054-266-3663Contact Us

Tips

技術情報TECHNICAL INFORMATION

動画マーケティング

視聴者体験型動画を効果的に使用するための9の方法

Updated : 2024.1.25

12分で読めます

視聴者体験型動画は、動画マーケティングにおいて重要な役割を果たします。インタラクティブな動画は、視聴者との関わりを強化し、視聴者のエンゲージメントを高め、ブランドのメッセージをより深く印象づけることができます。このような動画は、視聴者が積極的に参加し、体験することでより強い印象を残し、ブランドとの結びつきを強化します。

マーケティング担当者はアクティブな視聴者をターゲットにする必要があります。視聴者がブランドの動画の視聴途中に別の動画にスクロールしたり、視聴者が集中力を失う機会を与えないようにして、コンバージョンを促進しなければなりません。

この記事では、動画マーケティングにおける視聴者体験型動画を効率的に使用する方法を紹介いたします。

視聴者体験型動画

動画マーケティングにおける視聴者体験型動画の効果的な使用方法

視聴者体験型動画とは?

視聴者体験型動画(Interactive experience videos)は、視聴者が動画コンテンツ内でアクティブに参加し、コンテンツの進行や結果に影響を与えることができる動画形式を指します。これらの動画は、従来の静的な視聴体験よりも積極的な参加を求めるもので、視聴者とのインタラクションを重視しています。

視聴者体験型動画では、視聴者が「次に何をするか」を制御し、ビデオ内の登場人物がその決定に反応するのを見ることができます。これにより、分岐したり、選択の結果を演じたり、興味のあるものにジャンプしたり、さまざまなキャラクターの目を通して展開するイベントを観察したりすることができます。それはあなたをアクションの真っ只中に置き、エクスペリエンスを推進することに関与させます。

視聴者体験型動画の制作には多大な労力がかかります。ただし、マーケティング戦略を強化し、ターゲットユーザーの関心をさらに高めるのに役立ちます。

視聴者体験型動画の特徴

コンテンツは、ブランドの構築や消費者とのコミュニケーションにおいて、関連性の高い見込み顧客を獲得し、対象ユーザーのエンゲージメントとエクスペリエンスを高めるために不可欠な要素です。市場の傾向と様々な利点を考慮すると、それをマーケティング戦略に含めないことは間違った選択であるといえます。

視聴者体験型動画は、視聴者が自分の体験をコントロールできるようにする、新しくてエキサイティングなメディアです。教育コンテンツやマーケティングビデオなどの作成に使用できます。

  1. 魅力的な体験

    TikTokのような新しいプラットフォームは、アテンションスパン(集中力持続時間)が短くなっていることを証明し、視聴者はコンテンツとインタラクションする、より魅力的な方法を求めています。

    インタラクティブ動画では、最初から最後までユーザー体験を作り上げることができます。動画はストーリーを伝えることができ、視聴者は意思決定に基づく結果や行動を通して、自分自身の物語を作ることもできます。このような動画は、コンテンツと学習者の間に個人的なつながりを生み出すのに役立ちます。

  2. インタラクティブな機能

    クリック可能なホットスポット、選択肢への投票、ゲーム要素など、ビデオ内にさまざまなインタラクティブな機能が組み込まれています。視聴者体験型動画なら、CTAを動画上に配置し、コンバージョンを高めるリンクを与えることができます。

  3. ブランドエンゲージメントの促進

    視聴者体験型動画は、視聴者が物語の進行や展開に関与できるよう、選択肢を提示したり、ストーリーの中で選択肢を決定したりすることができます。視聴者の行動や決定がストーリーの結末に影響を与えることがあります。インタラクティブな要素は視聴者の関心を引きつけ、ブランドと視聴者の間の関係を強化し、ブランドエンゲージメントを促進するために活用されます。

  4. パーソナライゼーション

    インタラクティブな動画は、各ユーザーが自分で道を選び、興味を探求することを可能にします。ユーザー主導の意思決定が可能になり、視聴者に選択肢を与え、ユニークなオプションを探求する機会を提供することができるため、学習者が特定の役割を担い、それぞれの知識のギャップを埋めることも可能です。分岐シナリオは、よりパーソナライズされたフィードバックを提供します。

視聴者体験型動画のメリット

視聴者体験型動画は、インタラクティブ性により非体験型の動画よりもエンゲージメントが高くなります。これは受動的な視聴者を能動的な視聴者に変える「体験」に起因すると考えられます。

受動的視聴者は必ずしも視聴しているわけではなく、視聴中にマルチタスクを行ったり、何かを求めてインターネットを閲覧したりしている可能性があります。視聴者を動画に参加させることで、能動的な視聴者に変え、積極的に目的を持って視聴し、積極的に参加させることができる視聴者体験型動画コンテンツには多くのメリットがあります。

  1. 高いエンゲージメント

    動画は静的なマーケティング手法よりも魅力的です。様々な動画コンテンツの中でも、ユーザーは通常の動画(フラットビデオ)コンテンツよりもインタラクティブな動画コンテンツに魅力を感じるため、エンゲージメントは非体験型の動画の3倍から4倍高くなります。

    インタラクティブな要素を取り入れた体験型の動画は、視聴者がコンテンツに参加しやすくなります。視聴者がコンテンツに関与できるため、興味を引き、エンゲージメントを増加させます。

  2. 視聴者維持率が向上

    視聴者体験型動画は没入型で、視聴者をコンテンツに引き込むことができます。インタラクティブな動画体験は、通常の動画と比較してユーザーの離脱が少なく、ストーリー主導のアプローチは、コンテンツ内の分岐や学習、コンテンツ全体に散在する情報を収集したりするなど、探索を促進します。

    インタラクティブな動画コンテンツ制作を適切かつ効果的に実行すれば、魅力的なキャラクターとストーリー、そして意思決定に基づいた結果と成果を通じて、維持率の高い体験を持続させることができます。

  3. パーソナライズドな体験の提供

    視聴者体験型動画では、視聴者の選択や行動に応じて、異なるコンテンツやパスを提供することができます。これにより、視聴者が自分自身に合った体験を得ることができ、よりパーソナライズされた体験が可能になり、視聴者の選択肢が広がります。

  4. コンバージョン率の向上

    動画マーケティングでは視聴者に動画を見てもらうだけではなく、視聴者に消費行動を起こしてもらうことが目的です。動画視聴から次のアクションに導かなければなりませんが、観るだけの動画では、そのアクションを見つけるのが難しいということも事実です。

    視聴者体験型動画では、CTAを動画上に配置し、コンバージョンを高めるリンクを与えることができるため、インタラクティブな要素を取り入れた動画は、通常、視聴者がアクションを起こしやすい状況を作り出します。これにより、商品の購入、サービスの利用、情報の提供などのコンバージョンが向上する可能性があります。

  5. データ収集と洞察の向上

    視聴者体験型動画は、視聴者が動画に参加し、選択肢を持ち、コンテンツの進行を操作できるようなインタラクティブな体験を提供することで、視聴者の選択やユーザー行動に関するデータを収集することができるため、より深い洞察を得ることができます。

    例えば、どのオプションを選んだかや、どのようなパスを選択したかなど、視聴者の動画内での操作や参加度合いを分析することで、どの部分が最もエンゲージメントを引き、視聴者の興味を惹きつけたかを洞察することができます。これにより、より魅力的なコンテンツを制作する際の参考になり、より効果的なマーケティング戦略の構築を可能にします。

  6. マイクロラーニング

    マイクロラーニングは、特定のトピックやスキルに焦点を当てたコンパクトな学習で、短いビデオ、インタラクティブな演習、クイズなど多様な形式のコンテンツを提供します。

    視聴者体験型動画は、インタラクティブな要素やエンゲージングなアプローチを取り入れることが多く、視聴者の興味を引きます。これにより、マイクロラーニングにおける学習者の関心や集中力が高まります。視聴者が柔軟にアクセスでき、手軽に学習できるコンテンツ形式として、視聴者体験型動画はマイクロラーニングに適しています。

視聴者体験型動画に最適なテーマ

視聴者体験型動画にはいくつかの異なる用途があり、オンラインプロモーションやマーケティングで広く使用されています。インタラクティブなエクスペリエンスビデオを作成する際に、視聴者が積極的に参加し、エンゲージメントを高める効果的なテーマは様々です。効果的な視聴者体験型動画の例としては次のものが挙げられます。

  1. 教育と知識の共有

    教育で視聴者体験型動画を使用するというコンセプトは珍しいことではなく、様々なインタラクティブな要素によって教育とトレーニングが実現可能で、学習や教育のプロセスを楽しく、興味深く体験させることができます。クイズやトリビア、実験、学習ゲームなどのテーマが視聴者の興味を引きます。

  2. ストーリー選択型動画

    インタラクティブなストーリーテリングは、視聴者がストーリーの進行を選択し、エンディングに影響を与えることができる冒険的な体験を提供します。視聴者は自分の意思決定が物語に与える影響を体験できます。冒険や謎解き、ファンタジー、ドラマなどのテーマが視聴者の関心を引きつけます。

  3. クイズやテスト

    視聴者がクイズやテストに挑戦し、正解や選択肢に応じてストーリーが進展するゲーム要素を取り入れた動画コンテンツは、視聴者がアクションを起こしたり、問題を解決したりすることを求めるため、高いエンゲージメントを生み出します。視聴者は自分の知識や洞察力を試しながら、動画の進行を楽しむことができます。パズル、クイズ、アドベンチャーなどのテーマがあります。

  4. 360度動画

    視聴者が視点を変えたり、画面を操作したりすることで360度の視野を楽しむことができる動画は、リアルな体験を提供し、視聴者が自由に映像を探索できるようなインタラクティブな要素があります。

    例えば、服飾系のECサイトでは、視聴者は360度動画を使って、商品を仮想的に回転させたり、ズームしたりして、実際に店舗で商品を手に取っているかのようなリアルな体験をすることができます。これにより、オンラインでのショッピング体験がよりリッチになり、購買前の商品理解が向上します。

  5. ミステリーとスリル

    視聴者が物語の展開に影響を与える選択を行うことができるコンテンツは人気があります。視聴者体験型動画を使って、視聴者がミステリーやスリリングな体験をすることができるコンテンツは、興奮と興味を引きます。推理、脱出ゲーム、ホラーなどのテーマが視聴者の関心を集めます。

  6. マーケティング用動画と販売用動画

    インタラクティブな要素は、マーケティング及び販売分野の状況を変え、顧客エンゲージメントを高め、コンバージョンを促進します。

    例えば、インタラクティブな製品デモは、視聴者が製品を仮想的に操作し、購入を決定する前に様々な機能、機能、使用例をテストできます。

    また、製品ベースのマーケティング及び販売動画では、ホットスポットを設置することで、視聴者が製品に関する隠れた詳細、機能や情報を探索できます。これにより、潜在的な顧客がブランドや製品、サービスをより深く理解できるようになります。

  7. 企業研修

    インタラクティブな要素を使用した動画コンテンツは、企業の研修体験を向上させることができ、従業員にとって没入型で効果的な研修体験が提供されます。

    視聴者体験型動画は、クイズ、評価、データ入力などの様々なマルチメディア要素を使用して、研修者がコンテンツに参加し、対話できるようにすることによって、学習者が知識の保持を向上させ、各トピックをよりよく理解するのに役立ちます。

  8. 行動喚起(CTA)

    CTAは、視聴者に望ましいアクションを起こさせるように設計されます。動画でも同じ目的を果たします。CTA は、インタラクティブ動画内の何処にでも配置できます。プラットフォームによっては、テキストCTA、ボタンCTA、またはHTML CTAの両方を配置することも可能で、CTAを配置する時間を選択できます。視聴者に中断のないエクスペリエンスを提供したい場合は、スキップを使用しましょう。

視聴者体験型動画を効果的に使用するための9の方法

視聴者体験型動画の作成は、単に動画内にインタラクティブなホットスポットを配置するだけではありません。動画を通じて視聴者にシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供する必要があります。その方法は次のとおりです。

  1. 動画の目的と対象視聴者を特定

    インタラクティブな動画は、動画を通じて誰に向けてのサービス提供かを明確にする必要があり、ターゲットユーザーに向けた動画を作成しなければなりません。視聴者体験型動画で誰のために何を達成するのかを明確にしましょう。

  2. フローチャートの作成

    計画の段階で、視聴者体験型動画のゴールについてよく理解しておく必要があります。効果的なインタラクティブ動画にするためには、視聴者が求める経験を提供する必要があります。

    ゴールが明確になれば、開始点から最終結果までを結合し、体験の異なる代替ルートになるシナリオ内の各ルートなどの分岐マッピングの導入が可能になります。フローチャートは、視聴者が理想的な結果から大きく逸脱しないようにするための経路を視覚化するのに役立ちます。

  3. インタラクティブホットスポットのテスト

    インタラクティブな要素は一瞬たりとも場違いに見えてはいけません。ターゲット層と様々な種類のインタラクションに対し、視聴者がどのように反応するかを調査します。インタラクションを簡単にしすぎることと、ランダム性を提供することにはバランスがあります。テストを行い、視聴者にとって適切なバランスを保つよう調整が必要です。

    これは目的がエンターテイメントである場合に機能し、様々なコンテンツの探索を促進します。学習が目的の場合、視聴者がより早くホットスポットを見つけられるよう、優先されるパスが一貫性を持って表示されることが重要です。

    例えば、製品デモページにリダイレクトする動画内のCTAは、常時表示せず、製品の特性説明を流した後など、注意を引きつけた後にのみ表示させると効果的です。

  4. 明確かつ簡潔なメッセージ

    インタラクティブな要素であっても、視聴者が理解できないものでは意味がありません。CTA、アンケート、アンケートの質問がシンプルで視聴者にとって理解しやすいものであることを確認しましょう。理解しやすさは、ターゲットとする視聴者の世代に最適化した表現にする必要があります。

  5. 要点を絞った短編動画で構成

    本当に魅力的な視聴者体験型動画を作成するには、ストーリーテリングに焦点を当て、視聴者が夢中になれるシナリオとキャラクターを用意するかどうかに掛かりますが、短編動画で構成することも重要です。各シナリオを短い動画で構成することで、リプレイがしやすくなり、学習動画では繰り返しを通じて習得できます。

  6. ゲーミフィケーション(ゲーム的思考)の導入

    パフォーマンスの向上とシナリオの完成という課題は、視聴者にとって大きな動機となります。最良の結果に到達するために視聴者が選ぶ選択肢は何かを考え、その選択によってどのようにゲーミフィケーションの要素が導入されるかを考えましょう。

    ただし、どのシナリオでも相互に関連性があり、現実的であることが重要です。一部のシナリオでは、通常とは異なるイベントが発生することがあっても、動画が視聴者の経験にできるだけ近いものになるようにする必要があります。

  7. マルチデバイスに対応

    モバイルデバイスでの動画視聴はますます増加しており、多くの人々がスマートフォンやタブレットを使用してコンテンツにアクセスしています。そのため、モバイルユーザーに対して最適化された動画は、視聴者の関与を高め、コンテンツの効果を最大化するのに役立ちます。

    動画プラットフォームやソーシャルメディアでの動画共有を考慮して、モバイルプラットフォームに最適化された形式で動画をアップロードすることが重要です。各プラットフォームにおいて異なるフォーマットや仕様が存在するため、これに対応することが必要です。

  8. 一貫性のあるユーザーインターフェイス

    インタラクティブな動画を体験したことがない視聴者を考慮して、ユーザーインターフェイスのデザインを作成します。視聴者体験型動画をナビゲートする最も一般的な方法は、動画又は質問が表示された静的ページにオーバーレイされたある種のホットスポットを使用することです。常に一貫性を保つようにして、視聴者が動画の操作を考える必要がなく、ストーリーに没入できることが重要です。

  9. インタラクションの追跡

    視聴者体験型動画は、視聴者がコンテンツにコメントしたり、質問したりすることができるようなインタラクションを取り入れることで、コミュニティ感が生まれ、視聴者がより関与しやすく動画コンテンツの効果を向上させることができます。

    インタラクションを通じて視聴者とのつながりを強化し、魅力的で有益なコンテンツを提供することで、視聴者はより深く関与し、動画コンテンツは効果的に活用されます。

この記事のまとめ

視聴者体験型動画は、規模に関係なく、あらゆる種類のビジネスのマーケティングに効果的なツールです。動画をインタラクティブにすることは、最終的には視聴者をコンテンツに強く惹きつける簡単な方法ですが、適切な使い方をすれば、閲覧者がクリックスルーするために選択した情報に基づいて、ターゲットを絞った製品の推奨を考える、強力な見込み顧客発掘ツールにもなります。

インタラクティブな動画コンテンツには、競合他社よりもあなたを選ぶのに影響を与える、パーソナライズされたタッチが必要です。視聴者が質問したり、フィードバックを提供したり、サポートを受けたりできるように、インタラクティブでパーソナライズされた動画を作成します。パーソナライズされたインタラクティブな動画マーケティングは今後も続くでしょう。

マーケティングキャンペーンでの視聴者体験型動画は、短期間で結果が得られる素晴らしい方法です。この強力なツールを活用しない理由はありません。まだ使用していない場合は、インタラクティブ動画の使用を検討しましょう。マーケティングに活用できるインタラクティブな動画には様々なタイプがありますが、重要なのは、実際に機能する適切なタイプを見つけることです。

動画マーケティングについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:企業のための動画マーケティング8つの主要トレンド【2024】

下記の記事も読まれています

検索順位を上げる方法 ローカルSEOの最適化

SEO・MEO・Google Map SEO

検索順位を上げる方法-ローカルSEOの最適化とは?

WordPress WEBサイトSEO監査の実施方法

SEO・MEO・Google Map SEO

WordPress WEBサイトSEO監査の実施方法

MEO対策 GoogleマップSEOで上位表示させる15の方法を解説!

SEO・MEO・Google Map SEO

MEO対策 GoogleマップSEOで上位表示させる15の方法を解説!

KLEEにご相談ください。

KLEE WEB DESIGN TEAMまでお気軽にお問合せください。

フォームでのお問合せ

WEBサイト制作、WEBシステム開発、保守、
運用まですべてをお手伝いいたします。

お電話でのお問合せ

054-266-3663
日本全国どこでも対応いたします。

思い立ったら今すぐお問合せを!

お問合せはこちら
PAGE TOP