054-266-3663Contact Us

Tips

技術情報TECHNICAL INFORMATION

動画マーケティング

企業のための動画マーケティング8つの主要トレンド【2024】

Updated : 2024.1.31

14分で読めます

2023年、動画(ビデオ)マーケティングは驚くべき成長を遂げ、2024年もインターネットエンターテイメントの分野における動画の重要性は更に高まり続けると予想されるため、あらゆる規模のあらゆるビジネスのマーケティング活動に動画が不可欠になります。

包括的なマーケティング戦略における動画マーケティングの役割は益々大きくなっているため、まだ動画マーケティングを開始していない企業は、2024年こそ、この流れに参加する絶好のチャンスです。

動画作成方法や投稿メディアの変化だけでなく視聴方法にも変化の気配があり、視聴者のニーズや要望に応えるためには、動画マーケティングのトレンドに敏感に対応する必要があります。

2024年の動画マーケティングのトレンドは、技術の進歩や消費者の嗜好の変化によって変化する可能性がありますが、いくつかの予測されるトレンドがあります。この記事では、様々なトレンドから当社が厳選した、企業のための動画マーケティングのトレンドを紹介いたします。

企業のための動画マーケティング8つの主要トレンド【2024】

動画コンテンツ8つのトレンド2024

縦型動画

縦型動画は、特にスマートフォンやモバイルデバイスでの視聴を重視するユーザーに向けた動画マーケティング(ビデオマーケティング)にとって、重要なフォーマットとなっています。視聴者の行動パターンやプラットフォームのトレンドに合わせて縦型動画を活用することで、視聴者とのエンゲージメントを向上させることができます。

縦型動画

  1. モバイルフレンドリー

    縦型画面でタテ型動画を観ることは魅力的であり、自然な視聴体験を提供します。

  2. ソーシャルメディアでの視認性が高い

    モバイルファーストな視聴環境において、視聴者とのエンゲージメントを向上させます。

  3. ストーリーズやショートフォームコンテンツに最適

    短い動画コンテンツを提供するInstagramやTikTok、YouTubeショートなどのプラットフォームには縦型動画が適しています。

  4. 有意義なエンゲージメントを提供

    モバイルデバイスのカメラや位置情報を活用し、VRやARを活用した様々な製品のデモンストレーションが可能です。

縦型動画については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:縦型動画を効果的に使用するための7つの方法

無音(字幕)動画

無音動画は、音声に頼らず、情報を伝える必要がある場合や視覚情報を重視する必要がある場合に非常に有効な手段です。聴覚障害者向けのコンテンツ、視聴者が音声をオフにしている場合や音声が制限されている場面でも、情報やメッセージを効果的に伝えるのに役立ち、あらゆる動画コンテンツ戦略に価値を加えることができます。

無音(字幕)動画

  1. ユニバーサルアクセシビリティ

    視聴者の母国語に関係なく、字幕や翻訳に頼らずに視覚的な物語を理解し、鑑賞することができるため、国際的なコンテンツ制作に有用です。

  2. ソーシャルメディアの互換性

    無音動画は、ユーザーが音声をミュートにしてコンテンツをスクロールすることが多いソーシャルメディアプラットフォームに特に適しています。

  3. バックグラウンド再生

    視覚情報が主要な情報伝達手段となるため、視聴者が音声にアクセスできない状況でもコンテンツを理解しやすくなります。

  4. エンゲージメントの向上

    音声がないため、無音動画では視聴者に集中力が求められるため、情報の保持力が向上し、コンテンツとのつながりが強化されます。

  5. バイラル性の向上

    無音動画は、視覚情報を強調するため、感情や情報を視聴者により効果的に伝えることができるため、シェアや拡散が促進され、バイラルなコンテンツになる可能性があります。

  6. アクセシビリティの向上

    聴覚障害のある視聴者にも、音声に依存せずにコンテンツを理解できるため、アクセシビリティの向上につながります。

  7. 多用途性

    無音動画は、製品ビデオのデモンストレーション、教育チュートリアル、ソーシャルメディアマーケティング、芸術的表現など、様々な目的に使用可能です。

無音動画については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:無音動画を効果的に使用するための10の方法

短編動画

短編動画は、注意力の持続時間が限られている視聴者をターゲットにしている場合、または目的が迅速で簡潔なメッセージを伝えたい場合に非常に効果的です。Instagram ReelsやYouTube Shorts、TikTokなど、簡潔さが重視されるプラットフォームは、短編動画コンテンツを共有するのに最適です。

短編動画

  1. 高いエンゲージメント

    静止画像と比較して、ソーシャルメディア上の短編動画の投稿は、より多くの「いいね!」や「共有」、反応を集める傾向があります。短い尺の動画を使用してターゲット視聴者を引き付けることは、効果が期待できるデジタルマーケティング戦術です。

  2. すべての世代が視聴対象

    1分未満の短編動画はZ世代にとって、お気に入りのメディア形式であり、新しい情報を探すときに短い尺の動画を好みます。ただし、この傾向はZ世代に限ったことではなく他の世代もこのフォーマットを好みつつあります。

  3. 低コスト

    短い尺の動画は、1時間の動画に比べ、作成時間が大幅に軽減されます。静止画を使用した短いスライド動画も低コストで作成が可能です。

  4. スマートフォンでの視聴に最適

    短い形式の動画コンテンツは、その意図と用途により、モバイルデバイスにおいて適切にパフォーマンスを発揮します。隙間時間の視聴に短編動画は最適です。

  5. ソーシャルメディアに最適

    短編動画は、InstagramやYouTube、Facebook、TikTokなどのプラットフォームで非常に優れたパフォーマンスを発揮します。短い尺の動画は、長々とした説明や詳細なチュートリアルに重点を置かないプラットフォームに適しています。

  6. 広告効果が高い

    短編動画はコンバージョン率が高いため、多くのマーケティング担当者が注目しています。 製品を紹介する際に、綿密に計画された高品質のビデオを顧客に見せることは、ビジネスにとって有益です。

短編動画については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:短編動画を効果的に使用するための10の方法

視聴者体験型動画

視聴者体験型動画は、インタラクティブ性により非体験型の動画よりもエンゲージメントが高くなります。これは受動的な視聴者を能動的な視聴者に変える「体験」に起因すると考えられます。視聴者を動画に参加させることで、積極的に目的を持って視聴し、積極的に参加させることができる視聴者体験型動画コンテンツには多くのメリットがあります。

視聴者体験型動画

  1. 高いエンゲージメント

    インタラクティブな要素を取り入れたビデオは、視聴者がコンテンツに参加しやすくなります。視聴者がコンテンツに関与できるため、興味を引き、エンゲージメントを増加させます。

  2. 視聴者維持率が向上

    視聴者体験型動画は没入型で、視聴者をコンテンツに引き込むことができます。インタラクティブな動画コンテンツ制作を適切かつ効果的に実行すれば、魅力的なキャラクターとストーリー、そして意思決定に基づいた結果と成果を通じて、維持率の高い体験を持続させることができます。

  3. パーソナライズドな体験の提供

    視聴者体験型動画では、視聴者の選択や行動に応じて、異なるコンテンツやパスを提供することができます。これにより、視聴者が自分自身に合った体験を得ることができ、よりパーソナライズされた体験が可能になり、視聴者の選択肢が広がります。

  4. コンバージョン率の向上

    動画マーケティングでは視聴者に動画を見てもらうだけではなく、視聴者に消費行動を起こしてもらうことが目的です。視聴者体験型動画では、CTAを動画上に配置し、コンバージョンを高めるリンクを与えることができます。

  5. データ収集と洞察の向上

    視聴者体験型動画は、視聴者の選択やユーザー行動に関するデータを収集することができるため、より深い洞察を得ることができます。その貴重なデータから、より効果的なマーケティング戦略の構築を行います。

  6. マイクロラーニング

    視聴者体験型動画は、インタラクティブな要素やエンゲージングなアプローチを取り入れることが多く、視聴者が柔軟にアクセスでき、手軽に学習できるコンテンツ形式としてマイクロラーニングに適しています。

視聴者体験型動画については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:視聴者体験型動画を効果的に使用するための9の方法

ライブストリーミング

ライブストリーミング動画は、視聴者とのリアルタイムなコミュニケーションを可能にし、参加型のコンテンツを提供することで、エンゲージメントやブランドの認知度を高めるのに役立ちます。

ライブストリーミング

  1. リアルタイムで視聴者と交流

    ライブストリーミングはリアルタイムで視聴者との交流を可能にし、リアルタイムでのコメントやリアクションによる視聴者とのやり取りを促進します。

  2. 即時性と興味喚起

    ライブコンテンツはリアルタイムで提供されるため、視聴者の興味を引きやすく、緊張感や期待感を生み出します。リアルタイム接続、ライブチャット、Q&A セッションにより、ブランドに人間味を与え、視聴者はより会話に参加できるようになります。

  3. 相互作用とフィードバック

    視聴者がコメントや質問を投稿し、リアルタイムでコンテンツ制作者と対話ができることによって、視聴者の関与が増し、コミュニケーションの機会が拡大します。

  4. リーチの拡大

    ライブ動画は、YouTube、Facebook、Instagramなど、様々なプラットフォームで同時に配信できるため、視聴者層や視聴者数を増やすことが可能です。時間と費用を掛けて移動しなくても世界中の視聴者にリーチできるため、配信側も視聴者も時間と費用を節約できます。

  5. 信頼性と透明性

    ライブコンテンツは事前に用意された編集された動画とは異なり、リアルで素の状態を伝えることができるため、企業や個人ブランドが透明性を示し、信頼関係を築くのに役立ちます。

  6. コンバージョンの増加

    ユーザーがオンラインライブイベントに参加するとき、視聴者が既に製品やサービスを知っている場合が多く、配信者の解説や見解を聞くことに興味があるため、ライブストリーミング中またはイベント後に製品やサービスを申し込む可能性が高くなります。

  7. 長期的な価値

    ライブ動画コンテンツは、ライブ終了後もアーカイブとして残ります。ビデオクリップをソーシャルメディアや電子メール、WEBサイトなどで共有することにより、ライブ動画コンテンツの使用範囲が増え、ブログ、電子ブック、インフォグラフィック用の新しい素材を作成することもできるなど、長期的にコンテンツの再利用が可能です。

ライブストリーミングについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:ライブストリーミングを効果的に使用するための11つの方法

教育ハウツー動画

殆どの企業は、自社の製品やサービスと教育ハウツー動画とは何の関係も無いように思う場合が多いのですが、潜在的ユーザーに、ビジネスに関する一般的な質問に直接的または間接的に答えたり、ビジネスモデルをより効果的に説明したりするなど、自社の権威を高めるブランドや製品、サービス、ビジネスに関連することを伝える動画作成に投資することで、ブランド全体の信頼度を向上させる多大なメリットが得られます。

教育ハウツー動画

  1. 教育的価値の提供

    教育動画は、視聴者に特定のスキルや知識を教えるのに役立ちます。製品の使い方や技術的な手順、料理のレシピやテクニック、語学学習のヒントなど専門知識やスキルの習得やDIYプロジェクトの手順など、具体的なスキルを習得したい人々にとって価値のあるコンテンツです。

  2. 視聴者の問題解決を支援

    ハウツー動画は、視聴者が直面するさまざまな問題に対処するのに役立ちます。手順や具体的なガイダンスを提供することで、視聴者が自分の課題や疑問に対処できるよう問題解決を支援します。

  3. 視聴者エンゲージメントの促進

    視聴者は、自分の興味やニーズに関連する具体的な情報を提供するハウツー動画に興味を持ちます。視聴者がコンテンツに関心を持ちやすく、エンゲージメントが高まりやすいです。

  4. 信頼性と専門性の構築

    教育ハウツー動画は、知識や専門知識を共有する手段として、ブランドや個人の信頼性と専門性を構築するのに役立ちます。視聴者は、信頼できる情報提供者としてのイメージを持ちます。

  5. 検索エンジンでのランキング向上

    教育的なハウツー動画は、特定のキーワードに関連する情報を提供するため、検索エンジンでのランキング向上に寄与する可能性があります。視聴者が問題解決や学習を目的として検索する場合、教育動画は上位にランク付けされる可能性が高くなります。

教育ハウツー動画については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:教育ハウツー動画を効果的に使用するための10つの方法

持続可能性ナラティブ動画

持続可能性ナラティブ動画は、持続可能性に関するメッセージを伝えるための動画コンテンツです。持続可能性のナラティブ動画コンテンツは、視聴者に意識を喚起し、共感を生み出し、行動を促進する力を持っています。企業やブランドが持続可能性に関するメッセージを効果的に伝えることで、視聴者との関係を強化し、社会的な影響力を持つことができます。

持続可能性ナラティブ動画

  1. 社会的な意識喚起

    持続可能性に関する問題は、社会的に重要視されるようになっています。持続可能性ナラティブ動画は、環境、社会、経済の課題や解決策に焦点を当て、視聴者の意識を高めます。

  2. ブランド価値と信頼性の向上

    ブランドや企業が持続可能性に対して積極的に関与していることを示すことで、視聴者や顧客からの信頼を獲得し、ブランドの価値を向上させることができ、視聴者とのポジティブな関係を築くことができます。

  3. 共感と関与の向上

    持続可能性ナラティブ動画は、視聴者と感情的なつながりを築く手段となります。企業やブランドが持続可能性に関する情報や取り組みを動画で伝えることで、顧客との共感を生むことができます。

  4. 意思決定や行動を促進

    持続可能性ナラティブ動画は、視聴者に環境問題や社会的課題に関する新たな情報を提供し、教育することで、視聴者がより深く理解し、意識を高め、持続可能な選択をする動機が生まれます。

  5. ブランドの独自性を強調

    持続可能性ナラティブ動画は、ブランドがどのような価値観や信念を持っているかを視聴者に伝える重要な手段です。ブランドの独自性や企業文化を示し、視聴者に共感を呼び起こすことができます。

持続可能性ナラティブ動画については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:持続可能性ナラティブ動画を効果的に使用するための10つの方法

ユーザー生成コンテンツ動画

様々な動画コンテンツが求められる中、ユーザー作成コンテンツ動画がソーシャルメディアプラットフォームを独占しています。UGC動画を導入した場合、良いレビューによって視聴者がブランドに対して信頼感を持つ傾向があり、消費者が製品やサービスを信頼する唯一の理由になるため、多くの場合、エンゲージメントの増加につながることがあります。

ユーザー生成コンテンツ動画

  1. 信頼性と信頼性

    ユーザーが作成した動画コンテンツは、ブランドや製品に対する信頼性と真実性を高め、体現しているためとても強力です。消費者は他のユーザーや一般の人々が体験したことに関心を持ち、ブランドが生成したコンテンツよりも、UGC動画からの推奨事項やレビューを信頼します。

  2. ソーシャルメディアへのリーチ拡大

    ユーザー作成コンテンツ動画は視聴者の興味を引き、エンゲージメントを促進し、共有される可能性が高いため、ソーシャルメディア上でのリーチを大きく拡大させるのに効果的です。

  3. エンゲージメントの向上

    エンゲージメントはマーケティングにおける重要な指標です。ユーザーが作成した動画コンテンツは自然に視聴者を魅了し、従来の広告よりも長時間視聴者の関心を引きつけやすく、いいね!、コメント、シェアなどのエンゲージメントを高めます。他のユーザーとの対話やコミュニティの構築を促進し、ブランドと視聴者とのつながりを深めます。

  4. ブランド認知度の向上

    ユーザーが製品やブランドに関連する動画を作成し、それをソーシャルメディアやオンラインプラットフォームで共有することにより、ブランドの認知度が広がります。UGC動画は、新たな顧客やフォロワーを獲得する手段として機能します。

  5. コスト効率の向上

    ユーザーが動画コンテンツを提供することで、ブランドは動画制作のコストを節約できます。ユーザー作成コンテンツ動画は、プロフェッショナルな動画制作に比べて費用と時間が掛からず、低コストで費用対効果の高い多くのコンテンツが得られます。

  6. コンテンツの多様性とクリエイティビティ

    ユーザーが生成する動画コンテンツは、ブランドの製品やサービスに対する多様な視点やクリエイティブなアイデアを提供し、ブランドと視聴者との間により強いつながりを生み出す可能性があります。

  7. コンバージョン率の向上

    ユーザーが製品やサービスに関する肯定的な体験を共有することで、ソーシャルプルーフが提供されます。他のユーザーが実際に良い体験をしているという情報は、新規顧客にとって製品やサービスの価値を証明する要素となり、購買に結びつく可能性があります。

ユーザー生成コンテンツ動画については、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:ユーザー生成コンテンツ動画を効果的に使用するための10つの方法

この記事のまとめ

企業にとって動画マーケティングは非常に重要です。動画は視覚的であり、視聴者に情報を効果的に伝え、感情的なつながりを作り出すことができます。これにより、視聴者のエンゲージメントや関与度が向上し、ブランドとの結びつきが強化されます。

動画は複雑な情報や概念をわかりやすく伝えるのに有効で、製品のデモンストレーション、ストーリーテリング、説明動画など、様々な形式でブランドのメッセージを効果的に伝えることができます。

興味深い、面白い、または感情的に訴えるような動画は、ソーシャルメディア上で共有されやすく、バイラル効果をもたらすことがあります。これにより、広告のリーチが拡大し、新規顧客を獲得する機会が増えます。

現代のマーケットでは、多くの企業が動画マーケティングを積極的に活用しており、競争が激化しています。動画を活用することで、競合他社との差別化を図り、ブランドの認知度を高めると共に顧客との結びつきを強化し、競争力を維持するために動画コンテンツを活用しましょう。

下記の記事も読まれています

無音(字幕)動画

動画マーケティング

無音動画を効果的に使用するための10の方法

検索順位を上げる方法 更新と改善

SEO・MEO・Google Map SEO

検索順位を上げる方法-更新と改善とは?

検索順位を上げる方法 ページ速度の最適化

SEO・MEO・Google Map SEO

検索順位を上げる方法-ページ速度の最適化とは?

KLEEにご相談ください。

KLEE WEB DESIGN TEAMまでお気軽にお問合せください。

フォームでのお問合せ

WEBサイト制作、WEBシステム開発、保守、
運用まですべてをお手伝いいたします。

お電話でのお問合せ

054-266-3663
日本全国どこでも対応いたします。

思い立ったら今すぐお問合せを!

お問合せはこちら
PAGE TOP