054-266-3663Contact Us

Tips

技術情報TECHNICAL INFORMATION

SEO・MEO・Google Map SEO

2024年のSEO!音声検索最適化(VSO)がなぜ重要か?最適化7つの方法!

Updated : 2024.3.11

16分で読めます

音声検索のSEOを最適化して新規顧客に確実にリーチできるようにする時期が来ています。

音声検索の利便性とスマートスピーカーや音声対応デバイスの普及により、モバイルデバイスで音声機能を使い始める人が増え、音声検索の利用は急増しています。 人々は、お店の検索や道順、調べたいことの回答をその場で得るまで、あらゆる目的で音声検索を使用しており、自社のコンテンツがこれらのクエリに対して最適化されていない場合、潜在的なトラフィックのかなりの部分を逃すことになります。

音声検索を使用している人の7割以上が音声検索を日常の一部にしており、検索を入力するよりも音声検索のほうがはるかに簡単かつ迅速というメリットを活用しています。デバイスに話しかけることが標準になってきている状況で音声検索の最適化を無視することは出来ず、音声検索SEOの最適化は、検索エンジンの進化やユーザーの変化する検索行動に迅速かつ効果的に対応するためにとても重要です。

音声検索最適化(VSO)はSEOの重要な要素であり、サイトの可視性とユーザーエクスペリエンスに大きな影響を与える可能性があります。複雑で正確な検索を行うために、音声対応デバイスに頼っていく傾向は、2024年以降も続いていくと予想されています。WEBサイト運営者はコンテンツを最適化し、価値あるトラフィックとリードを獲得するために、最新の音声検索のトレンドを理解し、実戦する必要があります。

この記事では、今後のSEOとして重要になる音声検索最適化(VSO)の本質、VSOの重要性、ビジネスの成長の可能性を活用するための実行可能な戦略について詳しく説明します。

2024年のSEO!音声検索最適化(VSO)がなぜ重要か?最適化7つの方法!

音声検索最適化(VSO)とは?

Voice Search Optimization 音声検索最適化

音声検索最適化(Voice Search Optimization, VSO)とは、WEBサイトやデジタルコンテンツを、音声検索エンジンや音声アシスタントによって理解しやすく、効果的に表示されるように最適化する手法です。ユーザーが音声検索を実行するときに、音声アシスタントによって選択されたり、音声アシスタントによって読み上げられたりすることを主な目標とします。これらのデジタルアシスタントには、AmazonのAlexa、AppleのSiri、Googleアシスタント、MicrosoftのCortanaなどが含まれます。音声検索最適化は、テキストベースの検索エンジン最適化(SEO)とは異なる要因や戦略が必要とされます。

デスクトップデバイスでも、Googleなどの検索エンジンで音声検索を実行することができます。但し、これらの検索結果はテキストベースの検索と同じ方法で表示されます。

音声検索は、従来のテキストベースの検索とは異なり、クエリの表現方法に若干の違いがあります。 例えば、近所の内科クリニックを探している場合、検索エンジンに「市町村名 内科」と単語や短い文章を入力する場合が多いと思いますが、音声検索では、「Siri、近くの内科を教えて」のように実際の人と話しているかのように音声アシスタントと話し、検索したい内容を表現する可能性があるため、音声検索クエリは通常、より会話的で長く、完全な文または質問になります。 これらは、音声アシスタントによって選択されるように最適化する必要があるタイプのクエリとなります。

この変化により、キーワード戦略とコンテンツ作成手法の再評価が必要になるため、音声検索の最適化をSEOの取り組みに組み込むことは必要不可欠といえます。そうすることで、益々、音声主導の検索環境で自社のサービスを簡単に見つけられるようになり、オンラインでの可視性が向上し、より多くの顧客を引き付けることができます。

主要な音声アシスタント

最も人気のある、主要な音声アシスタントには、AmazonのAlexa、AppleのSiri、Googleアシスタント、MicrosoftのCortanaなどがあります。AppleのSiriは、iPhone、iPad、Apple Watch の複数のデバイスで使用されているため、音声アシスタントにおいて大きなシェアを獲得しています。

モバイルデバイス、PC、またはスマートデバイスで音声検索を実行すると、これらの音声アシスタントが検索を行いますが、すべての音声アシスタントが同じ検索エンジンを使用しているわけではありません。GoogleアシスタントはGoogleから情報を取得しますが、AppleのSiriは、Googleから情報を取得するだけでなく、Yahoo、Bingなどの他の検索エンジンやAppleサードパーティアプリからの情報も検索します。従って、音声検索最適化は、Google以外の検索エンジンにも最適化を行う必要があります。

音声検索と入力検索の違い

音声検索と入力検索

音声検索と入力検索の主な違いはユーザーの行動です。音声検索時と文字を入力する時では使うワードが異なり、入力する場合は特定の短いフレーズ(キーワード)を選択しますが、音声検索時はキーワードを含んだ質問に変わります。最新の検索エンジンは、検索者が何を探しているのかを理解し、検索者が何処にいるのか、何を探しているのかによって、信頼できるWEBページから検索者の状況に合わせて情報を提供します。

音声検索の大きな部分をローカルSEOが占めており、多くの場合、検索者のいる場所の付近の情報、道順、電話番号、製品や他の都市の店舗の場所について検索します。モバイルユーザーでは、「近く」という言葉が使われる可能性があり、「近くでイートインできるパン屋を探して」、「近くに駐車場があるカフェはありますか?」、「近くで信頼出来る不動産屋は?」や海外からの旅行者が「近くの外貨両替所は何処?」と外国語で検索するかもしれません。このように、音声検索のSEOでは、ターゲットユーザーに合わせたローカル音声検索結果での可視性を高めることが重要です。

音声検索の最適化のメリット

音声検索最適化のメリット
株式会社KLEEによるこの図は、音声検索の最適化のメリットを示しています。

新しい検索トレンドへの適応

音声検索は急速に普及しており、これに適応することで将来の検索トレンドに対応しやすくなります。音声検索はテキスト検索とは異なり、通常の言葉での自然な質問になります。このため、ユーザーの検索パターンが変化しており、長いフレーズやフレンドリーな言葉を使用することが一般的です。音声検索SEOにより、これらの新しい検索パターンに適応できます。テクノロジーの進化に対応することで、サイトやビジネスは柔軟性を持ち、市場において競争力を維持できます。

競争優位性の確立

まだ多くの企業が音声検索最適化に十分なリソースを割いていないため、競争が比較的低い状況が続いています。音声検索に対応することで、競合他社よりも早く、また質の高い情報を提供できる可能性があります。

ユーザーエクスペリエンスの向上

音声検索最適化により、ユーザーはより自然で口語的な言葉で検索クエリを発声できます。これにより、検索エンジンはユーザーの意図をより正確に理解し、適切な情報を提供できるようになります。音声検索を最適化するためには、技術的な SEO要素の改善が含まれるため、ユーザーエクスペリエンスの向上につながります。ユーザーエクスペリエンスが向上することで、サイトの評価や顧客の忠誠度が向上する可能性があります。

検索エンジンアルゴリズムの変化への対応

音声検索最適化は、検索エンジンのアルゴリズムに適応するための重要な要素です。主要な検索エンジンは、音声検索の普及に伴いアルゴリズムを更新しています。これに対応することで、ユーザーの意図を理解しやすいコンテンツを提供できるサイトになり、検索エンジンランキングを維持しやすくなります。

ローカルビジネスのブランド認知度の向上

音声検索は主にモバイルデバイスで利用され、ユーザーが特定の場所やローカルな情報を求める際に頻繁に使用されます。ローカルビジネスが音声検索に対応することで、地元の検索結果において優位性を確立し、ブランド認知度を向上させることが期待されます。

モバイル利用の増加

音声検索は主にモバイルデバイスで利用されることが多いため、モバイル利用の増加と密接に関連しています。外出中や移動中に手を使わずに検索できるため、モバイルデバイスの利用が便利になります。

音声検索用にコンテンツを最適化する7つの方法

Alexa、Siri、Googleアシスタント、Cortanaなどの仮想アシスタントを使用してオンラインで情報を検索する人が増えるにつれて、音声検索の人気が高まっています。音声検索ユーザーがコンテンツを簡単に見つけられるようにするために、WEBサイトを音声検索用に最適化することが重要になります。ここでは、音声検索結果におけるWEBサイトの可視性を向上させるために実装できる、音声検索の最適化に関する7つの方法を紹介します。

音声検索キーワードの調査

音声検索は通常、質問として表現されるため、質問ベースのキーワードをコンテンツに組み込むことが重要です。この戦略には、サービスに関連して対象ユーザーが尋ねる可能性のある一般的な質問を特定し、これらの質問に直接答えるコンテンツを作成することが含まれます。そうすることで、音声検索クエリに対する回答としてコンテンツが選択される可能性が高くなります。

  • 会話キーワード

    音声検索用にWEBサイトを最適化する場合、ユーザーの会話を模倣した自然言語の会話キーワードを使用することが不可欠です。ショートテールのキーワードに焦点を当てるのではなく、ユーザーが口頭で質問する方法を模倣したロングテールのキーワードとフレーズに焦点を当てます。WEBサイトやサービスに関連する情報を探すときにユーザーが尋ねる可能性のある質問を考慮します。

  • 疑問キーワード

    疑問キーワードとは、「どうやって」「何を」「なぜ」「いつ」「どこで」といった疑問詞で始まるキーワードです。音声検索では、ユーザーが自然な言葉で質問をすることが一般的であり、その中には疑問文が多く含まれます。これに対応するために、疑問キーワードを考慮する必要があります。疑問キーワードを考慮することで、ユーザーが抱える疑問や特定の情報に対する意図を理解しやすくなります。検索エンジンはユーザーの意図を理解しやすいサイトを優先的に表示する傾向があります。

  • ロングテールキーワード

    音声検索では通常、ユーザーが自然な言葉で質問をします。このため、単語やフレーズを組み合わせてできるロングテールキーワードが、より一般的になります。ユーザーの言葉に対応することで、検索エンジンはより正確な結果を提供しやすくなります。

FAQページの作成

ブランド、サービス、製品などに関するよくある質問に答えるコンテンツ(FAQ)を作成します。音声検索最適化では、ページ自体を音声用語に合わせて最適化しようとせず、これらのキーワードをコンテンツに埋め込むことが中心となります。通常どおりにページを最適化し、音声用語のように聞こえるクエリをできるだけ多くページに含めます。

ローカル情報の活用

音声検索の最適化、特に地元の顧客をターゲットとする企業にとってローカルSEOは不可欠です。ユーザーは近くのサービスやビジネスを探すことが多いため、多くの音声検索は本質的にローカルなものです。ローカル情報を活用するために、コンテンツをローカルSEOに最適化しましょう。

ローカル音声検索結果での WEBサイトの可視性を高めるには、オンラインディレクトリやレビューサイトのビジネス情報が正確かつ最新である必要があります。さらに、地域固有のキーワードを使用してコンテンツを最適化し、ローカルクエリの音声検索結果にWEBサイトが表示される可能性を高めます。

ユーザーの意図を分類

音声検索において、VSOに関連するユーザーの意図は、情報、ナビゲーション、トランザクションの3つの主なタイプに分類できます。ユーザーは自然な言葉で検索クエリを発声し、特定の情報を素早く取得することを期待しています。

  • 情報検索:ユーザーが情報や質問への回答を探している場合
  • ナビゲーション検索:特定のWEBサイトまたはWEBページを見つけることを目的とする場合
  • トランザクション検索:ユーザーが購入やサービスの予約などのアクションを完了しようとする場合

音声検索の最適化は、ユーザーの意図を正確に理解し、適切な情報を提供することに焦点を当てて行います。

強調スニペットの最適化

検索エンジンに対して情報をより効果的に伝えるために、強調スニペットを最適化します。強調スニペットは、Googleの検索エンジン結果ページ (SERP) の上部に表示される強調表示された検索結果です。

強調スニペットを最適化するには、構造化データ(Schema Markup)を使用し、WEBサイトのコンテンツに関する構造化データを検索エンジンに提供し、検索エンジンが情報を理解し、音声検索結果に表示できるようにします。これにより、コンテンツの重要な要素が正確に理解されやすくなります。スキーママークアップの使用に加えて、ヘッダーと箇条書きまたは番号付きリストを使用して、コンテンツが適切に構造化されていることも確認しましょう。

モバイル最適化

音声検索はモバイルデバイスで行われることが多いため、WEBサイトがモバイルフレンドリーであることを確認してください。レスポンシブなWEBサイトのデザインは、スムーズなユーザーエクスペリエンスにとって重要です。モバイルフレンドリーなデザインと高速な読み込み時間を確保し、モバイルユーザーに適したコンテンツを提供しましょう。

読み込み速度の向上

WEBサイトの読み込み速度は、音声検索の最適化にとって重要な要素です。音声検索デバイスは、ユーザーにできるだけ短い時間で回答を提供することを目的としているため、WEBサイトの読み込み速度を最適化して、音声検索結果にとって重要な情報に迅速にアクセスできるようにします。

WEBサイトがモバイルデバイスで迅速に読み込まれるようにするには、画像を最適化し、CSSおよびJavaScript ファイルを縮小し、WEBサイトの速度を低下させる可能性がある重いプラグインの使用を最小限に抑え、ブラウザーのキャッシュを利用します。WEBサイトの読み込み速度を向上させることで、音声検索ユーザーに優れたユーザーエクスペリエンスを提供し、音声検索結果にコンテンツが掲載される可能性を高めることができます。

この記事のまとめ

音声検索はインターネットとのやり取りの方法を再構築する極めて重要なテクノロジーとして台頭しています。音声起動デバイスや仮想アシスタントが日常生活に浸透し続けるにつれて、人々の情報検索方法は大きな変化を迎えています。

音声検索最適化はユーザーエクスペリエンスの向上、検索エンジンの変化への適応、そして競争の激化に対応するために重要な要素となっており、サイトが音声検索に対応していない場合、検索エンジンのランキングやユーザーの利便性に影響を与える可能性があるため、デジタルプレゼンスとユーザーエンゲージメントの最前線に居続けるには、WEBサイトを音声検索用に最適化する方法とその理由を理解する必要があります。

音声検索のためにオンラインプレゼンスを最適化することは、一度限りのことではありません。それは継続的なプロセスである必要があります。

WEBサイトを定期的に監査して最適化することで、変化する検索トレンドに適応し、取り組みを監視し、SERP での競争力を維持することができます。

関連する幅広い音声検索クエリに対して貴社のビジネスが表示される可能性を高めるために、当社のSEO、VSOを是非ご活用ください。

どのような手順を実行すればよいかわからない場合や戦略の構築と維持にサポートが必要な場合は、当社のSEOエキスパートがお手伝いいたしますので、今すぐお問い合わせください。

SEOについては、こちらのページで紹介しています。

関連記事:SEO/SEM

音声検索の最適化に関するFAQ

Q1.音声検索の最適化とは何ですか?

音声検索の最適化には、音声検索結果で上位にランクされるようにオンライン コンテンツを調整することが含まれ、音声アシスタントが情報を見つけて推奨しやすくなります。

Q2.音声検索の最適化はどの程度重要ですか?

WEBサイトを音声検索用に最適化すると、音声検索結果の可視性が向上し、より幅広いユーザーにリーチできるようになります。オンラインで情報を検索するために音声アシスタントを使用する人が増えており、音声検索の最適化が不可欠です。

Q3.音声検索の最適化に関するベストプラクティスは何ですか?

音声検索の最適化のベストプラクティスは、会話キーワードの使用、FAQページの作成、強調スニペットの最適化、ページの読み込み速度の向上、ローカルSEOの活用などになります。

Q4.音声検索はキーワード戦略にどのような影響を与えますか?

音声検索は、音声検索中に人々が自然に話す様子を反映したロングテールの会話型キーワードを優先することにより、キーワード戦略に影響を与えます。

Q5.企業は音声検索用に WEBサイトを最適化することでどのようなメリットを得られますか?

企業は、WEBサイトを音声検索用に最適化することで音声検索結果での可視性を向上させ、より幅広い視聴者にリーチし、音声検索ユーザーに、より良いユーザーエクスペリエンスを提供することで利益を得ることができます。

下記の記事も読まれています

検索順位を上げる方法 サイトマップの提供

SEO・MEO・Google Map SEO

検索順位を上げる方法-サイトマップの提供とは?

WEBサイトのメンテナンスチェックリスト

メンテナンス

WEBサイトのメンテナンスチェックリスト

無音(字幕)動画

動画マーケティング

無音動画を効果的に使用するための10の方法

KLEEにご相談ください。

KLEE WEB DESIGN TEAMまでお気軽にお問合せください。

フォームでのお問合せ

WEBサイト制作、WEBシステム開発、保守、
運用まですべてをお手伝いいたします。

お電話でのお問合せ

054-266-3663
日本全国どこでも対応いたします。

思い立ったら今すぐお問合せを!

お問合せはこちら
PAGE TOP