Tips

技術情報TECHNICAL INFORMATION

SEO・SEM

WordPress WEBサイトSEO監査の実施方法

Updated : 2023.6.15

11分で読めます

WEBサイトからの集客に力を入れている方なら、SEO(検索エンジン最適化)の重要性を認識していると思います。SEOとは、Googleなど主要な検索エンジンで可能な限りランキングを上げ、最高の可視性を得るために、WEBサイトとそのコンテンツを構造化し、整理することです。

WEBサイトのパフォーマンスが良好で、検索エンジンの結果ページ(SERP)で適切にランキングされているかどうかを確認するために、SEO監査を実施します。定期的なSEO監査の実施は、堅実なSEO戦略を成功させるための重要な要素です。SEOパフォーマンスに影響を与える要因を評価し、修正することで、WEBサイトが最高の状態で動作し続けます。SEO監査を行っていない場合は、早急に行いましょう。

この記事では、WordPress WEBサイトのSEO監査プロセス全体がどのようなものであるか、実施方法について説明します。

WordPress WEBサイトSEO監査の実施方法

WordPress WEBサイトのSEO監査が重要な理由

SEO監査は、WEBサイトの最適化が、ランキング、トラフィックおよびコンバージョンにプラスの影響を与えたかどうか、パフォーマンスとランキングにどのように影響しているかを判断する包括的なタスクです。簡単に言えば、WEBサイトの調査のようなものです。SEO 監査を実施すると、SEO戦略を見直す必要があるかどうかを判断するのに役立ちます。

WEBサイトのパフォーマンスを深く掘り下げると、現在何が機能していて、何が機能していないかが明確になり、戦略を微調整するために必要な答えが得られます。 同様に競合他社の分析もSEO監査の重要な要素で、これにより競合他社のWEBサイトで最良の結果をもたらしている要素のいくつかを今後のSEO戦略に組み込むことができます。SEOに関連する問題に対処できるようになると、時間の経過とともにサイトへのトラフィックが増加し、その過程でより多くの顧客を獲得できる可能性が高くなります。

定期的なWordPress WEBサイトのSEO監査を実施することは、検索エンジンのマーケティング活動の成功に重要な役割を果たし、成功したSEO監査は、SEOの取り組みの進捗状況と効果を測定するために使用でき、改善すべき要素を特定し、検索エンジンでの可視性を高め、最終的により多くのトラフィックとコンバージョンを生成するのに役立ちます。

SEO監査とは

SEO監査とは、Googleやその他の検索エンジンでのWEBサイトのパフォーマンスをチェックし、WEBサイトが最適なレベルで機能していることを確認するための監査で、キーワード ランキング、ページスピード、オーガニック トラフィック、モバイルユーザビリティ、バックリンク、コンテンツ分析などのチェックと測定を行い、WEBサイトのパフォーマンスを低下させている要因を修正する方法も特定します。

SEOには大きく分けて、オンページSEOとオフサイトSEOがあります。オンページSEOとオフページSEOの最も大きな違いは、Googleやその他の検索エンジンが、オンページSEOによってページの関連性を測定し、オフページSEOによってページの信頼性を測定することです。

WordPress SEO監査の実施方法

オンページSEOのチェック

オンページSEO監査は、SERP(検索エンジンによる検索結果)ランキングに影響を与えるWEBサイトのコンテンツの最適化に焦点を当てています。 正しいオンページ最適化がなければ、WEBサイトがGoogleなどの検索エンジンで上位にランクされる可能性はほぼ完全に低下します。HTMLタグ、コンテンツおよびパフォーマンスを変更または編集してWEBサイトおよびWEBページの最適化を実施します。

  • WEBサイトアーキテクチャのチェック

    ランキングに大きく影響するSEOの技術的側面は、検索エンジンがWEBサイトをどれだけ上手くクロールしてインデックスに登録できるかに影響します。その大部分は内部リンクです。SEOに適した URL と一貫したパーマリンク構造があることを確認し、内部リンクと外部リンクの両方を監視することが、適切に構造化されたアーキテクチャを持つWEBサイトになるよう、チェックする方法の1つです。

    新しいコンテンツを作成するときは、その新しいコンテンツ内でサイトの他のページにリンクする必要があります。 内部リンクにより、検索エンジンのクローラー (およびユーザー) がWEBサイト上のページを見つけやすくなり、SEOが向上します。

  • キーワードのチェック

    多くの検索エンジン利用者が、SERPで、どのWEBサイトをクリックするかを決める際に最初に目にするのは、ページのタイトルタグです。さらに、検索エンジンはタイトルタグを使用して、ページの内容を理解しますので、タイトルタグは、人間と検索エンジンクローラーの両方に対して最適化する必要があります。タイトルの長さは50~70文字にする必要があり、可能な限り短くし、ユーザーが結果をクリックしたくなるようなわかりやすく、常にターゲットキーワードを追加し、冒頭に近いところで使用するようにします。

    メタタグは、Googleやその他の検索エンジンでコンテンツやWEBページを簡単に紹介する役割を果たします。適切に記述されたメタディスクリプションは、ユーザーにSERPの結果をクリックするように促します。その結果、これらのタグはクリック率(CTR)に影響を与えます。オーガニックCTRが高いということは、ユーザーはあなたのコンテンツが検索クエリに最も適していると考えているため、結果をクリックすることを意味し、CTR増加にプラスの影響を与えます。 常にターゲットキーワードをメタディスクリプションに追加して、タイトルタグと同様に、ターゲットキーワードを可能な限り先頭に近づけて使用してください。メタディスクリプションは160文字未満にして、異なるページで同じメタディスクリプションを使用しないようにします。

  • サイトマップのチェック

    検索エンジンのクローラーがサイト上のページを見つける方法として、HTMLとXMLの2つのサイトマップが必要です。 HTMLサイトマップは、ユーザーとクローラーの両方が、ページを見つけるため必要で、XMLサイトマップは、検索エンジン用で、検索エンジンがクロールする新しいページを見つけるのに非常に役立ちます。XMLサイトマップをGoogle Search Consoleに送信してクロールできるようにします。

  • 画像のチェック

    画像の重要なSEO要素は、ファイル名とALTタグ、そして画像フォーマットです。ファイル名とALTタグは、キーワードを含む必要があります。画像フォーマットは、JPEG・GIF・PNGではなく、「次世代フォーマット」と呼ばれるJPEG XR、JPEG 2000、WebPの3つの形式の画像を使用します。

オフページSEOのチェック

SEOは複数の特性で構成されていますが、重要なものの1つがオフページSEOで、バックリンクなどの検索エンジンで上位に表示されるために不可欠です。 ソーシャルメディアマーケティングやインフルエンサーマーケティングなどを通じてリンクと評価を生成するため、WEBサイトの信頼性とランクが上がります。SERPでのランキングを向上させる最適化については、WEBサイトの外で行われるため、オフページSEOは制御できません。

  • バックリンクのチェック

    SEOにとって、バックリンクとオーガニックリーチはとても重要です。オフページSEOの最も一般的な手法は、WEBページへの自然なリンクを生成することを目的としたバックリンクです。評判の良い他社のWEBサイトに、自社のWEBページをリンクしてもらうには、時間と一貫性、信頼と関心を構築する高品質のコンテンツが必要です。

    SEO監査の過程で好ましくないバックリンクを見つけた場合はリンクを否認するツールを使い、リンク削除やnofollowと同等の扱いにし、対象リンクを非承認とすることができます。

テクニカルSEOのチェック

テクニカルSEOは、ページ速度や内部リンクまたはユーザビリティの改善など、クローラー対策とインデックス対策のバックエンドの最適化です。検索エンジンのクローラーとユーザーがWEBサイトをより良く使用しやすく、理解し易くすることで、オーガニック検索結果のランキングを上げることができます。

  • ページ速度の最適化

    Google PageSpeed Insightsを使用して、ページの速度を確認します。速度が遅いと、直帰率が上昇し、検索エンジンの検索結果でランキングが低下します。WEBサイトの読み込みに時間が掛かりすぎる場合は、読み込み速度の最適化が必要で、すばやく読み込み、様々なデバイスで適切に表示されるWEBページにすることが重要です。

    WordPress サイトを高速化するいくつかの方法として、画像が素早く読み込まれるように画像の最適化を行い、プラグインを使用してブラウザのキャッシュを有効にしたり、現在のホスティング サービスからアップグレードしたり、より高速なホストに移動する方法があります。モバイル デバイスとデスクトップPCでのページの読み込み速度を調べ、問題を修正します。

  • セキュリティのチェック

    安全なWEBサイトは、信頼できるWEBサイトということをユーザーに送信します。セキュリティは、検索結果のランキングに貢献し、SERPで上位表示に役立ちます。Googleはランキング要素としてSSL、HTTPSを使用しています。HTTPSは顧客データを保護し、ビジネスがブランドを保護するのに役立ちます。

  • モバイルフレンドリーテスト

    Googleは、モバイルユーザーの観点からサイトをクロールしてインデックスに登録します。すべてのWEBサイトは、SEOのためにモバイルフレンドリーにデザインする必要があります。Googleモバイルフレンドリーテストツールを使用してモバイルフレンドリーかをチェックすることが可能です。

    モバイル対応のWEBサイトがない場合は、費用対効果の高いレスポンシブWEBデザインにすることにより、 デスクトップからタブレット、スマートフォンまで、あらゆるデバイスに対応することが可能になります。

WEBサイトを最初に立ち上げたとき、すべてが最高の状態だったかもしれません。しかし、Googleなどの検索エンジンのSEOの基準は変化しますので、時間の経過とともにパフォーマンスが変動すると同時に、上位だった自社の投稿を上回る、新しいコンテンツが常に公開されています。したがって、定期的にSEO監査を実施することがとても重要になっています。

「優先すべき4つのWEBサイトメンテナンスとは?」を詳しく見る

「WEBサイトのメンテナンスチェックリスト」を詳しく見る

「WordPress WEBサイトのメンテナンスチェックリスト」を詳しく見る

CMS保守に関する情報はこちら お問合せ、お見積もりはこちら

下記の記事も読まれています

検索順位を上げる方法 内部リンクの最適化

SEO・SEM

検索順位を上げる方法-内部リンクの最適化とは?

検索順位を上げる方法 ソーシャルシグナルの活用

SEO・SEM

検索順位を上げる方法-ソーシャルシグナルの活用とは?

WordPress WEBサイトのメンテナンスチェックリスト

メンテナンス

WordPress WEBサイトのメンテナンスチェックリスト

KLEEにご相談ください。

KLEE WEB DESIGN TEAMまでお気軽にお問合せください。

フォームでのお問合せ

WEBサイト制作、WEBシステム開発、保守、
運用まですべてをお手伝いいたします。

お電話でのお問合せ

054-266-3663
日本全国どこでも対応いたします。

思い立ったら今すぐお問合せを!

お問合せはこちら
PAGE TOP