Tips

技術情報TECHNICAL INFORMATION

動画マーケティング

ライブストリーミングを効果的に使用するための11の方法

Updated : 2024.1.26

12分で読めます

ライブイベントのオンラインストリーミングは、専門家が対面イベント、サービスプロモーション、ライブ実況、オンラインクラス、野生動物の生態、天気、交通情報、礼拝などを共有できるため、様々な状況において効果的であり、影響力があります。ライブストリーミングが多種多様なビジネスに適している理由は数多くあります。

企業はライブブロードキャストを使用して、顧客やコミュニティパートナーとの直接コミュニケーションを強化し、拡大化することもできます。イベントをライブストリーミングすると、世界中のより多くの人々と連絡を取り、交流することができます。ライブストリーミングの最大の利点の 1 つは、世界中のより幅広い視聴者とつながることができることです。

この記事では、動画マーケティングにおけるライブストリーミングを効率的に使用する方法を紹介いたします。

ライブストリーミング

動画マーケティングにおけるライブストリーミングの効果的な使用方法

ライブストリーミングとは?

ライブ ストリーミングとは、リアルタイムの出来事の音声とビデオをインターネット経由でモバイル視聴者に提供する放送手法です。ライブ ストリーミングは物理的な場所の障壁にもかかわらず、企業や組織が視聴者とより深いレベルでつながるのに役立つため、プロフェッショナルの世界ではますます人気が高まっています。イベントへのアクセスが増加しているため、ライブ ストリーミングの人気が高まり続けています。

InstagramやFacebookなどのソーシャルメディアプラットフォームでもそれが可能ですが、それらは主に友人や家族とつながるために使用されます。YouTubeアプリは、モバイル経由でライブビデオをストリーミングするための優れたプラットフォームです。

ライブストリーミングを収益化したい場合は、ライブイベントを主催するためのビジネス向けのライブストリーミングサービスを使用することで、多くの機能やライブビデオコンテンツの共有に高品質なストリーミングビデオを提供することができます。

ライブストリーミングの特徴

ライブストリーミングは、視聴者とコンテンツ制作者の間でリアルなやり取りを可能にし、コミュニケーションと参加を促進する強力なツールです。この形式は、オンラインコミュニティを結びつけることや、リアルタイムでのイベントや情報の伝達に非常に有効なため、動画マーケティング戦略の一部として、視聴者との深い関与やブランドの強化に寄与することが期待されます。

  1. リアルタイムの相互作用

    ライブストリーミングは、イベントやコンテンツがリアルタイムでオンライン上で配信されることを特徴としており、視聴者との直接の相互作用が可能です。コメントや質問に即座に応答でき、視聴者の意見やフィードバックを受け取りながら進行することができます。

  2. イベント感と緊張感

    ライブストリーミングは、コンサート、スポーツイベント、ニュース、企業のプレゼンテーションなどのリアルタイムのイベントは、瞬間的な出来事が生まれやすいため、視聴者は特別感や緊張感を感じ、イベントに参加しているかのような体験を得ることができます。

  3. インタラクティブ性とリアルタイムのフィードバック

    視聴者はライブストリーミング中にコメントやリアクションを投稿し、コンテンツ制作者とリアルタイムでやり取りすることができるため、リアルタイムでコンテンツを調整できます。視聴者の反応に基づいて内容や進行を柔軟に変更することができ、よりインタラクティブ性が高まります。

  4. 限定的な価値の共有

    ライブイベントは、限られた時間にしか提供されないため、一度きりの機会や期間限定の情報など視聴者にとって特別な価値を共有することができます。

  5. 多様なコンテンツ

    ライブストリーミングは、イベント、ゲーム実況、トークショー、コンサート、トレーニング、セミナーなど、様々な種類のコンテンツで利用されます。

  6. ソーシャルメディアでの配信

    ライブストリーミングはYouTube Live、Facebook Live、Instagram Liveなどのソーシャルメディアプラットフォームや専用のライブ配信プラットフォームを利用して、配信されます。ソーシャルメディアでは、ライブ中に視聴者がコメントやいいねを投稿することで、他のユーザーもそのイベントに参加したいと感じ、シェアする可能性が高まります。

  7. リアルな人間性と信頼性

    ライブストリーミングでは、パーソナリティやキーパーソンの実際の人間性が強調され、信頼性が向上します。企業や個人がライブで直接コミュニケーションをとることで、視聴者はより強いつながりを感じることができます。

ライブストリーミングのメリット

ライブストリーミング動画は、視聴者とのリアルタイムなコミュニケーションを可能にし、参加型のコンテンツを提供することで、エンゲージメントやブランドの認知度を高めるのに役立ちます。

動画マーケティングにおいて、モバイルでのライブストリーミングには多くのメリットがあります。対面イベントをリモート参加できるようにすることは、ビジネスや組織の範囲を広げる優れた方法です。イベントへの可用性とアクセスの増加は、ライブストリーミングの重要性が高まり続けている理由の1つです。

  1. リアルタイムで視聴者と交流

    ライブストリーミングはリアルタイムで視聴者との交流を可能にし、リアルタイムでのコメントやリアクションによる視聴者とのやり取りを促進します。ストリーミングソリューションを使用すると、ブランドに興味がある人とどこにいても簡単に連絡を取り合うことができます。

    また、一部のソーシャルメディア検索アルゴリズムは、他の種類のコンテンツよりもライブ動画を優先します。恐らくそれは、ユーザーがライブストリームをオンデマンドビデオよりも長く視聴しているためと思われます。

  2. 即時性と興味喚起

    ブランドのフォロワーはライブストリーミングの信頼性を好みます。ライブコンテンツはリアルタイムで提供されるため、視聴者の興味を引きやすく、緊張感や期待感を生み出します。リアルタイム接続、ライブチャット、Q&A セッションにより、ブランドに人間味を与え、視聴者はより会話に参加できるようになります。

  3. 相互作用とフィードバック

    視聴者がコメントや質問を投稿し、リアルタイムでコンテンツ制作者と対話ができることによって、視聴者の関与が増し、コミュニケーションの機会が拡大します。

    イベントや発表、ライブチャット、Q&Aセッションなどのライブコンテンツは、視聴者の注意を集めると同時に、即座にフィードバックを得る絶好の機会となります。

  4. リーチの拡大

    ライブ動画は、YouTube、Facebook、Instagramなど、様々なプラットフォームで同時に配信できるため、視聴者層や視聴者数を増やすことが可能です。

    また、仮想ストリーミングイベントでは地理的な制約がなくなるため、自分の住む都市や国を超えて参加範囲の拡大が可能です。時間と費用を掛けて移動しなくても世界中の視聴者にリーチできるため、配信側も視聴者も時間と費用を節約できます。

  5. 信頼性と透明性

    顧客は、フォローしているブランドと個人的なつながりを感じたいと考えています。ライブコンテンツは、事前に用意され編集された動画とは異なり、リアルで素の状態を伝えることができるため、企業や個人ブランドが透明性を示し、信頼関係を築くのに役立ちます。

    理想的な顧客のニーズを満たす、スニークピーク(発売前の新商品や公開前の施設などのプレビュー、ちら見せ)、チュートリアル、教育資料などの価値のあるコンテンツを提供することで、WEBサイトへのトラフィックが増加し、視聴者のリピートが期待できます。

  6. コンバージョンの増加

    ユーザーがオンラインライブイベントに参加するとき、視聴者が既に製品やサービスを知っている場合が多く、配信者の解説や見解を聞くことに興味があるため、ライブストリーミング中またはイベント後に製品やサービスを申し込む可能性が高くなります。さらに、CRMなどのマーケティングツールが含まれているビジネスライブストリーミングプラットフォームでは、サインオフした後も会話を続けることができるため、ライブストリーミング後もコンバージョンを増やすことが可能です。

  7. 長期的な価値

    ライブ動画コンテンツは、ライブ終了後もアーカイブとして残ります。これにより、後から視聴する人々にも価値を提供し、長期的な視聴数やエンゲージメントを生み出します。

    視聴者の中には情報を何度も聞き、理解を深めようとすることがあるため、ビデオクリップをソーシャルメディアや電子メール、WEBサイトなどで共有することにより、ライブ動画コンテンツの使用範囲が増え、ブログ、電子ブック、インフォグラフィック用の新しい素材を作成することもできるなど、長期的にコンテンツの再利用が可能です。

ライブストリーミングに最適なテーマ

ライブストリーミング動画で効果的なテーマは、イベント、ゲーム実況、トークショー、コンサート、トレーニング、セミナーなど、様々な種類のコンテンツで利用されます。

これらのテーマは、ライブストリーミングにおいて視聴者の関心を引きつける可能性が高く、エンゲージメントを高めるための効果的な選択肢となります。ただし、特定のテーマの選択には、対象とする視聴者層やブランドの目的に応じて検討する必要があります。

  1. イベントのライブ中継

    コンサート、フェスティバル、スポーツイベント、カンファレンス、セミナーなど、ライブでのイベント中継は人気があります。視聴者はリアルタイムで出来事を観ることができ、その体験を共有できるため、興味を持ちやすくなります。

  2. プロダクトやサービスのデモンストレーション

    新製品の発表や、プロダクトやサービスのデモンストレーションをライブで行うことで、視聴者にリアルな体験を提供できます。

    デモンストレーション動画では、製品の機能や使い方をリアルタイムで見せることができ、視聴者の興味を惹きます。サービスのデモ動画の場合は、ライブストリーム中に、製品に関する視聴者の質問に直接答えることもできます。デモ動画は自社製品に関するものである必要はなく、会社や視聴者が頻繁に使用するツールがある場合は、その使用方法についても説明します。

  3. Q&Aセッション

    専門家とのライブQ&Aセッションは、視聴者からの質問やリアルタイムでの対話を通じて、視聴者エンゲージメントが高まります。Q&Aセッションを成功させるには、事前の告知が重要です。ライブ配信を行っても誰も視聴していなければ、質問する人はいません。また、チャットを慎重に管理して、否定的または不適切なコメントを除外できるようにします。

  4. 専門家インタビュー動画

    ライブビデオ形式はインタビューに最適です。業界の専門家やリーダーにインタビューすると、有益で価値のあるコンテンツが得られるだけでなく、聴衆との信頼と権威も築かれます。

  5. トレーニングや教育コンテンツ

    スキルや知識を教えるためのライブトレーニングや教育的なコンテンツは、視聴者が新しいことを学びたいというニーズに応えます。

    トレーニングや教育セッションの前に、参加者に資料や必要な情報を事前に提供しておくと、効果的な学習環境を構築でき、ライブセッション中に重要なポイントに焦点を当てることができます。

    セッション終了後に参加者からのフィードバックを収集し、今後の改善点を把握しましょう。参加者の意見を尊重し、次回のセッションに反映させることで、品質向上につながります。

  6. ウェビナーやカンファレンス

    ウェビナーは専門家インタビューに似ていますが、複数の専門家がいて、お互いに議論することも可能です。聴衆から専門家に寄せられた質問を受け付けることもできます。ライブウェビナーやバーチャルカンファレンスは、自社が持つ業界の知識を共有し、ブランドや製品に権威を与えるための素晴らしい方法です。

  7. バーチャルイベントビデオ

    ライブビデオの絶好の機会は、オフラインのライブイベントをストリーミングすることです。イベントに参加したかったが参加できなかった人、またはチケットを購入するほど興味がなかった人にとって、イベントのライブストリーミングは最適です。カメラを身に着けてイベント内を歩き回ったり、メインイベントの合間にゲストにインタビューするイベントビデオを作成したりできます。

  8. ライブ製品発表

    バーチャル製品発表会は、製品の宣伝とデモを同時に行うための優れた方法です。ライブ中は、製品に関する視聴者の質問に直接答えることができます。更に、ライブストリーミングでは、製品を購入するためのリンクを含めることができます。

  9. コンテストビデオ

    特定のブランドが主催するコンテストで優勝すると、認知度が向上し、その後そのブランドを思い出す可能性が高くなります。ライブコンテストは、事前に視聴者に抽選に参加してもらい、ライブで勝者を発表する形式と、ライブで投票を集める形式があります。ソーシャルメディアでフォローまたは「いいね!」することで、ソーシャルメディアでの存在感を高め、ブランドや製品に関する話題を生み出す素晴らしい方法です。

ライブストリーミングを効果的に使用するための11の方法

世界のライブストリーミング市場が着実に成長し、ソーシャルメディアプラットフォームの視聴者が増え続ける中、ビジネスがライブストリーミングを通じて成長する可能性は計り知れません。ライブストリーミングとイベントの世界を探索するとき、これらのアクティビティを全体的なコンテンツマーケティング戦略に統合することが重要です。この相乗効果をブランドにもたらす方法は次のとおりです。

  1. 慎重な計画と明確な目的設定

    ライブストリームを成功させるには、慎重な計画が不可欠です。事前に、明確な目的を設定しましょう。何を伝えたいのか、どのような価値を提供するのかを明確にし、製品のデモンストレーション、ライブコンテスト、ブランドのストーリーの共有などのオプションを検討しながら、コンテンツを綿密に計画します。各ライブストリームは、視聴者の関心を維持するために、ユニークで価値のあるコンテンツを提供する必要があります。

  2. ターゲットオーディエンスの理解

    対象ユーザーをよく知ることは、オリジナルで適切で興味深いコンテンツを作成するのに役立ちます。視聴者との対話を促進するために、コメントや質問へのリアルタイムな応答を心がけましょう。視聴者とのコミュニケーションを通じて、参加感を高め、より多くのエンゲージメントを向上させましょう。

  3. プラットフォームの選択

    ターゲットユーザーにリーチするには、適切なプラットフォームを選択することが極めて重要です。YouTube Live、Facebook Live、Instagram Live、または特定の視聴者に合わせたその他のプラットフォームは、ライブストリーミングイベントに理想的なステージを提供できます。プラットフォームの選択は、視聴者の好みや習慣を考慮して行います。

  4. 事前の宣伝と告知

    ライブ配信に最適な日時を決定します。ライブイベント前に宣伝や告知を十分に行い、視聴者に参加を促しましょう。ソーシャルメディアやメールニュースレターなどを活用して広く告知することが重要です。

  5. 視聴者を惹きつける

    チャットボックスなどのインタラクティブな機能は、ライブストリーム中に視聴者との関わりを維持するために不可欠です。視聴者に質問し、フィードバックを提供し、リアルタイムのディスカッションに参加するよう促します。このインタラクションは、視聴体験を向上させるだけでなく、ブランドに対するコミュニティ感も育みます。

    また、視聴者の興味を引くために、ライブ中にクイズやコンテストを開催すると効果的です。参加者に何かしらのインセンティブを提供することで、視聴者のエンゲージメントが高まります。

  6. 売上の促進

    ライブストリーミングは、売上を促進するための効果的なチャネルを提供します。ライブストリームを戦略的に使用して、視聴者の注目を集めて売上につなげます。販売目標を達成するために、問題点に対処し、解決策を提供し、製品やサービスの価値を強調します。

  7. プロフェッショナルな制作価値

    高品質な映像、クリアな音声、プロの制作価値を提供することで、視聴者の印象が向上します。しっかりとした制作品質は信頼性を高め、視聴者の参加を促進します。

  8. ライブセッションの録画とアーカイブ化

    ライブセッションを録画し、アーカイブとして提供することで、イベントに参加できなかった視聴者も後から視聴できるようになります。コンテンツの再利用も可能です。

  9. ソーシャルメディアの活用

    ライブストリーミングをソーシャルメディアで共有し、視聴者とのコミュニケーションを広げることで、視聴者数を増やすことができます。ハッシュタグを活用するなど、ソーシャルメディア戦略を組み込みましょう。

  10. フィードバックの収集と分析

    ライブイベント後には視聴者からのフィードバックを収集し、次回のイベントやコンテンツの改善に活かしましょう。アナリティクスを使用して視聴者の行動を分析することも重要です。

  11. エンゲージメントを測定する

    動画のリーチ レビュー指標を分析するには、 合計視聴回数、ユニークなビュー、ピーク時の同時視聴者数、実行されたアクション (いいね!、シェア、コメント)、視聴者の人口統計、平均視聴時間、10秒間のビュー、完了率が含まれます。

    これらの指標は、必ずしもライブ動画が ROI に与える影響を直接証明するものではありませんが、視聴者のブランドに対する全体的なエンゲージメントを示します。視聴者がライブストリームを離れた後に何をしたかを追跡すると、ブロードキャストが ROI に与える影響の具体的な証拠が得られます。収集したデータを活用して、何が違うのか、改善できる領域は何かを確認します。

この記事のまとめ

業界のトレンドを追い続けることは、より良いコミュニケーション戦略を立てるのに役立ちます。これらのヒントと適切な計画を立てれば、コンバージョンを生み出すライブストリーミング戦略の策定に向けて順調に進むはずです。

ライブストリーミングは、リアルタイムで企業が視聴者とつながり、視聴者を魅了し、ブランド認知度を高め、売上を生み出すことができる優れたツールです。これは、企業のマーケティング戦略を強化し、潜在的なリードとつながり、忠実な顧客を育成するための強力でコスト効率の高い方法です。

もちろん、コンテンツを作成して公開するだけで、ライブストリーミングのメリットを享受するほど単純ではありません。ブランドへの影響を最大化するには、作成するライブ動画が高品質である必要があります。

この記事で概説されているベストプラクティスを実施することで、ライブストリーミングの力を利用して視聴者を魅了し、ブランド ロイヤルティを構築し、マーケティング活動を強化することができ、最終的にはブランド認知度の向上と売上の増加につながります。ライブストリーミングでマーケティングの未来を取り入れ、競争の激しいデジタル環境で優位に進みましょう。

動画マーケティングについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:企業のための動画マーケティング8つの主要トレンド【2024】

下記の記事も読まれています

検索順位を上げる方法 権威性と信頼性の構築

SEO・SEM

検索順位を上げる方法-権威性と信頼性の構築とは?

SERP(検索エンジン結果ページ)とは?

SERP

SERP(検索エンジン結果ページ)とは?

検索順位を上げる方法 外部リンクの獲得

SEO・SEM

検索順位を上げる方法-外部リンクの獲得とは?

KLEEにご相談ください。

KLEE WEB DESIGN TEAMまでお気軽にお問合せください。

フォームでのお問合せ

WEBサイト制作、WEBシステム開発、保守、
運用まですべてをお手伝いいたします。

お電話でのお問合せ

054-266-3663
日本全国どこでも対応いたします。

思い立ったら今すぐお問合せを!

お問合せはこちら
PAGE TOP