低品質な被リンクの効果を無効にすることです。リンクの否認ツールを使用すると、ネガティブSEOの被害を受けたサイトに対するアルゴリズムや手動アクションが解除される場合がありますが、誤って使用した場合、Google検索結果におけるランキングに悪影響を及ぼす危険性がありますので注意が必要です。

  29. 再審査リクエスト

    ペナルティ解除のために、再審査リクエストを送る必要があります。再審査リクエストが成功すると、ペナルティが解除される場合があります。

Googleアルゴリズムの要素

Googleアルゴリズムは、常にアップデートされています。コアアップデートは大きな影響を広範囲に及ぼすため、コアアップデート後は検索結果順位に変動があります。

  1. クリエの鮮度:QDFアルゴリズム

    QDF(Query Deserves Freshness)は、「クエリは新鮮さを要する」という、検索クエリに対し新規性や時事性を評価するアルゴリズムです。但し、歴史や法律、大きな変更のない道具の使い方説明サイトなどのクリエには鮮度が重要ではありません。クリエの鮮度が重要かは、コンテンツの鮮度がコンテンツの品質に影響を与えるかどうかによって決まります。

  2. クリエの多様性:QDDアルゴリズム

    QDD(Query Deserves Diversity)は、「クエリは多様性に値する」という、検索クエリに対し多様性を評価するアルゴリズムです。複数の意味やニーズを持つキーワードに対し多様性のある検索結果を出す仕組みです。例えば、「SEO」と検索したときに、「SEOの意味」や「SEOの方法」、「SEO会社」などが検索結果として表示されます。

  3. ユーザーの閲覧履歴:Google Discover

    Google Discoverは、ユーザーのインターネット閲覧履歴からユーザーが興味や関心を持っていそうな記事を自動で表示する機能です。

  4. パーソナライズド検索

    ユーザーの行動履歴や現在地情報などをもとに、ユーザー毎に最適化した検索結果を返すシステムです。

  5. 強調スニペット

    強調スニペットは、Google検索で質問をするような検索を行った際にSERP上部に表示される目立つ情報で、ユーザーが求める検索結果に強調して表示させる仕組みです。

  6. 地域ターゲティング

    Googleは、ローカルサーバーIPと国固有のドメイン名拡張子を持つサイトを優先します。

  7. YMYL関連キーワード

    お金や健康に関連するYMYL(Your Money or Your Life)キーワードに対してGoogle検索品質評価ガイドラインでは、検索結果の上位に不正確で危険な内容のWEBページが表示されないよう、YMYLの分野に対しては、より厳格な品質評価の基準を設けています。

  8. デジタルミレニアム著作権法:DMCA

    デジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act)は、インターネット上の情報の著作権保護に関するアメリカの法律ですが、日本のコンテンツでも著作権侵害があれば、Googleを通してDMCAの申請ができます。申請が通れば、著作権侵害にあたるコンテンツは、Googleの検索結果に表示されなくなります。

  9. ドメインの多様性

    検索結果上に多様なドメインを表示させるため、同一ドメインのページが複数同時に表示されるのを防ぐアルゴリズムです。但し、アルゴリズムが特定のクエリにおいて関連性が高いと判断すれば3件以上の結果を同じドメインのページを表示することもあるようです。

  10. ローカル検索

    検索ユーザーの現在地情報を基に検索結果が表示されるローカル検索の場合、Googleはローカル検索結果を通常のオーガニック検索順位よりも上位に配置することがあります。

  11. SERPのトップストーリー機能

    SERPのトップストーリーには、Googleニュースにインデックスされている最近公開された記事、ライブブログ及びビデオが多く表示されます。SERP機能は通常、新しい結果を表示することをの目的としていますので、トップストーリーでのランキングは短期間であることに注意してください。

  12. 大手ブランドの優先

    Googleはブランドには根本的な価値がある、ということから特定のキーワードについて大手ブランドを強化し、ランキングを優先するようになりましたが、検索結果を優先する要素は、信頼や評判や権威であるとしています。

  13. ショッピング結果

    Googleショッピングは、ユーザーが検索したキーワードに関連した商品がSERP上に表示される機能です。Googleショッピングには有料枠と無料枠があり、無料枠に商品を掲載するには、Googleマーチャントセンターに登録し、商品データをフィードで送信し、Googleマーチャントセンター上で「無料商品リスティング」の機能を有効にします。

  14. 画像結果

    Google画像は、通常のオーガニック検索結果に表示されることがあります。適切な画像対策をすることで、購買意欲が高いユーザーの流入が起こりやすくなり、検索エンジンにも内容が伝わりやすくなります。

  15. ブランドの単一サイトの結果

    ドメインまたはブランド指向のクリエにより結果ページにドメインの多様性を提供しながら、1つのドメインから複数の結果が表示されます。

  16. ペイデイローン・アップデート

    ペイデイローン・アップデートは、低品質なスパムリンクやキーワードの詰め込みなど特定のキーワードが含まれるWEBコンテンツが検索結果を不正に操作しようとした場合に、検索結果の順位を下げたりコンテンツを削除するアルゴリズムです。

この記事のまとめ

SEOトレンドを常に把握し、最善な方法に従うことはとても重要です。2024年のSEOトレンドを追い続けることは、常に変化する検索エンジンアルゴリズムへの理解を深めることになり、それがSEO戦略を迅速に調整するのに役立ち、継続的なアップデート後にも常にWEBサイトが表示され続けることに繋がります。

最新のSEOトレンドを常に把握しておくことによって新たな戦術を発見し、SEOのトレンドに基づいて戦略を調整している競合他社に対して、競争力を高めることができます。

UXとコンテンツ戦略

SEO の最新トレンドに関して、様々な点においてユーザーエクスペリエンスの向上が求められています。SEOトレンドを常に最新の状態に保つことで、シームレスなエクスペリエンスを提供するWEBサイトになり、より多くのエンゲージメントとコンバージョンを促進することが可能になります。

UXのランキング要素として、インタラクティブ性、ページの読み込み速度、視覚的な安定性を評価します。ページ速度を最適化し、不要な要素を減らし、スムーズなスクロールとインタラクションを優先することで、サイトのユーザーエクスペリエンスを向上させます。

コンテンツに関しては、静的なWEBページからインタラクティブなコンテンツに注目が移り変わっています。インタラクティブなコンテンツは注目を集めるだけでなく、ユーザーエンゲージメントに変革をもたらします。このトレンドは単なる一時的な流行ではなく、マーケティング的にもブランドの差別化やエンゲージメント、サイト滞在時間、コンバージョンなどの指標に大きな影響を与えています。コンテンツは堅牢なSEOの基礎となる要素です。

また、アルゴリズムのアップデートによる変化を理解してコンテンツ戦略を調整することで、ユーザーが検索しているキーワードに照準を合わせることができます。

高品質なバックリンクの構築

評判の良いWEBサイトから高品質のバックリンクを獲得して信頼性を高めます。Googleはバックリンクプロファイルの多様性を重視しており、ゲスト投稿やソーシャルメディアなどの単一のメディアに依存するだけでなく、様々なプラットフォームに渡る多様性が必要となり、バランスのとれた効果的なリンク構築戦略が必要です。

AIツールは膨大なデータセットを分析し、信頼できるWEBサイトと関連コンテンツを特定し、質の高いバックリンクを構築します。機械学習アルゴリズムは、バックリンクの品質を評価し、スパムを検出し、信頼性を監視することで、企業が効果的なSEOに不可欠な堅牢で信頼できるオンラインプレゼンスを確立できるようにします。

テクニカルSEO

テクニカルSEOは、検索ユーザーにとって有益なコンテンツであるかという「ユーザーフレンドリー」と検索エンジンに配慮したWEBサイトであるかという「検索エンジンフレンドリー」との両立が重要です。WEBサイトが技術的に健全で、高速で、モバイル対応で、クロールしやすいかなどの項目に適切な対策が必要です。

キーワードの最適化

キーワードの乱用を避け、コンテンツ全体で関連性の高いキーワードを戦略的に使用します。キーワード調査ツールを活用して、トラフィックの多い関連キーワードを見つけ、ユーザーの関心を引くコンテンツを作成します。

ペナルティの回避

検索エンジンの200以上あるランキング要素の中でも、ペナルティになり得る要素には特別な注意が必要です。SEOトレンドに関する情報を常に理解しておくことは、ペナルティに対する防御策として有効であり、不正によって検索結果の順位を上げようとするブラックハットSEOを間違って行ってしまわないようにすることにも役立ちます。SEOトレンドを常に最新の状態に保つことは、とても重要です。

結論

オンラインで成功を収め、ランキングを維持するには、SEOトレンドに遅れを取らないことが不可欠です。国内外のSEOの微妙な点に対処するために最先端のツールやテクノロジーを取り入れながらSEOの多面的な側面を理解することが、今後のアルゴリズムの変化に適応し、ランキングを維持するために非常に重要です。

「WordPress WEBサイトSEO監査の実施方法」を詳しく見る

SEO・SEMに関する情報はこちら お問合せ、お見積もりはこちら

下記の記事も読まれています

検索順位を上げる方法 ユーザーインタラクションの向上

SEO・MEO・Google Map SEO

検索順位を上げる方法-ユーザーインタラクションの向上とは?

ホームページ制作費を徹底解説!制作コストに影響を与える重要な要素

WEBサイト制作

ホームページ制作費を徹底解説!制作コストに影響を与える重要な要素

短編動画

動画マーケティング

短編動画を効果的に使用するための10の方法

KLEEにご相談ください。

KLEE WEB DESIGN TEAMまでお気軽にお問合せください。

フォームでのお問合せ

WEBサイト制作、WEBシステム開発、保守、
運用まですべてをお手伝いいたします。

お電話でのお問合せ

054-266-3663
日本全国どこでも対応いたします。

思い立ったら今すぐお問合せを!

お問合せはこちら
PAGE TOP