054-266-3663Contact Us

Tips

技術情報TECHNICAL INFORMATION

SEO・MEO・Google Map SEO

検索順位を上げる方法-キーワードの選定と最適化とは?

Updated : 2023.9.14

11分で読めます

キーワードの選定と最適化とは、WEBサイトやコンテンツを検索エンジンのランキングで上位に表示させるために、適切なキーワード(検索クエリ)を選び、それらのキーワードをコンテンツ内で適切に配置・最適化するプロセスを指します。これにより、ユーザーが特定の検索クエリで検索した際に、あなたのWEBサイトやコンテンツが上位に表示される可能性が高まります。

キーワードの選定と最適化は、正しく行われた場合にのみ多くのメリットをもたらします。キーワードを効果的に使用しなければ、コンテンツと検索エンジンの最適化戦略は完成しません。

コンテンツマーケティング、WEBサイト、その他のマーケティングキャンペーンを成功させるには、現在の検索環境とキーワードの仕組みを理解することが不可欠です。

この記事では、検索順位を上げるキーワードの選定と最適化の方法について説明します。

検索順位を上げる方法 キーワードの選定と最適化

キーワードの選定と最適化の方法

キーワードとは、ユーザーが興味のあることを検索するために使用する単語やフレーズです。

キーワードには主に、ヘッドキーワード、ボディキーワード、ロングテールキーワードの3種類があります。

ヘッドキーワードには、1~2語しかキーワードが含まれていませんが、検索ボリュームが多く、最も競争力のあるキーワードです。

一方、ボディキーワードは、2~3つの単語で構成されます。

ロングテールキーワードは、4つ以上の単語で構成されます。これらは検索ボリュームが少ないため、最も競争力の低いキーワードですが、WEBトラフィックの大部分はロングテールキーワードから来ており、ロングテールキーワードは検索エンジン最適化戦略の重要な要素となります。

検索順位を上げる方法 キーワードの選定と最適化 7項目
株式会社KLEEによるこの図は、キーワードの選定と最適化に関する7項目を示しています。

1. キーワードリサーチ

関連するテーマや業界やサービスにおけるユーザーの検索傾向を分析し、どのキーワードが人気があるかを調査します。キーワードリサーチツールを使用して、関連するキーワードやその検索ボリューム、競合状況などを把握します。主要なキーワードのみで検索するユーザーもいれば、より長く幅広いフレーズを使用して、検索を徐々に絞り込むユーザーもいます。

全体として、マーケティング活動に組み込むために、優先度が高く関連性の高いキーワードを多数収集して、潜在的なキーワードリストを作成することが、Googleなどの検索エンジンから最良の結果を得る鍵となります。このキーワードリストには、実際に利益が得られるキーワードのみに絞りこむ必要があるため、リスト作成には多くの時間を費やし、十分なブレインストーミングを行う必要があります。

2. ロングテールキーワードの活用

一般的なキーワードだけでなく、より具体的なフレーズや長いキーワードも含めることで、特定のニーズやクエリに対応することができます。これにより、競争が激しい一般的なキーワードよりも上位に表示される可能性が高まります。

競合性が高すぎるキーワードの使用を控え、初期段階では競争力の低いキーワードをターゲットにすることが賢明です。

3. コンテンツの最適化

コンテンツの最適化は SEOにとって重要です。関連性のある魅力的なコンテンツを作成しても、各コンテンツが適切に最適化されていない場合、 SERPで上位にランクされるには十分ではありません。

選定したキーワードを適切な密度でコンテンツ内に配置し、コンテンツを最適化すると、上位にランクされ、大量のオーガニック トラフィックを受け取る可能性が最大限に高まります。 キーワードスタッフィング(過剰なキーワードの使用)を避け、キーワードを自然に組み込み、読み手にとって有益な情報を提供することを重視します。

特定のキーワードをターゲットにしていない場合は、コンテンツの最適化によってページが大幅に改善されます。いくつかのターゲットキーワードに集中すると、ページのランキングでのパフォーマンスが向上します。

4. タイトルとメタデータの最適化

タイトルとメタデータは、WEBサイトやWEBページの内容をユーザーや検索エンジンに伝える重要な情報です。タイトルとメタデータがサイトの意図したテーマと一致していれば、検索結果で上位にランクされる可能性が高まり、適格なトラフィックを引き付ける可能性が高まります。

ページのタイトル、メタディスクリプション、ヘッダータグなどにも選定したキーワードを組み込むことで、検索エンジンがコンテンツの内容を理解しやすくなります。

5. 画像と動画の最適化

画像、動画、オーディオ、その他のリッチメディアなどの非テキスト要素は、ユーザーの興味を引き付け、維持するのに役立ちます。また、WEBページの品質も向上します。

画像や動画にも適切なキーワードを関連付けることで、多様なコンテンツ形式からトラフィックを獲得できます。画像のALT属性や動画の説明文などを最適化します。

画像は、写真だけで無く、 図、アートワーク、イラスト、チャート、グラフ、ロゴ、スクリーンショットなどユーザーの関心を引くあらゆる視覚的なリッチメディア要素を使用しましょう。

動画は、動画のファイル名、説明、キーワードタグにキーワードを配置します。関連するキーワードを使用して、埋め込まれた動画の内容を説明するテキストを最適化します。動画の内容を説明して、ユーザーが何を期待できるかを理解し、検索エンジンが動画の内容を理解できるようにします。

6. 内部リンク構造の最適化

内部リンクは、同じドメイン上のページを指すハイパーリンクです。WEBサイト内の異なるページ間でキーワードを含むリンクを張り、コンテンツの関連性を示します。但し、自然なリンク構造を保つことが大切です。

内部リンクは、GoogleがWEBサイト上のすべてのページを検索、インデックス付け、理解するのに役立ちます。戦略的に使用すると、内部リンクはページ権限(PageRank)を重要なページに送信できるため、Googleでより高いランキングを目指すサイトにとって、内部リンクは鍵となります。

内部リンクを増やすことに気を取られ、2つの異なるページに同じアンカーテキストを使用するなどの間違いでGoogle を混乱させないよう、定期的にGoogle Search Consoleを使用して内部リンクを監査しましょう。

7. ユーザーエクスペリエンスの向上

検索エンジン結果ページ(SERP)でWEBサイトがどのようにランク付けされるかを決定する基本的な要素は、ユーザーが特定のキーワードを検索すると、関連するサイトがリストに表示されることです。

使いやすく、優れたユーザーエクスペリエンスを提供するために、コンテンツとそのコンテンツに最適化されるキーワードは、ユーザーを念頭において作成することが重要です。

この記事のまとめ

現在、コンテンツにキーワードを詰め込み、WEBサイトを人為的に検索エンジンの上位に押し上げることは出来ません。

Google SERPの最初のページにランクインするのは簡単ではありませんが、不可能ではありません。 先ず第1に、新しいWEBサイトの場合は、検索エンジンの最適化とコンテンツマーケティングを真剣に考える必要があります。 次に、徹底的なキーワード調査を実施して競合分析を行い、実行可能なコンテンツマーケティング戦略を考え、それらを最後までやり遂げるために時間とエネルギーを費やすことで、ランキングやトラフィック、売上、利益の増加が見込まれます。

WEBサイト全体がキーワードでランク付けされるのではなく、ページが ランク付けされることに注意することが重要です。殆どの WEBサイトでは、トップページ以外の下層ページへのオーガニックトラフィックが多くなっています。そのため、独自に価値のあるキーワードに合わせて各ページを最適化して、WEBサイトのページを多様化することがとても重要です。

「検索エンジンのランキングを向上させる15の方法」を詳しく見る

「SERPで上位表示させるための8つのポイント」を詳しく見る

「WordPress WEBサイトSEO監査の実施方法」を詳しく見る

SEO・SEMに関する情報はこちら お問合せ、お見積もりはこちら

下記の記事も読まれています

MEO対策 GoogleマップSEOで上位表示させる15の方法を解説!

SEO・MEO・Google Map SEO

MEO対策 GoogleマップSEOで上位表示させる15の方法を解説!

検索順位を上げる方法 ローカルSEOの最適化

SEO・MEO・Google Map SEO

検索順位を上げる方法-ローカルSEOの最適化とは?

企業のための動画マーケティング8つの主要トレンド【2024】

動画マーケティング

企業のための動画マーケティング8つの主要トレンド【2024】

KLEEにご相談ください。

KLEE WEB DESIGN TEAMまでお気軽にお問合せください。

フォームでのお問合せ

WEBサイト制作、WEBシステム開発、保守、
運用まですべてをお手伝いいたします。

お電話でのお問合せ

054-266-3663
日本全国どこでも対応いたします。

思い立ったら今すぐお問合せを!

お問合せはこちら
PAGE TOP