Tips

技術情報TECHNICAL INFORMATION

動画マーケティング

教育ハウツー動画を効果的に使用するための10の方法

Updated : 2024.1.27

13分で読めます

教育ハウツー動画(教育動画、ハウツー動画)によるマーケティングは、膨大な視聴者にリーチし、それを効果的に行うための1つの方法です。これは、視聴者にブランドや製品、サービスに関係する情報や関連する知識を教える優れた方法であるだけでなく、付加価値も与えることができます。

教育ビデオは単なるマーケティングキャンペーンと異なり、WEB上で長く保存され、動画の品質によっては長期間に及び再生され続けるため、ブランド認知度を向上させ、高める間接的な効果があります。

この記事では、動画マーケティングにおける教育ハウツー動画を効率的に使用する方法を紹介いたします。

教育ハウツー動画

動画マーケティングにおける教育ハウツー動画の効果的な使用方法

教育ハウツー動画とは?

教育ハウツー動画は、特定の主題やトピックについて視聴者に教えることを目的とした動画です。学習動画、研修動画、説明動画、ハウツー動画、トレーニング動画、チュートリアル動画などはすべて「教育」タイプの動画で、一般的にスキルやスキルセットを教えることに重点を置いています。

これらの動画はWEB上のあらゆる場所にあり、人気が高いため、教育動画マーケティングとして強力なツールとなっています。教育動画は、マーケティングキャンペーンを補うためにも使用でき、幅広いトピックやテーマをカバーできます。

教育ハウツー動画の特徴

教育ハウツー動画は、製品やサービスの使用方法や特定のスキルを教えるために作られた動画コンテンツで、視聴者に対して具体的な情報を提供し、理解しやすく伝えることが重要です。

  1. ブランド権威の確立と向上

    教育ハウツー動画の内容は、あなたがその業界でどれだけの知識と専門知識を持っているかを反映しています。価値のある有益なコンテンツを継続的に公開できれば、自動的に業界内での信頼を築き、視聴者の間で信頼を築くことができます。

  2. 簡素化された複雑なトピック

    動画は、たとえ異なるテーマを扱っている場合でも、メッセージを伝えるのに静止画像に比べ何倍も効果的です。インターネットユーザーは動画視聴で情報の80%を保持しますが、テキストを読むことで保持できるのは10%程度です。教育動画は、複雑なプロセスや戦略を明確にする優れた方法です。

  3. 理解度と学習効果の向上

    デモンストレーションは理解度を向上させ、学習効果を高めます。実例や実際のデモンストレーションを通じて、理論だけでなく実践的なスキルも習得できるようにします。人は新しいことを学ぶのが好きです。学習者を上手く楽しませることができれば、彼らはもっと求めて戻ってくるようになり、その結果、売上とブランド構築のチャンスが向上します。

教育ハウツー動画の種類

教育ハウツー動画のジャンルは、講義(レクチャー)、スクリーンキャスト、マイクロ、説明、シナリオ/シミュレーション、ハウツーの 6 つのカテゴリーに分類できます。

  1. 講義(レクチャー)

    講義(レクチャー)動画は、学習者が都合の良いときに復習できるように、レッスンの内容を明確に伝えます。

    講義動画では、画面上に講師や専門家が登場し、視覚的な解説図(スライド)などを用いて内容をナレーションする、シンプルな学習用動画として最も一般的な動画です。講義動画はライブ録画であることが多く、編集されることはほとんどありませんが、、この形式の最良の構成では、講師とスライドの全画面画像の間でスムーズな編集が行われます。このタイプの動画は通常、講義やプレゼンテーション全体をカバーするため、30分から90 分程度の長い動画になります。

  2. スクリーンキャスト

    スクリーンキャストとは、コンピュータ画面のデジタルビデオ録画で、通常は音声ナレーションが含まれ、ソフトウェアの使用方法の解説に使用します。

    スクリーンキャスト動画は、コンピューター画面を使用して何かを行う方法やデモンストレーションを視聴者に見せるように設計されています。新しいソフトウェアの使用方法を開発メーカーが公式に制作するものから、非公式で制作されるもの、アニメーションを使用したわかりやすさを向上させた制作価値の高い説明スタイルの動画まで多岐にわたります。

  3. マイクロ

    マイクロ動画は、1 分以下の短いビデオで、コンセプトを伝え、製品をデモンストレーションし、ソフト又はハードのスキルをトレーニングすることで視聴者のモチベーションを高め、ベストプラクティスやコンプライアンス情報を伝達します。今日の社会では集中力が持続する時間が非常に短いため、これらの動画は誰かに最後まで見てもらうのに最適な時間です。

    マイクロ動画の基本的な流れは、「フック、準備、メッセージ、レビュー、次」です。「フック」は学習者の注意を引き、「準備」では動画が学習者の事前知識を利用して、新しい概念の学習を可能にします。「メッセージ」は通常、物語の説明又は視覚的な描写としてコンテンツが配信される場所です。「レビュー」は前の 3 つの部分の要約として機能し、最後の「次」で学習者に今後の内容を示します。

  4. 説明

    説明動画は、学習者なサポートを使用してトピックを説明し、概念を導入し、ソリューションを定義し、ストーリーを伝えます。

    通常、説明動画では図形や文字を使用してアニメーション化されます。ストーリーテリングはマイクロ動画と同様、このタイプの動画はマーケティングや広告で使用され、通常、「伝える→見せる→伝える」のデモンストレーション方法で構成されます。最初に問題を伝え、次に企業の製品やサービスを見せ、最後に、その解決策を伝えます。

  5. シナリオ/シミュレーション

    シナリオ/シミュレーション動画は、ソフトスキル研修(コールセンター、販売スキル、顧客サービス)、ハードスキル研修(製品製造、施工実務、会計業務、ソフトウェア習熟)に使用されます。

    シナリオ動画は、役割を演じて正しい行動を実証するものです。適切な動作をモデル化することだけを動画にし、不適切な行動は動画にしません。教えたい行動をモデル化し、その理由を解説します。

    シミュレーション動画は、職場で役割を演じ、学習者は動画を操作して適切な選択を行います。シナリオは学習者に示すべき指示で、シミュレーションは学習者がシナリオの知識を理解したかどうかを評価する方法です。

  6. ハウツー

    ハウツー動画は、ほぼあらゆるものの作り方、実行方法、扱い方を動画で教えます。

    ハウツー動画は非常に人気があり、具体的な実行方法を示すステップバイステップの説明が含まれます。これらのビデオの威力は、行動モデリングの使用にあり、タスクを完了する方法を目で見て聞くことができるので、自分でそれを実行できるようになります。

教育ハウツー動画のメリット

教育ハウツー動画は、あなたのブランドを間接的にアピールしながら、視聴者とのつながりを深める素晴らしい方法です。殆どの企業は、自社の製品やサービスと教育ハウツー動画とは何の関係も無いように思う場合が多いのですが、潜在的ユーザーに、ビジネスに関する一般的な質問に直接的または間接的に答えたり、ビジネスモデルをより効果的に説明したりするなど、自社の権威を高めるブランドや製品、サービス、ビジネスに関連することを伝える動画作成に投資することで、ブランド全体の信頼度を向上させる多大なメリットが得られます。

  1. 教育的価値の提供

    教育動画は、視聴者に特定のスキルや知識を教えるのに役立ちます。製品の使い方や技術的な手順、料理のレシピやテクニック、語学学習のヒントなど専門知識やスキルの習得やDIYプロジェクトの手順など、具体的なスキルを習得したい人々にとって価値のあるコンテンツです。

  2. 視聴者の問題解決を支援

    ハウツー動画は、視聴者が直面するさまざまな問題に対処するのに役立ちます。手順や具体的なガイダンスを提供することで、視聴者が自分の課題や疑問に対処できるよう問題解決を支援します。

    例えば、様々な修理や改修、健康問題への対処、学習上の問題へのアプローチ、業界トレンド、新技術の活用方法、特定の製品の利用方法など、専門家や業界の専門家が提供するアドバイスやインサイトを通じて、視聴者の疑問や課題に対する専門的な見解を提供します。

  3. 視聴者エンゲージメントの促進

    視聴者は、自分の興味やニーズに関連する具体的な情報を提供するハウツー動画に興味を持ちます。視聴者がコンテンツに関心を持ちやすく、エンゲージメントが高まりやすいです。

    エンゲージメントを促進するためには、質の高いコンテンツを提供することが重要です。的確な情報や実用的なアドバイス、視聴者のニーズに合った内容、視聴者がアクションを起こしやすいように、質問を投げかけたり、コメントやフィードバックを募ったりするなど、視聴者との対話を促進する要素を組み込むなど、具体的な手法や要素を活用することが効果的です。

  4. 信頼性と専門性の構築

    教育ハウツー動画は、知識や専門知識を共有する手段として、ブランドや個人の信頼性と専門性を構築するのに役立ちます。視聴者は、信頼できる情報提供者としてのイメージを持ちます。

    事実に基づいた内容や信頼できるソースからの情報を使用し、視聴者が信頼できる情報源として認識するよう努めます。コメントや質問への返信、視聴者からのフィードバックへの対応など、積極的に視聴者とコミュニケーションをとることで信頼関係を築きます。

  5. 検索エンジンでのランキング向上

    教育的なハウツー動画は、特定のキーワードに関連する情報を提供するため、検索エンジンでのランキング向上に寄与する可能性があります。視聴者が問題解決や学習を目的として検索する場合、教育動画は上位にランク付けされる可能性が高くなります。

    また、質の高い教育動画は、他のWEBサイトやプラットフォームからのバックリンクを獲得しやすく、他のサイトやソーシャルメディアで共有され、参照されることで、動画の権威性が向上し、検索エンジンでのランキングにプラスの影響を与える可能性があります。

教育ハウツー動画に最適なテーマ

教育ハウツー動画は、DIYチュートリアルから専門能力開発コースまで、様々な目的に使用でき、簡単な画面録画から高予算の制作まで、様々な制作テクニックを使用して作成できます。

  1. 教育

    教育動画は、特定のタスクを実行する方法、またはプロジェクトを完了する方法について段階的に説明する動画です。優れた教育動画は、ステップバイステップの説明とデモンストレーションを備え、明確かつ簡潔で、視覚的に魅力的である必要があります。

  2. ハウツー

    ハウツー動画は、チュートリアル動画又は説明動画とも呼ばれ、リード、ユーザー、または顧客にコンセプトやスキルを教えます。ハウツーは、複雑な情報を段階的に教えたい場合に最も効果的です。

  3. 研修/トレーニング

    研修/トレーニング動画は、従業員や顧客に何かを行う方法を習得するために使用される動画の一種で、製品の使用方法、タスクの実行方法、またはプロセスの実行方法を教えるために使用できます。この動画は、学校、企業、官公庁、職場など様々なシーンで利用できます。

    職場で使用される研修/トレーニング動画には、カスタマーサービス研修、安全教育、リーダーシップ研修、営業研修、サイバーセキュリティ研修、ハラスメント研修、コンプライアンス研修等の種類があります。

  4. 解説

    解説動画は、会社、製品、サービスを説明するために使用される短い動画です。これらの動画の長さは通常 2 分未満で、1 つの重要なメッセージに焦点を当て、シンプルな言語とビジュアルを使用して複雑な概念を説明します。

    解説動画では、視聴者を惹きつけ、製品やサービスが解決する問題を理解するのに役立つストーリーを伝える必要があります。更に、視聴者のニーズと製品やサービスが視聴者にどのように役立つかに重点を置く必要があります。

  5. デモンストレーション

    デモンストレーション動画は、製品やサービスがどのように機能するかを示す短いビデオで、製品やサービスを短く簡潔に紹介する優れた方法です。これらは、製品の機能と製品がどのようなメリットをもたらすかについて潜在顧客を教育するために使用したり、単に製品の機能を魅力的な方法で紹介したりするために使用できます。

    更に、デモ動画は優れたマーケティングツールとなり、興奮を生み出し、製品やサービスへの関心を高めるのに役立ちます。

  6. 販売/セールス

    販売/セールス動画は、セールスプロセスを支援することを目的として、営業担当者から見込み顧客又は新規顧客に送信される動画で、信頼を構築すること、質問を明確にすること、またはつながりを築くことを目的としています。

    販売動画では、製品やサービスを明確かつ簡潔な方法で紹介し、製品の機能と利点を強調します。製品やサービスが顧客の問題をどのように解決できるかに必ず焦点を当てます。

  7. スライドプレゼンテーション

    スライドプレゼンテーション動画は人気があり、作成が簡単な動画の 1 つで、通常、長い動画形式のため、作成に時間が掛かるだけでなく、視聴者の注意もより多く必要になります。但し、各スライドを慎重にデザインすることに多大な労力を費やせば、とても魅力的な動画になる可能性があります。

教育ハウツー動画を効果的に使用するための10の方法

教育ハウツー動画は、視聴者に対して特定の知識、スキル、または情報を提供することを目的としています。教育ハウツー動画における視聴者エンゲージメントを促進するために、次のような具体的な手法や要素を活用することが効果的です。

  1. 質の高いコンテンツの提供

    エンゲージメントを促進するためには、質の高いコンテンツを提供することが重要です。作成しているマーケティングコンテンツの種類に関係なく、動画の品質と信頼性に注意を払う必要があります。的確な情報や実用的なアドバイス、視聴者のニーズに合った内容を提供しましょう。

  2. 手順や手法の示唆

    教育ハウツー動画では、複雑な内容でも分かりやすく説明することが重要です。図やグラフ、アニメーションなどの視覚的手法を活用して、理解しやすく、興味を引くコンテンツを制作します。製品の使い方や特定のスキルの習得、プロジェクトの進行方法など、具体的な手順や手法を視聴者に示唆します。

  3. 役立つコンテンツ

    視聴者を引き付ける教育ハウツー動画の作成には、視聴者のことをよく知っている必要があります。視聴者の問題点を理解して、視聴者がアクションを起こしやすいように、質問を投げかけたり、コメントやフィードバックを募ったりするなど、視聴者との対話を促進する要素を組み込みます。視聴者が関与するだけでなく、知人と情報共有できる関連性の高いコンテンツを作成します。

  4. 問題の特定と解決策の提供

    視聴者が直面している具体的な問題を特定し、それに対する解決策や対処方法を提供します。例えば、家庭での様々な修理や改修、健康問題への対処、学習上の問題へのアプローチなどがこれに該当します。

  5. 専門知識や情報の提供

    特定の分野や業界に関連する専門知識や情報を提供します。専門家や業界の権威が提供するアドバイスやインサイトを通じて、業界トレンド、新技術の活用方法、特定の製品の利用方法など特定の知識が必要な分野での視聴者の疑問や課題に対する専門的な見解を提供します。

  6. エンゲージングなスタイル

    よりエンゲージングなスタイルで制作することで、視聴者の興味を引きます。例えば、ストーリーテリングやアニメーション、演出などの工夫を取り入れましょう。

  7. 技術やソフトウェアの指導

    特定の技術やソフトウェアの使い方に関する指導を提供します。例えば、ビデオ編集ソフトの使い方、デジタルツールの活用方法、オンラインサービスの利用方法などがこれに該当します。

  8. ブランディングの強化

    教育ハウツー動画をブランドと結び付けるには、動画の上部にロゴを追加したり、動画の最初と最後にアニメーションロゴを含むことで、動画を信頼できる情報源や関連ソリューションの情報源として、ポジティブな印象を与えることができ、ブランディング強化として機能します。

  9. CTAの導入

    CTA(Call to Action)は、教育ハウツー動画でも非常に重要です。CTAは視聴者に対して具体的な行動を促す要素であり、適切に使用されると、学習者を次のステップに導くことができます。

    例えば、動画の中で「もっと詳しく知りたい方は、以下のリンクから追加の資料をダウンロードしてください」といったCTAを組み込むことができます。これにより、興味を持った視聴者が深く学習するための資料にアクセスできます。次のステップを示唆するCTAを設けることで視聴者に、購読、シェア、詳細情報の閲覧などの行動を促します。

  10. インタラクティブな要素の追加

    インタラクティブな要素を教育ハウツー動画に追加することは、視聴者のエンゲージメントを向上させ、学習体験をより効果的にする一つの方法です。クイズ、投票、質問への回答などのインタラクティブな要素を組み込むことで、視聴者の参加を促進します。

    但し、全てのコンテンツに対してインタラクティブな要素を追加する必要はなく、コンテンツの性質や目的によっては、シンプルな説明動画の方が適している場合もあります。視聴者のニーズや学習スタイルに合わせて、適切なバランスを見つけることが重要です。

この記事のまとめ

教育動画マーケティングは、膨大な視聴者にリーチし、それを効果的に行うための効果的な方法です。これは、視聴者に自分のビジネスや自分に密接に関係する事柄について知らせる優れた方法であるだけでなく、付加価値も与えます。何かを積極的に売ろうとする単なるマーケティングキャンペーンは時間が経てば古くなってしまいますが、教育ハウツー動画はWEB上で長く保存され、動画の品質によっては、繰り返し再生可能になります。

また、教育ハウツー動画は検索エンジンでの検索結果にも影響を与え、関連するキーワードでの検索で上位に表示されやすくなります。これにより、WEBサイトへのトラフィックが増加する可能性があるだけでなく、ソーシャルメディア上で共有されやすいため、拡散されることがあります。これにより、ブランドの知名度が向上し、新しい視聴者を引き寄せることができます。

教育的な動画は、他の種類の動画と同様、非常に高い ROI を伴う投資です。質の高いものに投資すれば、高いリターンが得られますが、安価に済ませてしまうと、実際の結果が得られないだけでなく、投資に対する利益も得られません。高く投資して高い成果を上げる動画制作が必要です。

動画マーケティングについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:企業のための動画マーケティング8つの主要トレンド【2024】

下記の記事も読まれています

検索順位を上げる方法 モバイル最適化

SEO・SEM

検索順位を上げる方法-モバイル最適化とは?

検索順位を上げる方法 質の高いコンテンツの提供

SEO・SEM

検索順位を上げる方法-質の高いコンテンツの提供とは?

検索順位を上げる方法 権威性と信頼性の構築

SEO・SEM

検索順位を上げる方法-権威性と信頼性の構築とは?

KLEEにご相談ください。

KLEE WEB DESIGN TEAMまでお気軽にお問合せください。

フォームでのお問合せ

WEBサイト制作、WEBシステム開発、保守、
運用まですべてをお手伝いいたします。

お電話でのお問合せ

054-266-3663
日本全国どこでも対応いたします。

思い立ったら今すぐお問合せを!

お問合せはこちら
PAGE TOP