054-266-3663Contact Us

Tips

技術情報TECHNICAL INFORMATION

動画マーケティング

短編動画を効果的に使用するための10の方法

Updated : 2024.1.24

12分で読めます

短編動画は簡潔で、あらゆるトピックの要点をすぐに提供できるため、探している答えや結果が得られるまで待つ必要がなく、長い動画よりも手軽に楽しめます。時間に縛られた視聴者に、どこにいても真の価値を提供したいと考えているクリエイターやブランドにとって理想的なフォーマットです。

外出先でも簡単に視聴できるということもあり、マーケティング戦略において短編動画が益々重要になってきており、ソーシャル広告、特に短編動画は、他のプラットフォームよりも多くの広告収入を生み出すと予測されます。そして、動画はマーケティングだけでなく強力なブランドを確立するためにも不可欠なものとなっています。

この記事では、動画マーケティングにおける短編動画を効率的に使用する方法を紹介いたします。

短編動画

動画マーケティングにおける短編動画の効果的な使用方法

短編動画とは?

短編動画は、ショート動画やショートビデオなどとも呼ばれ、様々なソーシャルメディアプラットフォームで共有し易く、ソーシャル戦略やブランド認知度を更に高めることができる、動画時間の長さが短い動画です。

動画の「短さ」に関して、一般的に、60 秒未満の動画は短編動画と言えますが、動画の長さにば明確な定義がなく、使用しているプラ​​ットフォームによって短編動画コンテンツの長さが異なります。これは、プラットフォームごとに「短い」の定義が異なるためです。

Facebook上の短い形式の動画の長さは60秒から3分程度で、YouTubeのショート動画は15~60秒です。TikTokなどのプラットフォームにも同様の制限が適用され、動画の長さは15秒から10分までとなります。

短編動画の特徴

短い動画は、「スナッカブル・コンテンツ(気軽に楽しめるコンテンツ)」と呼ばれることもあり、楽しく簡潔な方法でメッセージを伝えながら、視聴者の注意を素早く引くのが特徴です。視聴者とのエンゲージメントと効果的なコミュニケーションを可能にし、素早く消費できるコンテンツをユーザーに提供し、ブランドの認知度を高めることができるため、短編動画はコンテンツマーケティング戦略を成功させるための理想的なツールとなっています。

短編コンテンツは、様々なソーシャルメディアプラットフォームでより簡単に共有・消費されるため、マーケティング担当が、より幅広いオーディエンスに合わせた様々な短いキャンペーンを作成する機会を得ることで、ニッチを巻き込むことも可能になります。

  1. 視聴しやすい

    短編動画は必要な情報をすぐに提供するため、外出先でも簡単に視聴できる手軽さが特徴で、わずかな時間で訴求したり、学んだり、楽しむことができます。

  2. 強力なメッセージの伝達

    短い尺でも、強力なメッセージや感情を伝えることができます。感動や興味を引くようなストーリーは、短い時間でも強い印象を残すことができます。 ブランドや企業が自社のメッセージやストーリーを短編動画で伝えることで、視聴者とのエンゲージメントを高めることができます。

    ただし、短時間で物語を完結させるため、効率的なストーリーテリングやシーン構成が重要です。視聴者の関心を集め、ストーリーのエッセンスを凝縮した動画作成が必要です。

  3. 短時間で伝達が可能

    短い時間枠で物語を展開させるため、迅速に物語が進行し、視聴者の興味を引きつけます。 短時間であらゆるトピックの要点をすぐに提供するように編集されている動画は、視聴者が探している情報や結果に辿り着くまで待たされないため、時間に縛られた視聴者にどこにいても製品の価値や情報の本質を伝えたいと考えているクリエイターやブランドにとって理想的なフォーマットと言えます。

  4. ソーシャルメディアに最適

    短編動画は、ソーシャルメディアプラットフォームやモバイルデバイスでの視聴に適しています。瞬時に情報を伝えることができます。

    プラットフォームはこれらのビデオを無限スクロールモードで表示するため、視聴者のエンゲージメントが長くなります。 Instagram ReelsやYouTube Shorts などのプラットフォームは、TikTokの縦型動画の優位性に対抗するために登場し、短編動画コンテンツの多様化した市場に繋がっています。

  5. 共有しやすい

    短編動画の魅力は、簡単に共有できることです。短い尺の動画は、動画を介しての反応共有に要する時間も短いことが、短編動画の人気の理由の1つであり、これは、ブランドが短編動画を好む点でもあります。

  6. エンターテイメント性

    短い尺の動画には、ユーモアやトレンド、魅力的なストーリーが含まれることがよくあります。

短編動画のメリット

短編動画は、注意力の持続時間が限られている視聴者をターゲットにしている場合、または目的が迅速で簡潔なメッセージを伝えたい場合に非常に効果的です。Instagram ReelsやYouTube Shorts、TikTokなど、簡潔さが重視されるプラットフォームは、短編動画コンテンツを共有するのに最適です。

  1. 高いエンゲージメント

    静止画像と比較して、ソーシャルメディア上の短編動画の投稿は、より多くの「いいね!」や「共有」、反応を集める傾向があります。短い尺の動画を使用してターゲット視聴者を引き付けることは、効果が期待できるデジタルマーケティング戦術です。

  2. すべての世代が視聴対象

    1分未満の短編動画はZ世代にとって、お気に入りのメディア形式であり、新しい情報を探すときに短い尺の動画を好みます。ただし、この傾向はZ世代に限ったことではなく他の世代もこのフォーマットを好みつつあります。

    しかし、新製品に関する情報については短編動画を好む世代でも、割引やセールについては画像ベースの広告に注目するなど、様々な種類のマーケティングに対する消費者の好みの変化により、複雑さが増します。短い尺に最適なテーマの動画を作成することが重要です。

  3. 低コスト

    短い尺の動画は、1時間の動画に比べ、作成時間が大幅に軽減されます。

    長い動画をカットしたり繋ぎ合わせたりすることで、作成時間が短縮され、新たに撮り直すよりコストを下げられます。静止画を使用した短いスライド動画も低コストで作成が可能です。

    同じ短編動画を使用して、動画の形式要件に最適化することで、複数のソーシャルメディアネットワークに投稿できます。

  4. スマートフォンでの視聴に最適

    短い形式の動画コンテンツは、その意図と用途により、モバイルデバイスにおいて適切にパフォーマンスを発揮します。視聴者は常にスマートフォンを使用していますが、仕事の合間や次の予定までに空いた10分間に長い動画コンテンツを視聴していることはあまりなく、ソーシャルメディアの短編動画をスクロールするのに最適な時間となっています。

  5. ソーシャルメディアに最適

    短編動画は、InstagramやYouTube、Facebook、TikTokなどのプラットフォームで非常に優れたパフォーマンスを発揮します。短い尺の動画は、長々とした説明や詳細なチュートリアルに重点を置かないプラットフォームに適しています。

  6. 広告効果が高い

    短編動画はコンバージョン率が高いため、多くのマーケティング担当者が注目しています。製品を紹介する際に、綿密に計画された高品質のビデオを顧客に見せることは、ビジネスにとって有益です。コンテンツはすぐに消費されるため、動画を観た後も顧客の心に長く残るように、メッセージが明確で刺激的であることが重要です。

短編動画に最適なテーマ

短編動画は、視聴者の関心を引きつけ、効果的にメッセージを伝えるために適したコンテンツ形式です。

短編動画を制作する際に重要なのは、視聴者のニーズやブランドの目的に合わせてテーマを選定することです。視聴者の興味を引きつけ、エンゲージメントを高めるために、短い時間でも効果的なメッセージを伝えることが大切です。以下は、短編動画に適したテーマの例です。

  1. 製品ティーザー

    製品ティーザーとは、新製品や限定商品のドロップ(素早くリリース)、開封動画、スニークピーク(先行体験)など、製品やサービスに対する興奮を高める効果的な方法です。短編動画は、製品やサービスの特徴や利点を短時間で伝えるのに適しています。魅力的な要素を強調し、製品の使い方や価値を視聴者に示すことが重要です。

    短編動画の優れた点の1つは、ユーザーが1つの長編動画を視聴するよりも短い時間でより多くの動画を視聴できることです。これにより、ブランドは消費者のニーズについて、より多くの洞察を得ることができます。そして、それを将来のキャンペーンの形成にも活用できます。これらすべてのデータにより、理想的な視聴者をターゲットにし、購入する可能性が最も高い製品を視聴者に提示することが容易になります。

  2. ブランドストーリー

    ブランドの歴史や価値観、ビジョンなどを短いストーリー形式で表現することができます。感動的な瞬間やブランドの独自性を伝え、視聴者にブランドに対する共感を喚起します。

  3. お客様の声

    ユーザーの成功体験や満足度を伝えることで、製品やサービスの信頼性を高めることができます。お客様の声や体験を通じて、製品の価値を視聴者に伝えます。

  4. ユーザー作成コンテンツ

    ユーザー生成コンテンツ(UGC)は他の形式のマーケティングよりも信頼される可能性が高く、視聴者はマーケターよりもユーザー体験を信頼する傾向があるため、視聴者を短編動画に夢中にさせたい場合は、ユーザーに製品を紹介する短編動画の作成を依頼しましょう。

    ユーザー作成コンテンツは、ブランドに関する話題を生み出す理想的な方法です。このタイプの短編動画は、より幅広い視聴者にリーチし、フォロワーや顧客とのより緊密な関係を育むのに役立ちます。

  5. 解説動画や教育動画

    アニメーションを使用した教育用解説動画は、複雑な概念やデリケートな問題を分かりやすく視聴者に伝える優れた方法です。解説動画は、購入を決定しようとしている顧客に影響を与えることができます。消費者の問題を解決するコンテンツは、信頼とブランドロイヤルティを高めることができます。

    教育コンテンツをすべてのソーシャルメディアプラットフォームで利用できるようにすると、視聴者の好奇心を刺激し、ブランドについてもっと知るよう促すことができます。教育動画のライブラリを作成することで、問題を自力で解決したい顧客にとって、頼れるリソースとなります。

    短く簡潔なレッスンを2〜5分で提供するマイクロラーニングビデオも熱心な学習者に需要があります。

  6. イベントのハイライト

    イベントやキャンペーンのハイライトを短くまとめた動画は、視聴者の興味を引き、エキサイティングな瞬間や参加者の反応を伝え、次回の参加を促します。

  7. 舞台裏動画

    会社の舞台裏を覗くことは、ユーザーが、自分が使用するアイテムやサービスを生産するために熱心に取り組んでいる情熱的な人たちがいることを知る絶好のチャンスです。舞台裏の動画を共有することで視聴者との強いつながりを生み出し、視聴者の好奇心を刺激することができます。

    舞台裏の動画は、コンテンツの作成やビジネスの構築に費やされる労力や創造性を強調することもできます。また、共有可能な形式の短編動画によって、より多くの視聴者をブランドの支持者に変えることが可能です。

  8. よくある質問 (FAQ)

    よくある質問は、ユーザーが必要と思われるブランド情報やビジネス情報を簡単に見つけられるようにするために使用されます。ユーザーから寄せられる最も一般的な質問に対する回答の概要を短編動画で作成すると、視聴者の購入の手助けとなり、購入プロセスがよりスムーズになります。

短編動画を効果的に使用するための10の方法

短編動画を作成する前に目的を明確にする必要があります。ブランドの認知度を高めたい、新製品を紹介したい、短編動画作成に明確な目的があると、視聴者に真の価値のあるコンテンツを提供しながら、簡潔かつ明確で目標を達成する動画を作成するのに役立ちます。目的を達成する上で重要な、短編動画を効果的に使用する方法は以下になります。

  1. 縦型動画を使用

    殆どの短編動画プラットフォームは、スマートフォンを縦にしたまま視聴できるように設計されています。縦型フォーマットでは、動画をスマートフォンの画面全体に表示できるため、視聴者にとってより没入型で魅力的なエクスペリエンスが生まれます。

    ソーシャルメディアプラットフォームでは、ユーザーは画面を縦にしたままスクロールすることに慣れているため、縦型動画は視聴しやすいのですが、水平方向に配置された動画は小さくて見にくいため、結果的にエンゲージメントが低下します。

  2. 短くする

    短編動画は、60秒以内が理想的です。60秒を超える動画は、視聴者にストレスを与えます。

    Instagramの場合は、7秒から15秒の間が理想的な長さ、YouTube ショートの場合は、15から60秒の間が理想的な長さです。TikTokでの最適な動画の長さは11から17秒の間が理想的な長さとなります。

  3. 魅力的なフックを作成

    最初の数秒に、視聴者の興味を引く強力なフックが必要です。強力なフック、画面上のテキスト、目を引くビジュアル、または魅力的なストーリーでビデオを始めると、視聴者を引き込んで視聴し続けることができます。視聴者の関心を惹きつける要素を用意し、コンテンツの冒頭から魅力的な映像や情報を提示しましょう。

    例えば、チャレンジ動画や面白い動画の場合は、最も印象に残るシーンのクリップや面白い瞬間のプレビューでビデオを始め、チュートリアルやマイクロラーニング動画の場合は、質問や問題からビデオを始めることにより、視聴者が視聴し続ける必要があるかを判断しやすくなるため、より早く視聴者の注意を引くことが重要です。

  4. シンプルで明確なメッセージ

    短い時間枠で伝えたいメッセージや情報をシンプルかつ明確に伝えることが重要です。複数の要素を効果的に組み合わせて、わかりやすくコンパクトにまとめましょう。

  5. 簡潔なストーリーテリング

    短編動画でもストーリーテリングを行うことが重要です。短い時間内に物語を明確に伝えるためには、シンプルで効果的なストーリー構造を考える必要があります。

  6. 定期的に投稿

    短編動画マーケティングでは一貫性が重要です。同じメッセージを何度も繰り返すことで視聴者の記憶に残りやすくなります。定期的に投稿することで、視聴者の関心を維持し、動画を表示するときにプラットフォームのアルゴリズムに十分なコンテンツを選択させることができます。これにより、より多くの視聴者にリーチし、忠実なフォロワーの視聴者を構築することができます。

    ただし、低品質の動画を毎日大量に投稿するのではなく、視聴者にとって興味深く魅力的で楽しめるコンテンツを投稿するようにしましょう。

  7. 視覚的ガイド

    矢印やハイライト、アニメーションなどの視覚要素を使用して、重要な詳細やアクションへの注意を引きます。視覚的ガイドを強調し、視聴者を誘導することで、エンゲージメントを維持し、複雑な概念や製品の詳細を視覚的に伝達します。

  8. キャプションと文字起こし

    障害のある人も他の視聴者と同じように簡単に短編動画を視聴できる必要があります。そのため、動画に含まれるテキストや音声が聴覚や視覚に障害のある視聴者にとってアクセスしやすく、最適化されている必要があります。

  9. 行動喚起(CTA)を組み込む

    短編動画コンテンツは、最後に明確な行動喚起がなければ完成しません。これは、チャンネル登録やWEBサイトへの誘導など、次に何をすべきかを視聴者に指示する合図となります。 Instagramなどのソーシャルメディアプラットフォームでは、動画をショッピング可能にして、視聴者にすぐに購入するよう促すこともできます。商品に直接タグを付けるオプションがない場合は、プロフィールまたはビデオの説明に購入ボタンを追加します。

    プロフィール内でリンクを使用している場合は、クリックスルーして購入した人の数を簡単に追跡できるように、必ずUTM 追跡パラメーターをリンクに追加してください。

  10. プラットフォームの最適化

    各ソーシャルメディアプラットフォームや広告プラットフォームに適した形式に合わせて、短編動画を最適化します。例えば、InstagramのストーリーズやTikTok用に作成することが考慮されます。

この記事のまとめ

動画コンテンツが引き続き重視され、視聴者がこのタイプのコンテンツにもっと関心を持つようになっているため、ソーシャルメディアプラットフォームはこの進化を利用して動画を優先しています。これは、リーチを拡大し、ビジネスとして成長するために、B2B、B2Cに関わらず、デジタルマーケティング戦略において動画を重要な考慮事項にする必要があることを意味しています。戦略を多様化し、デジタルマーケティングミックスに短編動画を組み込むことには、様々なメリットがあります。

これらの要素を組み合わせて、短編動画を作成することで、短い時間で視聴者の心をつかむことができます。視聴者の関心を引きつけ、共感や興味を生み出すことで、動画コンテンツの効果を最大限に高めることができます。

Instagram Reels、TikTok、その他のプラットフォームが短編動画コンテンツで画面を占拠するため、超人気のソーシャル メディア トレンドは新年もそのまま残るでしょう。

ブランドや企業にとって、視聴者を魅了しブランドや製品の認知度を高めるために、短編動画コンテンツへの投資を始めるのに今ほど適した時期はありません。楽しくて有益なコンテンツをオンラインで見つけて、新しいフォロワーを獲得しましょう。

動画マーケティングについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:企業のための動画マーケティング8つの主要トレンド【2024】

下記の記事も読まれています

検索順位を上げる方法 ソーシャルシグナルの活用

SEO・MEO・Google Map SEO

検索順位を上げる方法-ソーシャルシグナルの活用とは?

2024年のSEO!音声検索最適化(VSO)がなぜ重要か?最適化7つの方法!

SEO・MEO・Google Map SEO

2024年のSEO!音声検索最適化(VSO)がなぜ重要か?最適化7つの方法!

人気のある24種類のWEBサイトとその内容

WEBサイト制作

人気のある24種類のWEBサイトとその内容

KLEEにご相談ください。

KLEE WEB DESIGN TEAMまでお気軽にお問合せください。

フォームでのお問合せ

WEBサイト制作、WEBシステム開発、保守、
運用まですべてをお手伝いいたします。

お電話でのお問合せ

054-266-3663
日本全国どこでも対応いたします。

思い立ったら今すぐお問合せを!

お問合せはこちら
PAGE TOP