054-266-3663Contact Us

Tips

技術情報TECHNICAL INFORMATION

メンテナンス

WEBサイトのメンテナンスチェックリスト

Updated : 2023.3.23

11分で読めます

WEBサイトのメンテナンスとは、WEBサイトの円滑な運用を維持し、そのパフォーマンスを向上させる重要な作業です。WEBサイトが安全で、最新の状態で、常に正しく機能することを保証するためにはWEBサイトのメンテナンスが不可欠です。メンテナンスには、コードの修正、WordPressなどのCMSとプラグインの更新、WEBサイトの速度とセキュリティの最適化、WEBサイトの互換性と最新ブラウザーとの互換性など、様々なタスクが含まれます。定期的なメンテナンスが、WEBサイトのパフォーマンスを改善し、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

WEBサイトのパフォーマンスを向上させるために、毎日、毎週、毎月、四半期および年単位で実行すべきメンテナンスのタスクがあります。WEBサイトのパフォーマンスを向上させるために、WEBサイトのメンテナンスチェックリストをご紹介します。

WEBサイトのメンテナンスチェックリスト

毎日、毎週、毎月、四半期、毎年のメンテナンスチェックリスト

日常のメンテナンス

WEBサイト毎日実施するメンテナンス

毎日実行する必要がある日常のメンテナンスタスクです。WordPressのWEBサイトでは、自動化できるプラグインがあります。メンテナンスタスクにあわせてプラグインを活用してください。

  • 稼働時間の確認

    常にWEBサイトにアクセスできるようにすることが重要です。応答しないWEBサイトは、ユーザーエクスペリエンスと検索エンジンの評価に悪影響を及ぼします。WordPressの場合は、稼働時間の監視を自動化するためのプラグインを使うことで管理が容易になります。

  • マルウェアチェック

    WordPressのWEBサイトの場合、マルウェアスキャンを行い、感染したファイルやマルウェアがないかを確認します。WordPressには、マルウェアスキャンが可能なセキュリティプラグインが多くありますので、プラグインでマルウエアチェックが可能です。

  • オフサイトバックアップ

    WEBサイトのバックアップはとても重要です。バックアップは、ホストされているサーバー以外の場所に保存する必要があります。WordPressには、自動でバックアップを行うプラグインが多数あり、バックアップの自動化が可能です。ホスティングサービスのバックアップオプションを利用する方法もあります。

毎週実施するメンテナンス

WEBサイト毎週実施するメンテナンス

毎週の定期的なメンテナンスのタスクは、WEBサイトの監視やアップデートが中心となり、WEBサイトが正常に機能しているかをチェックし、不具合を早期発見して改善する作業になります。

  • メトリクスの分析

    訪問者数、到達経路および成約効果の高いコンテンツの追跡など、ターゲットユーザーに合わせて最適化するために必要なすべてのデータを分析し、不具合を特定して早急に改善します。

  • 壊れたリンクの修正

    すべてのページがエラーなしで読み込まれることを確認します。WEBサイト上の壊れたリンクを見つけるには、WEBサイト クローラーや壊れたリンクを探すチェッカーツールを使用します。

  • オフサイトバックアップ

    バックアップを実行し、オフサイトに以前のバージョンのWEBサイトデータが保存されていることを確認してください。

  • アップデート

    WEBサイトのソフトウェアとプラグインを更新します。常に最新の状態にアップデートすることはWEBサイトが正しく機能するための重要なタスクです。アップデート作業には、セキュリティの不具合修正やコアソフトウェア、プラグイン、テーマの更新が含まれます。アップデートを定期的に実行することで、WEBサイトを安全に保つとともに、機能の更新を簡素化できます。

  • フォームの動作チェック

    すべてのフォームが正しく機能しているかを確認します。

  • スパムコメントの削除

    ページや投稿からスパムコメントを削除します。

  • 404エラーの修正

    404エラーを検索し、新しいページまたはWEBサイト上の他の関連ページへリダイレクトを設定します。

毎月実施するメンテナンス

WEBサイト毎月実施するメンテナンス

毎週のメンテナンスはWEBサイトを強化するのに役立ち、毎月のメンテナンスは将来の計画を立てることができます。毎月の定期的なメンテナンスにより、WEBサイト全体を見ることができ、ユーザーエンゲージメントを分析し、改善が必要な領域を特定することが可能です。

  • パフォーマンスの分析

    WEBサイトのパフォーマンスを分析します。Google Analytics 4などの分析ツールを使用し、トラフィックや直帰率、コンバージョン率、目標、訪問者のエンゲージメントなどのメトリクスを毎月定期的に分析および監視することで問題を特定する必要があります。

  • 読み込み速度の確認

    WEBサイトの読み込み速度をチェックします。WEBサイトの読み込みに3秒以上掛かる場合は直帰する傾向があり、WEBサイトのパフォーマンスの低下とともに収益の減少につながります。Google PageSpeed Insightsなどのツールを使用して、WEBサイトの速度を確認し、読み込みに時間が掛かりすぎるページを修正します。

  • キーワードの最適化

    重要なメンテナンスタスクの1つがキーワードの最適化です。関連するキーワードは、時間の経過とともに変化する可能性があります。キーワードの関連性を定期的にチェックし、キーワードを最適化します。

  • WEBサイト統計の分析

    最も人気のあるコンテンツ、最も人気のないコンテンツ、訪問者はどこから来ているか、最適なコンバージョンソースは何かなどを把握し、コンテンツを調整します。

  • 過去のブログの更新

    ブログをチェックし、更新できる記事がないか確認します。同時に不要な古い記事を削除します。

  • 人気のあるコンテンツを作成

    統計分析から人気のあるコンテンツを把握し、新しいコンテンツを作成します。関連するコンテンツを定期的に公開することで、WEBサイトが関連する検索結果に表示される可能性が高まります。

四半期ごと実施するメンテナンス

WEBサイト四半期ごと実施するメンテナンス

四半期ごとのメンテナンスはWEBサイト全体に重点をおき、構造の評価、コンテンツの更新、およびトラブルシューティングにより、WEBサイトが様々なデバイスやチャネルで同じユーザーエクスペリエンスを提供できるようにします。バックアップデータテストでWEBサイトの安全性を確保するとともに、作業を自動化して時間とリソースの合理化を進めます。

  • WEBサイト全体の監査

    WEBサイト全体の監査を実施し、何を改善すべきかを把握する必要があります。すべてのブラウザーで互換性があるかのテスト、すべての機能が正常に動作しているかの確認、自動メッセージが時間どおりに送信されているかなど、ユーザーエクスペリエンスの低下がないか、WEBサイト全体を徹底的にチェックします。

    デザインとコンテンツもチェックします。画像やテキストの更新と、ブログ、情報ページ、FAQ、説明などコンテンツやSNSリンクなど、完全なサイト監査により、不具合を特定して修正し、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

  • SEOとメタタイトルの見直し

    メタタイトルとメタディスクリプションのタグを確認し、調整します。

  • フォームの送信テスト

    フォームと自動メッセージをテストおよび更新して、送信プロセス全体を見直して、ユーザー情報が侵害されていないことを確認します。CRMおよび電子メールマーケティングシステムと自動的に統合されるようにし、コンバージョン率を向上させます。 フォームの機能をチェックし、すべてが正常に動作しているかどうかを確認します。

  • パスワードを変更

    サイトへの不正アクセスを防ぐために強力なパスワードに変更します。パスワードを四半期ごとに変更することで、ハッカーによるパスワードの解読を困難にさせ、不正アクセスの防御策になります。

  • バックアップデータの検証

    最新のバックアップデータを別のWEBサーバーで復元し、バックアップデータの状態を確認します。

  • 自動化の改善

    定期的に実行する必要があるタスクが自動化可能かを確認します。

毎年実施するメンテナンス

WEBサイト毎年実施するメンテナンス

年1回のメンテナンスはWEBサイトのデザインやコンテンツと機能が長期的な目標に沿っていることを確認し、認証やドメイン更新などのWEBサイトの管理面を最新の状態に更新します。ビジネスへのトラフィックを増やすために新鮮なコンテンツが必要かどうか、過去のブログを検証するなど、WEBサイト戦略を再確認して目標に合わせて調整していきます。

  • ユーザーテストの実施

    顧客ニーズの変化に合わせて、すべてのデバイスとブラウザーでWEBサイトが直感的に理解される必要があります。日々、新しいデバイスが市場に投入されているため、様々なデバイスでWEBサイトが正しく機能しているか、定期的にテストすることが理想的です。

  • ヘッダーとフッターの情報更新

    WEBサイトのヘッダーとフッターに記載されている営業時間や著作権の日付など、すべての情報が最新であることを確認し、情報を更新します。

  • ドメインとホスティングの更新

    ドメインとホスティングが更新されていることを確認し、期限切れにならないよう契約期間を再確認します。

  • コンテンツの監査

    WEBサイトで訪問者を引き付けるために、ビジネスに関連性のある魅力的なコンテンツを多く公開することが重要です。更新されたコンテンツは、検索エンジンのランキング向上に役立ちます。

    コンテンツの監査を行うことで、高いコンバージョンをもたらすコンテンツや、顧客の注意を引くことが出来なかったコンテンツを特定することができます。コンテンツ監査で得られた情報は、コンテンツ戦略の強化にとても役立ちます。

    各ページのコンテンツの正確性、文法、タイプミス、関連性も合わせて確認します。

  • WEBサイトデザイン更新の検討

    顧客ニーズの変化やビジネス商材の変化、インターネット環境の変化などによるパフォーマンスの低下が、定期的なメンテナンスによって最新の状態を保てなくなってきている場合は、WEBサイトデザインの更新や機能追加、システム変更を検討し、サイトリニューアルを検討する必要があります。

定期的なメンテナンスの重要性

WEBサイトの定期的なメンテナンスは、WEBサイト運営を円滑にする様々なタスクで構成されています。定期的にメンテナンスすることで、ハッカーの脅威からWEBサイトを守り、ユーザーエクスペリエンスを向上させることで、より多くのコンバージョンを促進し、売上を向上させることが可能になります。

WEBサイトのパフォーマンス改善や定期的なメンテナンスについてサポートが必要な場合は、お気軽にお問合せください。

「WEBサイトのメンテナンスはなぜ重要?」を詳しく見る

「優先すべき4つのWEBサイトメンテナンスとは?」を詳しく見る

「WordPress WEBサイトのメンテナンスチェックリスト」を詳しく見る

運営サポートに関する情報はこちら お問合せ、お見積もりはこちら

下記の記事も読まれています

優先すべき4つのWEBサイトメンテナンスとは?

メンテナンス

優先すべき4つのWEBサイトメンテナンスとは?

企業が活用できる!オンライン広告のヒントとテクニック18選

デジタルマーケティング

企業が活用できる!オンライン広告のヒントとテクニック18選

SERP(検索エンジン結果ページ)で上位表示させるための8つのポイント

SERP

SERPで上位表示させるための8つのポイント

KLEEにご相談ください。

KLEE WEB DESIGN TEAMまでお気軽にお問合せください。

フォームでのお問合せ

WEBサイト制作、WEBシステム開発、保守、
運用まですべてをお手伝いいたします。

お電話でのお問合せ

054-266-3663
日本全国どこでも対応いたします。

思い立ったら今すぐお問合せを!

お問合せはこちら
PAGE TOP