054-266-3663Contact Us

Tips

技術情報TECHNICAL INFORMATION

動画マーケティング

縦型動画を効果的に使用するための7つの方法

Updated : 2024.1.22

10分で読めます

ソーシャルメディアプラットフォームの台頭とモバイルデバイスの人気の高まりにより、動画コンテンツの消費方法は劇的に変化しました。その中でも縦型動画は、横型動画よりも、より没入型かつ効果的な方法で視聴者と関わるための強力なツールとして台頭しています。スマートフォンを縦にしたまま画面全体に表示できる縦型ビデオは、視聴者の注意を引き付け、より自然な視聴体験を提供できます。

この革新的なフォーマットは、視覚的に魅力的であるだけでなく、よりシームレスでユーザーフレンドリーなエクスペリエンスを提供し、より高いエンゲージメント率とより大きなコンバージョンにつながります。マーケティング戦略に縦型動画を導入することで、競合他社よりも目立つことができ、視聴者とより深いレベルでつながることができます。

この記事では、動画マーケティングにおける縦型動画を効率的に使用する方法を紹介いたします。

縦型動画

動画マーケティングにおける縦型動画の効果的な使用方法

縦型動画とは?

縦型動画(縦型ビデオ)とは、スマートフォンを縦にしたままフルスクリーンで再生できる、画面比率9:16のアスペクト比で撮影または制作された動画です。

スマートフォンやモバイルデバイスの普及に伴い、多くの人々がスマートフォンを縦に持ってコンテンツを視聴する傾向があり、縦型動画はモバイルでの表示に最適であり、シームレスなエクスペリエンスであるため、より一般的になり、モバイル世代にとって自然な形式となっています。

縦型動画の特徴

縦型動画は、特にスマートフォンやモバイルデバイスでの視聴を重視するユーザーに向けた動画マーケティング(ビデオマーケティング)にとって、重要なフォーマットとなっています。視聴者の行動パターンやプラットフォームのトレンドに合わせて縦型動画を活用することで、視聴者とのエンゲージメントを向上させることができます。

  1. モバイルフレンドリー

    ユーザーがスマートフォンで動画を視聴する際に、画面を縦にしたまま縦型動画を観ることは魅力的であり、気が散る要素がほとんどないため、自然な視聴体験を提供します。

    ターゲットユーザーの半数以上がモバイルユーザーであれば、すべてのコンテンツ作成者とマーケッターが、InstagramリールやTikTok、YouTubeショートなどのモバイルサービスに重点を置くことになります。

    WEBサイトがモバイルファーストであるように、動画コンテンツも増加し続けるモバイル視聴者に最適化するために、モバイルフレンドリーな縦型動画が必要です。ユーザーはスマートフォンであらゆることができるようになるにつれて、ユーザーとデスクトッププラットフォームとの関連性はますます薄れていくと思われます。

  2. ソーシャルメディアでの視認性が高い

    InstagramやTikTokなどのソーシャルメディアプラットフォームでは、縦型動画がよく利用されます。これらのプラットフォームでは、縦型の動画はより目立ち、視聴者の注意を引きやすくします。特にモバイルファーストな視聴環境において、視聴者とのエンゲージメントを向上させるための重要なコンテンツフォーマットです。

  3. ストーリーズやショートフォームコンテンツに最適

    ストーリーズ形式やショートフォームコンテンツ(短編動画コンテンツ)など、短いビデオコンテンツを提供するInstagramやTikTok、YouTubeショートなどのプラットフォームには縦型動画が適しています。ユーザーはスクロールしながら見ることができ、より迅速かつ効果的に動画を視聴することができます。

  4. 有意義なエンゲージメントを提供

    モバイルデバイスのカメラや位置情報を活用し、VRやARを活用した様々なデモンストレーションが可能です。スマートフォンならではの、タップ、スワイプまたはシェイクによりコンテンツを操作することで、仮想現実を探索したり、拡張現実で仮想世界を見ることができる没入感の高い広告など、スマートフォンのタテ型コンテンツはイノベーションの宝庫といえます。

    特定のコンテンツやストーリーテリングにおいて、縦型動画は新たな視点やアイデアを探求するためのクリエイティブな手段として利用できます。

縦型動画のメリット

デスクトップに変わりモバイルデバイスがコンテンツ消費の主な機器になることで、縦型動画は見た目の美しさ以上に大きな影響を与えるようになり、ユーザーエクスペリエンスが向上します。フルスクリーンでの動画は視聴者の注目を集め、夢中にさせ、より深いエンゲージメントとインタラクション率が促進されます。

  1. 自然な視聴エクスペリエンスの提供

    他の形式で撮影した動画をアップロードした場合は、その貴重なすべてのスペースを活用できなくなります。更に、選択したプラットフォームによっては、画面の上部と下部に画面を覆う部分が追加され、画面全体が使えなくなりますので注意が必要です。

    縦型フォーマットの場合、視聴者は動画全体を視聴する可能性が高く、エンゲージメント率が高く、より重要なコンバージョンにつながります。更に、縦型動画はより没入型で自然な視聴エクスペリエンスを提供し、競合他社よりもブランドを際立たせることができます。

  2. ユーザーフレンドリー

    モバイル デバイスの画面全体を占めるため、視聴者は動画を観るためにデバイスを回転したり、画面を調整したりする必要がありません。これにより、よりシームレスで楽しい視聴体験が実現し、ブランドロイヤルティと顧客満足度の向上につながります。

  3. 様々なプラットフォームで共有が可能

    縦型動画は、様々なソーシャルメディアプラットフォームで共有される可能性が高くなります。それにより縦型動画は横型動画と比較して、コンテンツがより幅広い視聴者に見られる可能性が高くなることから、ブランドのリーチと認知度が向上することに繋がります。

  4. マーケティング計画に組み込み易い

    縦型動画は多くのマーケティングプランに組み込むことが可能で、エンゲージメント、リーチ、コンバージョンを増やすことができます。Instagram、Snapchat、TikTok などのソーシャル メディアプラットフォームは、縦型ビデオの共有に最適です。各プラットフォーム専用のコンテンツを作成して、エンゲージメントとリーチを向上させます。

    ソーシャルメディアだけでなく、製品のデモンストレーションや顧客の成功事例、ブランドの舞台裏などの縦型動画をWEBサイトに組み込むことで、スマートフォンでの閲覧者に、より没入型で魅力的なエクスペリエンスを提供することができます。

    また、Eメールマーケティングのキャンペーンでも、縦型動画を使用することでクリックスルー率とエンゲージメントを高めることができます。

縦型動画に最適なテーマ

縦型動画は、スマートフォンやモバイルデバイスで縦方向に視聴されることに最適化した動画形式です。縦型動画を活用する際には、特定のテーマやコンテンツに適したものを選ぶことが重要です。

  1. ソーシャルメディアストーリーズ

    日常の出来事や舞台の裏側、スナップショット、短いイベントのハイライトのような一時的な瞬間を捉えた短編動画(ショートビデオ)など、InstagramやFacebookなどのストーリーズ機能に適しています。

  2. 製品プロモーション

    縦型動画は、ユーザーに製品やサービスなどの魅力を伝える動画にも適しています。特に、アプリのデモンストレーションや新商品の紹介などに有効です。

  3. 教育ハウツーコンテンツ

    ハウツーやチュートリアル、クイックティップスなど教育的な情報を提供する動画が適しています。特に、スマートフォンを使ったアプリや技術関連の情報がポピュラーです。

  4. インフルエンサーコンテンツ

    インフルエンサーコンテンツとは、インフルエンサーが自身のアカウントで共有するコンテンツです。ファッションや美容、フィットネス、料理など、インフルエンサーの日常や専門知識を伝える動画に適しています。

  5. イベントハイライト

    縦型動画はヨコ型動画より臨場感が伝わりやすいため、コンサート、フェスティバル、イベントのハイライトを縦型動画で共有することで、視聴者が直感的にイベントの雰囲気を体験できます。

縦型動画を効果的に使用するための7つの方法

効果を発揮するには、縦型動画コンテンツが魅力的で、有益で、視覚的に魅力的である必要があります。視聴者の共感を呼ぶ縦型動画を作成するためのヒントを紹介します。

  1. ストーリーテリングを活用

    縦型動画は、ストーリーテリングに適しています。物語を明確にし、視聴者の共感を呼ぶストーリーを伝えます。視聴者の関心を引くために、ブランドの舞台裏、顧客の成功事例、製品デモなどを短くても魅力的で興味深いストーリーを構築しましょう。

  2. 最初の数秒で引きつける

    視聴者の注意を引くために、最初の数秒で魅力的な要素を提示しましょう。動画全体の長さを短くし、関連性のある映像やテキストを使用するなど伝わりやすくして視聴者を引きつけます。特にスマートフォンなどのモバイルデバイスでは、注意力が持続する時間は短くなります。視聴者が動画全体を確実に視聴できるように、動画は 60 秒以内に収めてください。

  3. テキストや字幕の活用

    縦型動画では、スペースが狭くなるため、字幕やテキストを使用して重要なメッセージや情報を伝えることが重要です。また、多くの視聴者は音声をオフにして動画を視聴しているため、音声をオフにしている視聴者にも情報を伝えられるように字幕を含めることは不可欠です。

  4. 高品質なビジュアル

    縦型動画はスマートフォンの画面全体を占めるため、色彩豊かで視覚的に魅力的な目を引く高品質のビジュアルを使用することが不可欠です。アニメーションやグラフィックスなど、目を引くエレメントを活用しましょう。

  5. クリエイティブなアプローチ

    縦型動画は従来の横型動画とは異なる視聴体験を提供し、視聴者の目に留まりやすく、エンゲージメントを高めるために、新たなアイデアやビジュアルアプローチが必要です。例えば、縦型独自のカットやアングルの活用や、視聴者が動画内でタップしたり、スワイプしたりしてコンテンツに参加できるようなインタラクティブな要素を導入すると、視聴者とのエンゲージメントが向上します。

  6. 行動喚起

    「WEBサイトにアクセスする」や「ニュースレターに登録する」など、ビデオの最後に明確な行動喚起を組み込むことが重要です。

  7. プラットフォームの最適化

    縦型動画を使用するソーシャルメディアプラットフォームに合わせて動画を制作します。Instagram、TikTok、Facebookなど、それぞれのプラットフォームに最適化したコンテンツを作成しましょう。

この記事のまとめ

縦型動画は、特定のプラットフォームや視聴環境に適した形式であり、視聴者のスマートフォン利用に最適化されています。これらのテーマは、縦型動画の利点を最大限に活用して視聴者の関心を引きつけ、ユーザーに多くのメリットをもたらします。縦型動画のトレンドは今後も長く続くと予想されます。

効果を発揮するには、縦型動画コンテンツが魅力的で、有益で、視覚的に魅力的である必要があります。ベストプラクティスに従い、適切なツールとリソースを使用することで、視聴者の共感を呼び、コンバージョンを促進する高品質の縦型動画を作成できます。

既に確立されたブランドであっても、ビジネスを始めたばかりであっても、戦略に縦型動画を組み込み、動画マーケティングの取り組みを強化し、マーケティング戦略を次のレベルに引き上げましょう。

動画マーケティングについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事:企業のための動画マーケティング8つの主要トレンド【2024】

下記の記事も読まれています

SERP(検索エンジン結果ページ)とは?

SERP

SERP(検索エンジン結果ページ)とは?

検索順位を上げる方法 モバイル最適化

SEO・MEO・Google Map SEO

検索順位を上げる方法-モバイル最適化とは?

検索順位を上げる方法 権威性と信頼性の構築

SEO・MEO・Google Map SEO

検索順位を上げる方法-権威性と信頼性の構築とは?

KLEEにご相談ください。

KLEE WEB DESIGN TEAMまでお気軽にお問合せください。

フォームでのお問合せ

WEBサイト制作、WEBシステム開発、保守、
運用まですべてをお手伝いいたします。

お電話でのお問合せ

054-266-3663
日本全国どこでも対応いたします。

思い立ったら今すぐお問合せを!

お問合せはこちら
PAGE TOP