Tips

技術情報TECHNICAL INFORMATION

動画マーケティング

無音動画を効果的に使用するための10の方法

Updated : 2024.1.23

10分で読めます

音声をミュートしてオンラインで動画を視聴することは、現時点ではかなり確立されたトレンドです。興味深いことに、コンテンツの人気は音声の有無に依存していないようです。ユーザーエンゲージメントにおいて、音声付き動画よりも無音動画(サイレントビデオ)の方が効果的である場合が沢山あります。今まで、音声のみの動画コンテンツを作成していた場合は、プラットフォームと作成する動画コンテンツを再検討する必要があります。

FacebookやInstagramをスクロールしているときに、動画が大音量で鳴り始めるのを好む人はいません。実際、多くのユーザーは動画の自動再生サウンドをミュートにしている可能性があります。動画がサイレント視聴用に最適化されていれば、視聴者はより長く動画を視聴する可能性が高くなります。

この記事では、動画マーケティングにおける無音動画を効率的に使用する方法を紹介いたします。

無音(字幕)動画

動画マーケティングにおける無音動画の効果的な使用方法

無音動画とは?

無音で楽しめる動画を「無音動画」、「字幕動画」、「サイレントビデオ」と言い、音声が含まれていない、または音声が非常に制限された動画コンテンツを指します。これらの動画は、視覚情報に焦点を当て、音声や音楽を殆ど、または全く使用しないか、あまり重要でない場合に適しています。

会話、音楽、環境音を組み込んだ従来の動画とは異なり、無音動画は視覚的なストーリーテリングのみに焦点を当てています。これらのビデオは主に、視覚的な合図、ジェスチャー、顔の表情、画面上のテキストに依存して、意図したメッセージを伝えます。

無音動画は、芸術的表現や教育コンテンツ、マーケティングキャンペーン、更にソーシャルメディアマーケティングなど、様々な目的に使用できます。見る人が自分なりにビジュアルを解釈し、創造力や想像力を育む独特の魅力があります。

無音動画の特徴

音声はオンライン動画において極めて重要な役割を果たします。視聴者がコンテンツに集中すると、サウンドトラックと音質が非常に重要になります。ただし、ユーザーがコンテンツをソーシャルメディアで観ている場合、必ずしもサウンドをオンにするわけではありません。音声がない状態での再生を想定した無音動画には、以下のような特徴があります。

  1. 音声が無い(制限されている)

    無音動画では、音声がほとんど使用されず、視覚的な情報が重視されます。音声が含まれる場合でも、非常に静かであり、視覚情報が主なコミュニケーション手段となります。

  2. 視覚情報の重視

    無音動画は、映像、テキスト、グラフィックスなど、視覚情報を強調します。視聴者は映像や画像に集中し、音声情報がなくても内容を理解できるようになっています。

  3. 音声制限の制約

    ソーシャルメディアプラットフォームや広告プラットフォームでは、自動再生のビデオ広告やスクロール中に視聴されるビデオなど、音声がオフになっている状態で再生されることがあります。このような状況では、音声がなくても情報やメッセージを効果的に伝える必要があります。

  4. 異なる使用事例

    サイレントビデオは、広告、プロモーション、チュートリアル、アート作品、教育コンテンツなど、様々な目的で使用されます。例えば、字幕を使用したビデオは、多言語の視聴者に対して効果的な情報提供手段となります。

無音動画のメリット

無音動画は、音声に頼らず、情報を伝える必要がある場合や視覚情報を重視する必要がある場合に非常に有効な手段です。聴覚障害者向けのコンテンツ、視聴者が音声をオフにしている場合や音声が制限されている場面でも、情報やメッセージを効果的に伝えるのに役立ち、あらゆる動画コンテンツ戦略に価値を加えることができます。

  1. ユニバーサルアクセシビリティ

    無音動画は言語の壁を超えて、多言語の視聴者にアプローチすることができます。視聴者の母国語に関係なく、字幕や翻訳に頼らずに視覚的な物語を理解し、鑑賞することができます。これは、国際的なオーディエンスに向けたコンテンツ制作に有用です。

  2. ソーシャルメディアの互換性

    無音動画は、ユーザーが音声をミュートにしてコンテンツをスクロールすることが多いソーシャルメディアプラットフォームに特に適しています。視覚的なストーリーテリングに依存することで、無音動画は注意を引き、音声がオフの環境でもメッセージを効果的に伝えることができます。

  3. バックグラウンド再生

    視聴者が動画をバックグラウンドで再生している場合、無音動画なら音声がない場合でもコンテンツが理解できます。視覚情報が主要な情報伝達手段となるため、視聴者が音声にアクセスできない状況でもコンテンツを理解しやすくなります。

  4. エンゲージメントの向上

    音声がないため、無音動画では視聴者に集中力が求められます。この集中力の高まりにより、積極的な関与が促進され、視聴者が視覚的な詳細をより深く吸収できるようになります。これにより、情報の保持力が向上し、コンテンツとのつながりが強化されます。

  5. バイラル性の向上

    無音動画は、視覚情報を強調するため、感情や情報を視聴者により効果的に伝えることができます。その結果、シェアや拡散が促進され、バイラルなコンテンツになる可能性があります。

  6. アクセシビリティの向上

    聴覚障害のある視聴者にも、音声に依存せずにコンテンツを理解できるため、アクセシビリティの向上につながります。

  7. 多用途性

    無音動画は、製品ビデオのデモンストレーション、教育チュートリアル、ソーシャルメディアマーケティング、芸術的表現など、様々な目的に使用可能です。その適応性により、説得力のあるメッセージを伝えながら、様々なプラットフォームや視聴者に対応できます。

無音動画に最適なテーマ

無音動画は、特定の音声や音楽に頼らずに視覚情報を中心にコンテンツを伝えることが特徴です。以下は、無音動画に適したテーマの例です。

  1. 製品デモンストレーション

    製品の使い方や機能を視覚的に示すことに適しています。製品のデモンストレーションや使い方を、言葉を使わずに映像で説明することができます。

  2. チュートリアル

    チュートリアル動画(解説動画)は、視聴者を楽しませると同時に情報を提供することで、視聴者の注意を引きつけ、メッセージを吸収して反応する可能性を高め、ブランドの認知度や顧客維持率の向上につながります。

  3. ハウツーやDIY

    ハウツーやDIYの手順を視覚的に示すことに適しています。例えば、料理のレシピ、手作り工芸品の制作方法、インテリアデザインのアイデアなどが挙げられます。

  4. トラベルガイド

    観光地や旅行先の魅力を映像で伝えることに適しています。例えば、1日観光や1泊2日観光のお薦めコースのルートをグラフィカルに紹介したり、観光名所や地域の魅力を美しい映像で表現し、視聴者に情報を提供します。

  5. ストーリーテリング

    物語やストーリーを映像で表現することに適しています。例えば、会社沿革や創業物語、製品開発ストーリーを映像の演出や表現を通じて、感情やメッセージを視聴者に伝えます。

  6. アートやクリエイティブコンテンツ

    美術、デザイン、芸術的な作品など視覚的な情報を重視するクリエイティブなコンテンツが適しています。見せ方を工夫することで魅力が伝わりやすくなります。

  7. 教育的コンテンツ

    教育的なコンテンツやチュートリアルを言葉に頼らず、視覚的に示すことに適しています。例えば、数学や科学の実験、漢字の書き順、スポーツのルール解説、学習コースなどすべての教科に適しています。

無音動画を効果的に使用するための10の方法

動画マーケティングで無音動画を利用しやすくするには、コンテンツが魅力的且つ包括的であり、音声に依存せずにメッセージを効果的に伝えることができるようにする必要があります。動画マーケティングで無音動画を効果的に使用するための方法を紹介します。

  1. 明瞭な視覚的演出

    メッセージを効果的に伝えるには視覚的な明瞭さを優先します。可読性を高めるために、高品質のビジュアル、明確なタイポグラフィ、対照的な色を使用して、メインメッセージから注意をそらす可能性のある演出や気を散らす情報は避けてください。

  2. 最初の3秒で視聴者を魅了

    動画の冒頭すぐに興味を引く強力なビジュアルを映します。視聴者が音声ありか音声なしで視聴しているかに関係なく、最初の3 秒以内に動画がもたらすメリットを強調する明確な見出しを流し、視聴者の注意を引きつけて維持することが重要です。視聴者を魅了するためにメッセージをシンプル且つ簡潔にし、製品やサービスを効果的に宣伝するためにブランディングメッセージが明確であることを確認しましょう。

  3. 高品質なビジュアル

    視聴者の注意を引く時間が限られていますので、スマートフォンなどの小さな画面でも視聴できる高品質の動画が必要です。配色はビジュアルに重要な役割を果たします。視聴者との視覚的なつながりを確立するために、動画の配色やテキストの書体をブランドカラーと一致させます。視聴者が既に特定の印象をブランドに関連付けている場合、ロゴの色や商品の色を組み込むと、動画内でその印象を呼び起こすことができます。

  4. 視覚的なストーリーテリング

    音声がなくても簡単に理解できる、明確で一貫した視覚的な動画を作成します。ビジュアル、ジェスチャー、テキストを通じて重要なメッセージを効果的に伝える方法でシームレスな情報の流れで構成します。

  5. 視覚的ガイド

    矢印やハイライト、アニメーションなどの視覚要素を使用して、重要な詳細やアクションへの注意を引きます。視覚的ガイドを強調し、視聴者を誘導することで、エンゲージメントを維持し、複雑な概念や製品の詳細を視覚的に伝達します。

  6. 読みやすいテロップや字幕

    テロップや字幕を組み込む際に、読みやすいテキスト且つ適切なタイミングでビジュアルと同期するように制作することで、コンテキストを提供し、メッセージを強調することができます。最適なアクセシビリティのために、簡潔で読みやすいフォントを使用します。

    テロップは、情報をわかりやすく強調して伝える文字です。字幕は、映像内の話し(セリフ)をすべて文字に起こし、視覚化することで聴覚の補佐をする文字です。テロップと字幕の使い分けも重要です。

  7. キャプションと文字起こし

    聴覚障害のある視聴者やコンテンツを読みたい視聴者のために、画面上のテキストに加えてキャプションや文字起こしを提供してください。これらのオプションを使用することで、ユーザーは動画からのメッセージを完全に理解することができます。

  8. 音楽の選択

    音楽は動画コンテンツに感情や雰囲気を加える重要な要素ですが、無音で再生される動画でも適切なBGMを選択する必要があります。音を出して再生された際、動画の雰囲気を補完することができます。基本的には、音に頼らずメッセージを伝えられるように作成します。

  9. CTAの組み込み

    無音動画では、視覚的なCall-to-Action(CTA)を組み込むことが重要です。例えば、動画内に「クリックして詳細を見る」や「サイトを訪れる」、「今すぐ購入する」などのテキストやアイコンを挿入し、視聴者に行動を促します。

  10. プラットフォームの最適化

    無音動画を使用するソーシャルメディアプラットフォームに合わせて調整します。各プラットフォームには、アスペクト比や再生時間制限などの動画に関する仕様が異なるため、各仕様に応じて動画を最適化して、プラットフォームのレイアウト内にシームレスにフィットし、注目を集めるようにします。

この記事のまとめ

動画広告のパフォーマンス指標の殆どが再生回数を中心としていますが、視聴回数、視聴率 (VTR) と視聴完了率に言及されない重要な点として、動画がどのくらいの割合で音声をオフにして視聴されているかということがあります。スマートフォンでの視聴時は、マナーモードを解除せず無音の状態で動画広告を観ている場合が殆どではないでしょうか。

様々な要因が影響しているにしてもオンラインでミュートされた動画を視聴する傾向はかなり多く、この「サイレントマーケティング」には大きな利点があります。

デジタルマーケティングにおけるサイレントクリップの利点を裏付けるデータは数多く、音声がなくても説得力のあるストーリーテリングを通じて、より効果的で魅力的なコンテンツマーケティング戦略を実戦する必要があり、今後、無音動画が効果的なマーケティングツールとなります。

動画マーケティングについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:企業のための動画マーケティング8つの主要トレンド【2024】

下記の記事も読まれています

検索順位を上げる方法 質の高いコンテンツの提供

SEO・SEM

検索順位を上げる方法-質の高いコンテンツの提供とは?

SERP(検索エンジン結果ページ)で上位表示させるための8つのポイント

SERP

SERPで上位表示させるための8つのポイント

ホームページ制作費を徹底解説!制作コストに影響を与える重要な要素

WEBサイト制作

ホームページ制作費を徹底解説!制作コストに影響を与える重要な要素

KLEEにご相談ください。

KLEE WEB DESIGN TEAMまでお気軽にお問合せください。

フォームでのお問合せ

WEBサイト制作、WEBシステム開発、保守、
運用まですべてをお手伝いいたします。

お電話でのお問合せ

054-266-3663
日本全国どこでも対応いたします。

思い立ったら今すぐお問合せを!

お問合せはこちら
PAGE TOP